なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

残業時間が長い会社で出世するためには

 

 最近はだいぶ減ってきたが、それでも日本の会社は長時間残業が多いといってよいだろう。残業が常態化している会社は、多くの場合、帰りにくいという雰囲気が蔓延しており、長時間残業を皆で競うような状況となっている。こうした会社で出世するにはやはり長時間残業を積極的にやらなければいけないのだろうか?

長時間労働が発生しやすい会社
 この答は半分イエスであり、半分ノーである。長時間残業が発生しやすい会社は、以下のどちらかであることが多い。ひとつは仕事の成果が評価基準になっていない会社、もうひとつは、事業そのものの付加価値が極めて低い会社である。

energydrink010 年功序列型の会社に多いが、仕事の評価基準が仕事の成果ではないという会社は多い。考えてみればおかしな話だが日本企業の多くが成果型の評価体系になっていない。そうなってしまうと、組織への順応性などが評価されることになり、残業をこなしているかはその安直な評価基準となりがちである。

 会社の業態が低付加価値なところも長時間労働になりやすい。低付加価値な会社は、会社が生み出す付加価値がもともと低いので、生産高を上げようと思ったら、労働時間で勝負するしかない。会社の体質そのものに長時間労働が組み込まれており、条件が変わってもそれから抜け出すことができないのである。

 低付加価値企業の場合、長時間労働は会社の存続とセットになっているので、もしこのような会社に入ってしまったら、出世するためには自分も長時間労働を受け入れるしかない。

長時間労働をする人ほど、長時間労働が評価されていると感じている
 仕事の評価基準が成果でないという会社の場合、仕事の成果以外に高く評価される項目が存在している可能性がある。それをうまく見つけ出すことができれば、残業をしていなくても、高い評価を継続して得られる可能性がある。

inemuri030 会社によってはそれは学歴であったり、事務手続きの丁寧さであったり、立ち居振る舞いであったりする。残業以外の項目で高い評価を得ることができ「この人は別格」という評価が立てば「お先に失礼します」といって先に帰ってもマイナス評価になることはない。

 ただ残業が常態化している会社でも、残業をしないことがそれほどマイナスになっているかというとそうとは限らない。

 内閣府の調査によると「残業時間が長い人ほど、上司が長時間残業を評価してくれていると考える割合いが高い」という結果が出ている。これはあくまで、上司が評価してくれると部下が考えているだけで、実際に評価しているのかは別問題である。

 自分が過去にたくさん残業をしていた上司なら長時間残業をプラス評価している可能性が高く、逆ならば、それほど評価しない可能性が高い。まずは上司が過去、どのような仕事の仕方をしていたのかを探るのが先決といえそうだ。

【参考記事】
仕事が早いことはいいことだ
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

potechi
カルビーCEOから学ぶ組織のマネジメント

 最近、菓子メーカーのカルビーの経営がメディアに取り上げられるケースが増えている …

FE063_L
グローバル化はいろいろな形でやってくる

 「世の中はグローバルが進んでおり、そのための対応が必要だ」。マスメディアなどで …

a0008_001789
出世したいなら話は自己完結させよ

 出世できる人の話や資料には明確な特徴がある。話や資料の中でストーリーが完全に自 …

a0001_0176201254
男尊女卑の人は出世できない?

 男女雇用機会均等法が施行されてから30年近くが経つ。男女の区別なく能力を発揮さ …

FE011_L
ベンチャー企業で出世する人

 ベンチャー企業で出世する人は、大企業で出世する人とかなりタイプが異なっている。 …

tigai
出世する人は異性の扱いが上手

 出世する人は異性の扱いが上手である。これはいわゆるオンナやオトコを武器に使うと …

doryoku220
努力は必ず報われるという話の真偽

 先日、「努力は必ず報われるとは思うな」という明石家さんまの発言がネットで話題に …

ET114_L
隣の芝生は青く見える

 自分の会社にはどうしてこんなにも活気や夢がないのだろうか?多くの人がそう考えた …

HENSA
企業で学歴が重視されるわけ

 日本の会社では学歴を重視する風潮が強い。社歴が古い大企業などではその傾向が顕著 …

rakii
上に行けば行くほどケツの穴は小さいと思え

 会社のトップともなれば、人物も大きくて包容力があると思いたいところだが、現実に …