なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

ガバナンスのメカニズムを知れ

 

 組織で出世しようと思ったら、その会社の出世のルールを知る必要がある。そして、出世のルールを理解するためには、その会社がどのようなガバナンス構造になっているのかを知る必要がある。ガバナンスといっても、教科書的なタテマエの話ではない。もっと現実的なレベルでの話だ。

軍隊的組織か宗教的組織か
 中には、社員がみな合理的な思考回路を持ち、それぞれの役職と権限を理解した上で、業務の指示系統が出来上がっているという理想的な会社もあるだろう。だがそうした会社はごく希である。

guntai040

 ほとんどの場合、会社のガバナンスは、軍隊的な統治か宗教的な統治のどちらかに分類することができる。自分の会社がどちらに分類されるのかについてよく考え、それに合わせて出世の方法も変えていく必要がある。

 軍隊的な統治となっている会社はまさに軍隊と同じようなルールでマネジメントしている。上下関係が絶対であり、あまり和気あいあいとした雰囲気はない。多くの場合、部分最適化が徹底されており、その中で辻褄が合っていることが絶対視される。

 例えば軍隊では、朝と夜に点呼があり、持ち物や装備が揃っているか、上官からチェックされる。もし自分の装備が紛失していたら、隣の部隊から盗んできて点呼をクリアするのが、軍隊でのお作法である。それは盗まれた方が悪いという理屈になる。

 組織全体でみれば装備を1個なくしているので、本当は問題なのだが、部分最適化とその中での上下関係が絶対である以上、それは問題視されない。会社に当てはめれば、まずは自分の部署の利益を最優先に考えることが重要となる。これができなければ出世は無理だ。

自分の組織はどちらに近いか
 軍隊的な組織では、上官(上司)を尊敬などしていないし、むしろ嫌っている。組織内の人をあまり信用することはできない。だが、その組織にいるメリットが大きいか、他の組織ではやっていけないと思っている人が多く、皆が不満を抱えているにも関わらず、意外と辞める人は少ない。

shukyo050 一方、宗教的組織の場合には、組織や上司を尊敬できる人物と信じており、構成員がみずから献身的に組織に身を捧げる。不満を持つ人がいても、それは自分が悪いのではないかと思い込んでいる。

 上司による部下のコントロールも、威圧的な命令というよりは「共感」に重点が置かれる。

 このようなマネジメントでは、恐怖による支配に比べれて社員はそれほど働かない。だが組織に対する不満が少なくなり、低い報酬でも満足するので、それを利益の源泉としている。
 こうした組織では、上司を心から信じ、部下の共感をいかに引き出すかが出世の条件となる。

 これらは両極端な例である。だが多くの組織をデフォルメすればどちらかにあてはまるはずだ。自分がどちらに分類されるのかを考え、自分は最適な出世戦略をとっているのか再検討してみて欲しい。

【参考記事】
サラリーマンのロマンを語る人は出世できない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sharp
これからの時代にリストラされやすい人

 これまで多くの企業は社風を変化させずにやってきた。このため、会社における出世の …

netuidake
仕事ができないならせめて熱意くらいは見せろ

 会社の中の人材を見渡してみると、仕事の能力と熱意の組み合わせで以下の4つのパタ …

GD123_L
人をうまく操って出世する方法

 他人というのは本当に思うようにならない存在である。人を思うように操ることができ …

GD169_L
ブラック企業から学べること

 最近ブラック企業が話題である。企業の中には確かに犯罪まがいのところもあり、その …

mienaihabatsu445
出世する人は見えない派閥を作るのがうまい

 会社内には、いわゆる派閥というものができることがある。派閥というほど明確でなく …

Image2
ミスはかなり大目に見てもらえる

 仕事でミスをしてしまい悩んでいる人は多い。意外なことだが、仕事のミスは実は出世 …

kanpei
飲みに行かないと出世できない?

 最近は社内大宴会という光景はあまり見られなくなってきたが、それでも会社の人と飲 …

GD172_L001
社長公募が失敗するワケ

 世の中には社長を公募するという会社がある。多くの場合、オーナー社長であり、後継 …

ET114_L
隣の芝生は青く見える

 自分の会社にはどうしてこんなにも活気や夢がないのだろうか?多くの人がそう考えた …

robot0081
ロボットに仕事を奪われないためには

 出世競争といえば、これまでは人と人の競争だったが、近い将来は、ロボットとも出世 …