なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

ある程度までなら恥知らずでも出世できる

 

 恥知らずは一般によくないこととされているが、恥知らずな人は意外と得していることが多い。会社の出世でも同様である。残念ながら、恥知らずの人ではトップクラスの出世は望めない。だがある程度でよいという割り切りがあれば、それなりに効果があったりするのだ。

慶応に受かったが行かなかったというウソの効用は?
 ある部品商社に務めるBさんは、自称、高学歴者である。自分は慶応を受けて合格したが、あえて慶応には行かなかったと公言している。自分はもともとは頭がよいのだということを主張したいらしく、どこかの本で仕入れたような教養っぽい話を、よく周囲の人に聞かせている。

usoda001 おそらく大学云々の話はウソなのだが、周囲には自身たっぷりに説明しているので、中にはその話を信じる人もいる。さらに直接会ったことがない人に至っては記憶が曖昧になり、「あの人は慶応なんだって」「頭いいんだ」などという話になっていたりする。人の記憶や印象などその程度のものなのである。

 ここで普通の人は、そんなウソをついたらバレるかもしれないし、そういう発言はみっともないと思ってしまう。
 だが小学校や中学校ならともかく、大人の社会で、そのウソについて面と向かって正す人などそうそういない。
 仮にウソだとばれていると人がいたとしても、その人はわざわざBさんを貶めるようなことは言わないので、結局、社内でウソがバラされることはないのである。ハッタリでもやったもの勝ちである。

 Bさんのような人は出世という観点で見ても、場合によってはそれほど悪い評価にはならなかったりする。

無神経で恥知らずでも一定レベルなら出世可能
 Bさんは、いろいろな意味で能力が下の人に限定されるものではあるが、それなりのリーダーシップを発揮することができる。Bさんは頭がよく、物知りだと思っている人が一定数存在しているからである。

PHM11_0102wraa1 会社にしてみれば、リーダーシップのある人は、どんな形であれ、必要な人材ということになる。Bさんの性格を極端に嫌う上司がいない限りは、思いのほか高い評価を得られる可能性が高いのだ。

 これは自身の失敗のとらえ方についても同様である。ビジネスマンの中には、恥知らずで自身の失敗など一切気に留めない人がいる。だが不思議なもので、これに対して腹立たしいと思っても、徹底的にそれを追求する人は実は少ない。その批判の矢が自分自身にも返ってくることを恐れているからだ。

 もちろんあまり褒められたことではないが、そういうタイプの人は意外と上司が遠慮していたりする。

 自身の失敗をまったく気にしない無神経で恥知らずの社員と、過去の失敗を引きずり、それを抱え込んでいる良識的な社員とでは、前者の方が評価が高いし、出世しやすいのである(もちろん出世のレベルには限度があり、このようなタイプの人は一定レベルまでしか出世はムリ)。

 他人の目が過剰に気になるという人は多いが、そのような人は、他人の目とは具体的に誰のことを指すのか問いかけてみた方がよい。
 実は他人という抽象的な相手しかおらず、具体的には誰も想定することができないのかもしれない。もしそうだとすると、他人の目を気にすることほど馬鹿げたことはない。

【参考記事】
能ある鷹は爪を隠さない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

senryaku3279
出世の基本戦略を考える

 企業に経営戦略があるように、出世にも戦略が必要である。だが、戦略という言葉は非 …

shokubamana1112
有休消化にマナーが必要なのかという論争から考える出世のメカニズム

 職場のマナーに関する専門家の指摘がネット上で論争となっている。 有給を取る場合 …

a0001_009257
身だしなみは出世に大きく影響する

 職場での身だしなみは出世において極めて重要である。身だしなみといってもブランド …

oboerarenai5563
出世できる人は物事の理解の仕方が違う

 出世できる人とできない人には、物事の学び方に大きな違いがある。この違いは最初は …

jikoshucho556
自己主張にはコストがかかる

 会社の中で若いうちから自己主張をすることはマイナスだといわれる。閉鎖的な日本の …

FE067_L
新規事業を考えろと言われたら

 日本は単純な高度成長の時代が完全に終了し、モノやサービスを売ることが年々難しく …

rakii
上に行けば行くほどケツの穴は小さいと思え

 会社のトップともなれば、人物も大きくて包容力があると思いたいところだが、現実に …

rimawari6647
出世できる人は、人生の利回りが高い

 出世できる人は、ビジネスマン人生における利回りが非常に高い。同じ努力をしても、 …

purezen
大きな仕事が取れる人と取れない人

 出世の多くが社内政治に左右されているが、そうはいっても、一定以上の成果を上げて …

PHM11_0044man
忙しがりは出世できない

 やたらに忙しいことを強調する人がいる。これは百害あって一利なしで、出世にとって …