なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

スパイの技術を出世に応用する②

 

 スパイの世界には産業スパイという分野があり、企業の情報を盗み出すという工作は幅広く行われている。日本はこの分野に疎いといわれており、そのせいで日本の半導体技術がかなり流出したといわれている。

恐るべきハニートラップとは?
 競合企業などから秘密を盗み出すためのテクニックとしてよく使われるのがハニートラップというものである。

 これは簡単に言ってしまうと色恋を使って協力者に仕立て上げる、もしくはそれをネタにゆすって情報を盗み出す作戦のことである。日本の技術流出もこのハニートラップが多用されたといわれている。

 この話を聞くと多くの人は「本当?」と思うだろう。いくらなんでも美男もしくは美女が近づいてきたからといって簡単にそういう関係になるだろうか?また簡単に相手を信用して秘密を漏らすものだろうか?

 それはその通りで、ハニートラップはそうそう簡単に成功するようなものではない。だが入念に準備し忍耐を重ねれば大きな成果を出すことができる。ハニートラップを仕掛ける一連のプロセスは、実はビジネスマンが学ぶべき点が非常に多いのだ。

 ハニートラップをしかけるための第一歩は、色恋とは関係ないところからスタートする。映画では偶然の出会いを装うようになっているかもしれないが、現実だとそれではいかにも怪しい。

 産業スパイの接触は、講演や原稿執筆の依頼などの形式を取ることが多いといわれている。相手が論文など何らかの対外的なアウトプットを持っている場合には「あなたの論文を拝見しました」という形で正面から入っていく。

 相手に警戒されないよう、一定の期間を置いてコンタクトを取り続け、講演依頼や原稿依頼の実績が増えてきたところで、ようやく食事など次のステップに入っていくという。

近しい関係になってからはさらに慎重に
 食事の後は・・・などと考えるのは安直だ。その後も一定の距離を置いた関係を続け、徐々に研修会や勉強会へ講師で招いたりという直接的な接触を増やしていく。

 研修会や勉強会に講師として招けば、謝礼を渡してもおかしくない。頻度を徐々に上げることで、手渡すお金の金額も増やしていく。

 場合によっては1年から2年の時間をかけ、ある程度信頼関係が出来たところでようやくハニートラップがスタートする。多くの場合、ハニートラップはキャリアや仕事に関する相談から入るといわれている。仕事の悩みを聞くうちにというヤツである。

 スパイの忍耐はハンパない。まだこの段階になっても機密情報が欲しいとは言わないのだ。そういう関係になってからさらに時間をかけ、今度は逆に仕事の悩みを打ち明けられる状態まで持っていくのである。会社に対する不満などをベットで口にするようになると、何もいわなくても重要情報を持ってきてくれるようになるという。

 なんとも気の長い話である。

人脈構築は時間と忍耐が必要
 だがこの手法は長期的な視野に立った営業活動や、社内の味方作り、社外の人脈作りにおいて非常に参考になる。

 相手がプライドを持っている分野でオープンになっているところから相手との関係構築を開始する。重要な話をするまでには時間をかけ、少しずつ関係を深めていって相手の抵抗感をゆっくりと薄めていく。

 要求はできるだけこちらか示さず、相手が自然にそうなるの待つ。忍耐強く時間をかけて関係を構築すれば、その後はかなり大胆な話もできるようになっているというわけだ。


 ハニートラップの最大の弱点は関係が壊れてしまった時に極めて大きな影響が出るという点である。

 これはビジネスの世界でも同じことがいえる。顧客との関係であれ、社内のグループであれ、あまりにも関係が濃くなりすぎると、何らかの原因でそれが壊れたときにはその反動は大きなものになる。

 その意味で、濃い関係に持ち込んで自分に有利にものごとを進めるというやり方はあまり積極的には用いない方がよい。やり方を部分的に応用する程度がよいと思われる。何事にも行き過ぎは禁物である。

【参考記事】
出世する人は異性の扱いが上手
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

jikan9771
出世できる人は時間の「作り方」が上手い

 出世を意識するのなら、目の前の仕事で着実に成果を上げるのはもちろんのことだが、 …

GD172_L001
社長公募が失敗するワケ

 世の中には社長を公募するという会社がある。多くの場合、オーナー社長であり、後継 …

shuudan
出世できない人が乱発する言葉「そんなつもりはありませんでした」

 出世できない人は、何かの失敗をすると、必ず「そんなつもりはありませんでした」と …

baransusito6541
自分のバランスシートを理解することは出世の早道

 単純に仕事ができたり、コミュニケーション能力があるだけでは、それを確実に出世に …

PHM11_0563
「見積もり下手」は出世で大きく損をする

 実際にどの程度仕事ができるかは別にして、仕事ができると思われやすい人と、そうで …

ekkenkoui3217
出世できる人は、よい意味で越権行為が上手

 組織で仕事をする上では、自分の職責の範囲を出ないことは極めて重要なことである。 …

a0002_001261
出世する人の目標設定は具体的

 仕事がうまくいく人は目標を立てるのが上手いといわれる。確かにその通りである。漫 …

purezen
大きな仕事が取れる人と取れない人

 出世の多くが社内政治に左右されているが、そうはいっても、一定以上の成果を上げて …

ED118_L
日本語を理解できる人は意外と少ない

 日本語を話す日本人なのに日本語を理解できないとは変な話だが、表題に書いてあるこ …

maemuki0003
苦労を楽しむなどと考えてはいけない

 ビジネスマンとして成長するためには、「苦労を楽しむ」といった前向きな気持ちが重 …