なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

なぜあなたのアイデアは採用されないのか?

 

 これまで何回もアイデアを出したのに上司にダメ出しをされ、ほとんど通らない。こうした経験をもつビジネスマンは多いだろう。だが会社や上司は新しい、独創的なアイデアを出せと命じてくる。
 矛盾しているが、これが現実だ。こうした社風の中で、新しいアイデアを具現化していくためにはどうしたらよいのだろうか?

よほど変化のある業界でなければ、経営課題などそうそう変わらない
 これは身も蓋もない結論かもしれないが、まったく新しいアイデアは出さないこと。これに尽きるといってよい。ビジネスマンのキャリア論で有名な東レ経営研究所顧問の佐々木常夫氏の体験はすべてをあらわしているといってよい。

teian2001 経営企画部門に配属なった佐々木氏がまず最初にしたことは、資料室にこもりきりになり、過去の経営改革の資料を読みあさることだったという。
 日本企業の多くは、ビジネスモデルがほとんど変化しない。これが現在の日本企業の弱点にもなっているが、変化のスピードが遅いことは厳然たる事実である。

 ということになると、会社の事業環境は5年前、10年前と大して変わらないということになる。
 以前、どのような経営改革プランがあったのかを一通り見れば、どういった内容のものがプランとしてふさわしいのかすぐに分かるという理屈である。佐々木氏はその通り、過去のプランを参考に企画案を練って次々通していったという。

 米国のように株主から信任を受けた経営トップであれば、事業モデルを180度転換するという決断もトップダウンで行える。だが日本の会社はそうなっていない。しかも中間管理職に対して提案する社員ということになると、既存の事業に影響を与えるプランは基本的に通すことができないようになっているのだ。

確実にプランを通すためには
 このような状況を冷静に分析すれば、どういった提案が望ましいかはおのずと見えてくる。まず重要なことは、既存の事業モデルに大きな影響を与えないことである。新しいプランを実行することで、損をする部署や人が出てくるものは、ほぼ100%反対意見が出る。普通の上司ならそれを予想してそのプランを許可しない。

teian2002 次に重要なのは、自分の実績の延長線上で提案を出すということである。変化を望まない保守的な雰囲気の会社では、アイデアそのものが検証されることはほとんどない。誰がそのアイデアを出したのかということが非常に重要視される。

 営業でダントツのトップとなっている人が、営業方法の改善を提案すれば、その内容がたとえ陳腐なものであっても、聞く耳を持ってもらえる可能性が高い。一方、その分野であまり実績を上げていない人が、画期的な提案しても、おそらく誰も耳を貸さないだろう。
 そもそも、分野に関係なく斬新なアイデアを評価し、それを積極的に具現化できるだけの力があれば、皆、こうした職場では働いていないはずだ。

 新しいアイデアを提案する時には、上記の2つのルールを守ることが重要だ。さらに提案するタイミングも大きな要素となる。これらをうまく組み合わせることができれば、あなたの提案が通る確率はずっと高くなる。

【参考記事】
出世にリーダーシップはいらない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

bokuboku
知ったかぶりも使い方次第では・・・

 知ったかぶりは、もっともやってはいけないことの一つと言われている。実際に知識の …

kankeisei
出世できる人は、うるさい相手ではなく、必要な相手に時間を割く

 社内や顧客の中には面倒でうるさい人がいる。こうした人はたいていの場合、深く付き …

kanpai001
飲みニケーションは必要か?

 最近ではだいぶ少なくなったが、それでも会社での飲み会はそれなりの頻度で存在する …

bunseki9731
自身の強みと弱みの把握は出世に役立つか?

 社内の出世競争において自分の強みや弱みを把握しておくことは重要である。だが過度 …

a0002_0001002
勉強会好きな人には残念な人が多い

 仕事帰りや朝の時間帯などを利用した勉強会は数多く存在している。カリキュラムも実 …

shuudan
出世できない人が乱発する言葉「そんなつもりはありませんでした」

 出世できない人は、何かの失敗をすると、必ず「そんなつもりはありませんでした」と …

soutaihyouka1001
絶対評価よりも相対評価が重要

 出世とは組織の中で立場を上げていくことである。出世するためには、組織の中での相 …

FQ092_L
年功序列の会社に入ってしまったら

 出世しようと意気込んでいたのに自分が入った会社は強烈な年功序列だったというケー …

GD165_L0023
営業の仕事には出世のノウハウが詰まっている

 営業は好き嫌いが激しい職種の一つである。また世間一般では向き不向きが大きい職種 …

setoku7455
出世できる人は、状況に応じて説得方法を変えられる

 ビジネスにおいて相手を説得することは極めて重要なスキルである。営業活動における …