なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世のために超えなければならない2つのカベ

 

 出世のためには超えなければならないカベが2つある。ひとつは上司を顧客と思えるかどうかというカベ。もう一つは、直接的に利益にならないことを割り切るというカベである。両方が達成できた時、あなたの出世力は一気に高まっているはずだ。

上司は顧客であると思えるか
 上司は自分の評価や、場合によっては昇進の決定権を握っている。上司の評価が出世に影響しない会社も希にはあるが、ほとんどの場合、直属の上司の評価は極めて重要だ。
 つまり、上司に気に入られなければ、あるいは上司から必要と認められなければ、出世することは難しいのである。

joushi77a 上司は同じ会社内にいるが、広い意味では自分にとって顧客ということになる。ビジネスは顧客が自分の商品や提案を気に入ってくれなければ成立しない。それと同じことが上司にもあてはまるということである。

 だが、顧客からボロクソに責められても何とかガマンできるが、相手が上司となるとそうはいかなくなるという人は結構多い。
 また顧客に対しては、何を望んでいるのか考え、先回りして提案しているにも関わらず、上司に対しては同じように行動しない人が多い。

 それは、上司は自分の身内と思っているからである。身内であるが故にドライになれないのだ。
 だが出世できる人は、上司を明確に顧客と捉えている。顧客である以上、ニーズを先回りしたり、ご機嫌取りをするのは当たり前である。これができるかできないかが最初のカベとなる。

すぐに成果がでなくても耐えられるか?
 次のカベは、上司を顧客と見立てた場合の利益に関するものである。相手が外部の顧客の場合、いろいろと神経を使ったとしても、報われるタイミングがすぐにやってくる。しばらくすれば、顧客からの発注などを獲得できるからである。だが上司の場合はそうはいかない。

joushi77b 上司は外部の顧客ではないので、上司に対する振る舞いが、すぐに実利に結びつくとは限らない。何年か経過してから、それが効果を発揮する場合もあるし、最悪の場合には、どれだけ努力してもそれが実を結ばず、効果があったのかなかったのかも分からないというケースすらある。

 それでも、上司への対応はずっと続けていかなければならない。考えようによっては、実にバカバカしい話なのだが、そうであるが故に、これが二つ目のカベとなって立ちはだかる。

 上司を顧客であると割り切り、成果があるかないかに関わらず、そうした対応を続けていくというのは、内容的にはそれほど難しい話ではない。だが、それを継続するのはとても難しい。

 だが逆に考えれば、それをやりきることができれば、出世への道は大きく開けてくる。精神的には多少キツくても、チャレンジしてみる価値は十分にあるといってよいだろう。

【参考記事】
曖昧上司にあたってしまったら
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

mienaihabatsu445
出世する人は見えない派閥を作るのがうまい

 会社内には、いわゆる派閥というものができることがある。派閥というほど明確でなく …

a0003_001872
出世の糸口はボトルネックにあり

 出世するための最良の方法は、自分が務める会社の出世ルールを的確に理解し、出世し …

guntai040
ガバナンスのメカニズムを知れ

 組織で出世しようと思ったら、その会社の出世のルールを知る必要がある。そして、出 …

dokuritsu667
独立して失敗する人に共通するパターン

 出世とは組織の中で地位を上げることだけを指しているわけではない。独立したり、会 …

ryoushusho9761
舛添知事問題。出世したければ、経費には手を付けるな

 舛添要一東京都知事の経費問題がクローブアップされている。経費をふんだんに使える …

hirune002
昼寝は出世に影響するか?

 このところ昼寝の効用に関する話題が盛り上がりを見せている。仕事中、眠いところ無 …

taido0021
上司がいる時といない時で態度を変えてはいけない

 上司がいなくなると、ついリラックスしてホンネが出てくるものである。だが本気で出 …

GD169_L
ブラック企業から学べること

 最近ブラック企業が話題である。企業の中には確かに犯罪まがいのところもあり、その …

sinnri
出世できる人が、人の心理を最優先するのはコスト面で有利だから

 組織は結局のところ、人のコミュニケーションの集大成である。組織の中で有利に振る …

a0002_006340
新しいモノの話題はフォローしておけ

 最近は世の中の移り変わりが激しく、次々と新しいものが登場しては忘れ去られていく …