なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世のために超えなければならない2つのカベ

 

 出世のためには超えなければならないカベが2つある。ひとつは上司を顧客と思えるかどうかというカベ。もう一つは、直接的に利益にならないことを割り切るというカベである。両方が達成できた時、あなたの出世力は一気に高まっているはずだ。

上司は顧客であると思えるか
 上司は自分の評価や、場合によっては昇進の決定権を握っている。上司の評価が出世に影響しない会社も希にはあるが、ほとんどの場合、直属の上司の評価は極めて重要だ。
 つまり、上司に気に入られなければ、あるいは上司から必要と認められなければ、出世することは難しいのである。

joushi77a 上司は同じ会社内にいるが、広い意味では自分にとって顧客ということになる。ビジネスは顧客が自分の商品や提案を気に入ってくれなければ成立しない。それと同じことが上司にもあてはまるということである。

 だが、顧客からボロクソに責められても何とかガマンできるが、相手が上司となるとそうはいかなくなるという人は結構多い。
 また顧客に対しては、何を望んでいるのか考え、先回りして提案しているにも関わらず、上司に対しては同じように行動しない人が多い。

 それは、上司は自分の身内と思っているからである。身内であるが故にドライになれないのだ。
 だが出世できる人は、上司を明確に顧客と捉えている。顧客である以上、ニーズを先回りしたり、ご機嫌取りをするのは当たり前である。これができるかできないかが最初のカベとなる。

すぐに成果がでなくても耐えられるか?
 次のカベは、上司を顧客と見立てた場合の利益に関するものである。相手が外部の顧客の場合、いろいろと神経を使ったとしても、報われるタイミングがすぐにやってくる。しばらくすれば、顧客からの発注などを獲得できるからである。だが上司の場合はそうはいかない。

joushi77b 上司は外部の顧客ではないので、上司に対する振る舞いが、すぐに実利に結びつくとは限らない。何年か経過してから、それが効果を発揮する場合もあるし、最悪の場合には、どれだけ努力してもそれが実を結ばず、効果があったのかなかったのかも分からないというケースすらある。

 それでも、上司への対応はずっと続けていかなければならない。考えようによっては、実にバカバカしい話なのだが、そうであるが故に、これが二つ目のカベとなって立ちはだかる。

 上司を顧客であると割り切り、成果があるかないかに関わらず、そうした対応を続けていくというのは、内容的にはそれほど難しい話ではない。だが、それを継続するのはとても難しい。

 だが逆に考えれば、それをやりきることができれば、出世への道は大きく開けてくる。精神的には多少キツくても、チャレンジしてみる価値は十分にあるといってよいだろう。

【参考記事】
曖昧上司にあたってしまったら
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

ET116_L
悪い話は引きずる。良い話はすぐ忘れられる

 日本の会社は減点主義だといわれる。学歴などでどのようなタイプを出世させるのかあ …

dokuritsu667
独立して失敗する人に共通するパターン

 出世とは組織の中で地位を上げることだけを指しているわけではない。独立したり、会 …

MAIL
誰が出世するのかを見極める方法

 会社の中で誰が出世するのか分かれば、いろいろと便利だ。もちろん自分がその対象な …

kankeisei
出世できる人は、うるさい相手ではなく、必要な相手に時間を割く

 社内や顧客の中には面倒でうるさい人がいる。こうした人はたいていの場合、深く付き …

a0002_002425
オンリーワン戦略の罠

 オンリーワンな存在になることは非常に重要である。企業戦略の分野でも一時オンリー …

a0150_000093
言い訳は出世の妨げになる

 失敗をしたり、注意された時に延々と言い訳をする人がいるが、これは百害あって一利 …

a0002_010614
世代間でコミュニケーションギャップがあることは出世のチャンスだ

 最近、スマホ世代の若者とバブル世代上司で、うまくコミュニケーションが取れないと …

tigai
出世する人は異性の扱いが上手

 出世する人は異性の扱いが上手である。これはいわゆるオンナやオトコを武器に使うと …

FR197_L
家庭に問題があると確実に不利に

 家庭内に問題を抱えていると出世には確実に不利に働く。何らかの問題を抱えている人 …

FE081_L
仕事ができる人が陥りがちな失敗

 仕事ができる人は、多くの場合、他の凡庸な社員とは異なる思考回路を持っていること …