なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

転職35歳限界説が消滅したのは本当か?

 

 これまで転職市場には、35歳までが限界という説があった。いわゆる転職35歳限界説である。だがその35歳限界説が崩れ始めているという。
 もしそれが本当なら、出世の法則も大きく変わってくるかもしれない。これからは35歳以上でも容易に転職できるのだろうか?

もともと35歳というカベはない?
 結論からいうと、もともと転職市場には35歳というカベはない。ないと言い切ってしまうとウソになるが、他社から求められる人材であれば、35歳を超えて転職したケースがいくらでもあるというのが筆者の印象だ。

35saitenshoku01 現実的に欲しい人材だと思われても年齢がネックになってくるのはだいたい50歳からであった。
 筆者の知人のある財務マンはこれまで何度も転職して給料をアップさせてきたが、50歳を過ぎたら途端に採用されなくなったと言っている(結果、年収を下げて転職に成功している)。
 35歳限界説というのは、将来のポテンシャルを見込んで採用するという枠では、これが限界という意味であろう。

 なぜなら、日本では多くの会社が年功序列の昇進体系となっており、35歳というというのは、多くの社員が何らかの形で管理職になり始める年齢だからである。
 ポテンシャルがあると思って新卒で採用し、形式的にはポテンシャルにふさわしい実力があったとみなして、35歳くらいで、とりあえず管理職に昇進させていたわけである。

 そこに、同年代のポテンシャルを前提とした社員が入ってくるのは、こうした秩序を乱してしまう。この年代で採用するなら、他社で十分な実績を上げた管理職の方が無難ということになる。若手でなければ転職できないというのはそういう意味である。したがってこの縛りがなかった会社であれば、いくらでも転職は可能だったのだ。

労働市場が変わっても出世の法則は同じ
 最近は、多くの企業で年功序列が崩壊している。もっとも完全な実力主義になったわけではなく、基本的には年功序列だが、順調に昇進できる人とできない人が選別されるようになってきたというのが現実に近い。そうなってくると新卒で35歳を過ぎても管理職になっていない人は大勢いるので、特に問題はなくなる。

35saitenshoku02 今後はこうした動きがさらに加速してくる可能性が高い。日本は今後、労働人口が激減することが予想されているからである。今後はどの分野でも基本的に人が足りなくなる。年齢が上がっても十分な数の募集があるだろう。

 だが、これはビジネスマン全員にとってハッピーという状況ではない。人手が足りなくなるのは事実だが、その影響は付加価値が低い労働で顕著になってくる。つまり転職することはできても、そこには付加価値の低い仕事しか存在していない可能性が高い。

 結局のところ、転職市場がどう変わろうと、他社からどうしても欲しいと思われる人材でなければ、転職でステップアップすることは難しい。結局のところ、社内で必要性の高い社員と思われるか、他社からそう思われるかの違いでしかない。

【参考記事】
社内の評判と社外の評判
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0001_013658
聞かれるまで意見は言うな

 仕事をしていると、周囲から意見を求められることがある。ある程度昇進してくると、 …

nagedasu6051
都合が悪いことを無視する人

 都合が悪いことがあっても、それを報告したり連絡しない人というのは必ず一定数存在 …

SUGOI01
やたらヨイショする人は出世できる?

 やたらと人をヨイショする人がいるが、このような人は出世しやすいのだろうか?   …

a0002_002753
出世できる人は仕事をしながらでも周囲の状況を把握している

 仕事に集中すると周囲の音が耳に入らなくなる人がいるが、一般的にこのような人は会 …

gyoumusiji
出世できる人は仕事の指示が、とことんまで具体的だ

 出世できる人の多くは仕事ができる人だが、仕事のできるできないにもいろいろなパタ …

tamatuska55
ローソン新社長の玉塚氏に見る出世の法則

 ローソンは、現CEOの新浪剛史氏の後任として、玉塚元一最高執行責任者(COO) …

EV091_L
怪しい人の見分け方

 外部とのやり取りが多い職場では、社外のいろいろな人付き合わなければならない。そ …

bekkimondai74
ベッキー問題から考える、組織での遊泳術

 ベッキー問題がなかなか収束しない。本コラムではいつものことだが、話題になってい …

EV124_L
数字に強い人は出世しやすい

 世の中には数字に強い人そうでない人がいる。だが出世するためには数字に強いことが …

a0002_0001002
勉強会好きな人には残念な人が多い

 仕事帰りや朝の時間帯などを利用した勉強会は数多く存在している。カリキュラムも実 …