なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世したければ骨の髄まで流されろ

 

 会社という組織の中で出世しようと思ったら、その会社の社風や上司の雰囲気に自分を合わせるのがもっとも手っ取り早い。
 組織の中には、アンチテーゼ的な立場の人もバランス上、一定数出世させるところもあるが、あくまでそれはバランス上の問題であり、主流派ではない。やはり組織の雰囲気に合った行動を取ることがベストだ。

無理に相手に合わせるのは心身ともに疲弊する
 組織の雰囲気に合った行動を取るというのは、そう簡単なことではない。組織の雰囲気に自分の性格がうまく合致していれば、何の問題もないが、そのような環境で働ける人はそう多くはないだろう。そうなってくると、組織やっていくための方法としては、以下の3つからの選択になる。

aiteniawaseru001 1番目は、自身が変わることなく、行動だけを組織に合わせるという方法、2番目は自分自身の考え方も含めてすべて組織にあわせて行く方法、3番目は相手への同化を諦め、別なタイプとしてアプローチする方法である。

 1番目は理想的だがこれを実行するのはなかなか難しい。これは会社にいる時間すべてにおいて演技をしているようなものであり、心身とも相当疲労が溜まる。社風が自身になじまないものであれば尚更である。
 さらによくないことに、こうしたことに周囲は意外と敏感である。自分では分からなくても、周囲はあなたが無理に合わせていることを悟ってしまうケースも多いのだ。

 もし1番目の方法を貫くのであれば相当な覚悟が必要となる。これは無理にやり過ぎると精神的にもよくないし、かなりのスキルも要求される。会社の人とは交わりたくないという感覚がよほど強いのでなければあまりオススメできない。

どうせ自分が変わることになるのなら
 出世できる人の多くが2番目を採用している。というよりも最終的にはほとんど人がこのやり方を採用することになる。出世できる人と出来ない人の違いは、出世できる人は若いうちから戦略的にこの方法を採用するのに対して、出世できない人は、かなり後になってから消極的、無意識的にこの方法を選択しているという点である。

aiteniawaseru002 出世できる人は環境適応能力が高く、どのような状況においても、そのコミュニティのルールで楽しむことができる。
 やたらに飲み会のある会社、愛社精神を異様に強調する会社、会話があまりない会社など、社内の雰囲気は実に様々である。そして会社ごとに楽しみや喜びの感覚も異なってくる。

 異なった環境に対応できる人は、その環境に合わせてうまく自分を変えていけるのである。これは一種の自己暗示的な面もあるがもう少し戦略的である。
 仮に自分にとってはつまらないことであっても、周囲と一緒に楽しまなければ、その時間を過ごしたことが損になるいう感覚である。この感覚をほんの少しだけでも持つことができれば、環境適応能力は大きく変わってくるのだ。

 サラリーマンの多くが、最初はさんざんグチを言っていても、10年もすると完全にその会社の人間に染まっている。ほとんどの人が10年という時間をかけて自分を相手に合わせているのである。そうであるならば、その行動は早いに越したことはない。さっさと会社に自分を合わせ、出世の糸口をつかむ方がよい。

【参考記事】
成果を評価するのかプロセスを評価するのか
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0027_001191
メールの書き方は出世を左右する

 毎日職場でやり取りしている電子メール。メールの書き方についてあまり気にしていな …

SHOTAIMEN
出世する人は人の話をよく聞く

 人の話をよく聞くことは出世において重要なことである。 ただし、人の話をよく聞く …

35saitenshoku01
転職35歳限界説が消滅したのは本当か?

 これまで転職市場には、35歳までが限界という説があった。いわゆる転職35歳限界 …

joshi020
上司に経営者目線を持てと言われたらチャンスだ

 従業員に「経営者視点を持て」と要求する経営者や上司は少なくない。だがこれはよく …

kaidan
出世したくない人が増えているのは本当か?

 最近、若い世代のサラリーマンで出世を希望しない人が増えているという記事をよく見 …

hayakuchi01
出世する人に早口は少ない

 出世できる人には早口な人は少ないといわれる。おそらくそれは、しゃべるスピードと …

Image8
完璧な情報などあるわけがない

 世の中には相手に対して完璧な情報を求める人がいる。残念だがそのようなタイプの人 …

a0002_0106001a
年上の部下を持ったらどうするか

 一部の企業ではまだまだ続いている年功序列だが、すでに年功序列が崩れてしまった企 …

yubi001
出世する人は新しい仕事を理解するのが早い

 多くの日本企業が現在でもゼネラリストを重視している。技術系など特殊な例はあるが …

sharp
これからの時代にリストラされやすい人

 これまで多くの企業は社風を変化させずにやってきた。このため、会社における出世の …