なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

スパイの技術を出世に応用する②

 

 スパイの世界には産業スパイという分野があり、企業の情報を盗み出すという工作は幅広く行われている。日本はこの分野に疎いといわれており、そのせいで日本の半導体技術がかなり流出したといわれている。

恐るべきハニートラップとは?
 競合企業などから秘密を盗み出すためのテクニックとしてよく使われるのがハニートラップというものである。

 これは簡単に言ってしまうと色恋を使って協力者に仕立て上げる、もしくはそれをネタにゆすって情報を盗み出す作戦のことである。日本の技術流出もこのハニートラップが多用されたといわれている。

 この話を聞くと多くの人は「本当?」と思うだろう。いくらなんでも美男もしくは美女が近づいてきたからといって簡単にそういう関係になるだろうか?また簡単に相手を信用して秘密を漏らすものだろうか?

 それはその通りで、ハニートラップはそうそう簡単に成功するようなものではない。だが入念に準備し忍耐を重ねれば大きな成果を出すことができる。ハニートラップを仕掛ける一連のプロセスは、実はビジネスマンが学ぶべき点が非常に多いのだ。

 ハニートラップをしかけるための第一歩は、色恋とは関係ないところからスタートする。映画では偶然の出会いを装うようになっているかもしれないが、現実だとそれではいかにも怪しい。

 産業スパイの接触は、講演や原稿執筆の依頼などの形式を取ることが多いといわれている。相手が論文など何らかの対外的なアウトプットを持っている場合には「あなたの論文を拝見しました」という形で正面から入っていく。

 相手に警戒されないよう、一定の期間を置いてコンタクトを取り続け、講演依頼や原稿依頼の実績が増えてきたところで、ようやく食事など次のステップに入っていくという。

近しい関係になってからはさらに慎重に
 食事の後は・・・などと考えるのは安直だ。その後も一定の距離を置いた関係を続け、徐々に研修会や勉強会へ講師で招いたりという直接的な接触を増やしていく。

 研修会や勉強会に講師として招けば、謝礼を渡してもおかしくない。頻度を徐々に上げることで、手渡すお金の金額も増やしていく。

 場合によっては1年から2年の時間をかけ、ある程度信頼関係が出来たところでようやくハニートラップがスタートする。多くの場合、ハニートラップはキャリアや仕事に関する相談から入るといわれている。仕事の悩みを聞くうちにというヤツである。

 スパイの忍耐はハンパない。まだこの段階になっても機密情報が欲しいとは言わないのだ。そういう関係になってからさらに時間をかけ、今度は逆に仕事の悩みを打ち明けられる状態まで持っていくのである。会社に対する不満などをベットで口にするようになると、何もいわなくても重要情報を持ってきてくれるようになるという。

 なんとも気の長い話である。

人脈構築は時間と忍耐が必要
 だがこの手法は長期的な視野に立った営業活動や、社内の味方作り、社外の人脈作りにおいて非常に参考になる。

 相手がプライドを持っている分野でオープンになっているところから相手との関係構築を開始する。重要な話をするまでには時間をかけ、少しずつ関係を深めていって相手の抵抗感をゆっくりと薄めていく。

 要求はできるだけこちらか示さず、相手が自然にそうなるの待つ。忍耐強く時間をかけて関係を構築すれば、その後はかなり大胆な話もできるようになっているというわけだ。


 ハニートラップの最大の弱点は関係が壊れてしまった時に極めて大きな影響が出るという点である。

 これはビジネスの世界でも同じことがいえる。顧客との関係であれ、社内のグループであれ、あまりにも関係が濃くなりすぎると、何らかの原因でそれが壊れたときにはその反動は大きなものになる。

 その意味で、濃い関係に持ち込んで自分に有利にものごとを進めるというやり方はあまり積極的には用いない方がよい。やり方を部分的に応用する程度がよいと思われる。何事にも行き過ぎは禁物である。

【参考記事】
出世する人は異性の扱いが上手
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0008_001789
出世したいなら話は自己完結させよ

 出世できる人の話や資料には明確な特徴がある。話や資料の中でストーリーが完全に自 …

jousitegara
出世できる人は上司に手柄を独り占めさせる

 上司が自分の手柄を独り占めするという不満は多い。確かにあまり面白いことではない …

taifushussha1367
台風での出社をめぐる是非。根底にある話はなぜか皆、無視している

 台風10号の通過によって、多くの地域で交通網が混乱する結果となった。毎度のこと …

Image2
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その1)

 オヤジ向けのビジネス誌には出世のための情報が満載だ。ネットで無料で読めるものも …

a0001_008437
成果を評価するのかプロセスを評価するのか?

 自分は努力しているのにまったく評価されないと不満に思うビジネスマンは多い。これ …

FE086_L
仕事がやりやすい人は出世する

 出世において周囲の人の評価は結構大事だ。管理職への登用などにあたっては、直属の …

ET060_L
敵を3人作ったら終わり

 本コラムでは、日本の企業社会は前近代的なムラ社会であるという表現をよく用いてい …

menomae3211
ライバルは目の前にいない可能性が高い

 会社の中には、自分のライバルになる社員がいる。だが今、目の前にいて、成果を競っ …

FE117_L
総合力は評価されにくい

 「○×すべき」というべき論が出てきた時は要注意だ。学歴にとらわれず採用すべきだ …

PHM11_0259
出世する人は怒られたこと自体は気にしない

 怒られるのはいい気分ではない。人によっては怒られてしまうと全否定されたような感 …