なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

上司に経営者目線を持てと言われたらチャンスだ

 

 従業員に「経営者視点を持て」と要求する経営者や上司は少なくない。だがこれはよく考えるとヘンな話だ。従業員が経営者目線を持てるほどなら、従業員などやっていないだろう。
 一方、それを言う経営者は、経営者として失格である。従業員が経営者目線を持たないとうまく会社が回らないようなら、そのビジネスモデルは失敗だからだ。

経営者目線を要求する上司は弱点だらけ
 だが個人レベルでの出世ということを考えた場合、こうした発言が会社の上層部や上司から出てくる状況というのは出世の大きなチャンスである。活用しない手はない。

joshi020 これを会社の上司や上層部が発言しているということは、彼等が思ったような成果を上げられていないことのウラ返しである。またこのようは発言をしているということは、彼等自身も経営者としては未熟であることを意味している。

 そうだとすると、彼等の中には、どこかの本で見聞きしたような「経営者マインド」というものがイメージされている可能性が高く、そこにヒットさせることができれば、高い評価をいとも簡単に勝ち取ることができるのだ。

 部下に経営者マインドを求める上司の中には、意識していないかもしれないが、自分自身が優柔不断で「決められない」ことに対する苛立ちがある。
 経営者マインドになり切れていないのはむしろ上司の方なのである。そこであまり悩まずに、しっかりと意思決定が出来るように誘導してあげれば、上司は間違いなく喜ぶことになる。

 いくつかの選択肢を上げ、その中でのメリット/デメリットを比較し、最後はどれかにハラを据えて決断する。この一連のプロセスをうまく誘導するような発言ができる人を、単に「経営者目線」と呼んでいるだけだ。

社長が息子を抜擢した理由
 とあるベンチャー企業では、ワンマンの創業社長が何人も部長に抜擢しては辞めさせるということが続いていた。それに終止符を打ったのは、何と創業社長の息子であった。端から見れば、単なる息子のコネ抜擢である。だがその社長は、自分の息子はコネではなく、実力で登用したのだと本気で思っていた。

bukagatsu030 社長からみれば息子は本当に優秀なビジネスマンに見えたのである。
 その種明かしは、社長の日々の言動である。その社長は、常に従業員に対して「経営者目線を持て」と言っていた。多くの従業員はその言葉の内容をよく理解していなかったのである。

 だが社長の息子は小さいときから社長の近くで見聞きしており、社長の好みは熟知している。
 息子は少々リスキーだが、上手くいけば大当たりするような思い切りのよい提案を社長に行い、うまくいったらボーナスとしてその期の利益の10%を払って欲しいと言ってのけたのである。社長はその一言でもうメロメロである。

 その社長が経営者目線と呼んでいることは、要するにそういうことだったのだ。逆に考えれば、周囲の社員に中にもう少し気の利く人間がいて、同じような多少ヤンチャな発言をすれば、社長に気に入られ、すぐに大抜擢となっただろう。

 経営者目線を持てという上司は実は御しやすいのだ。逆にいえば、常に部下のことを考えていることを強調するような上司は警戒した方がよい。不必要と判断されたら情け容赦なく部下を切り捨てる可能性が高いからだ。

【参考記事】
社内の評判と社外の評判
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

motibeshon01
出世できる人は他人のモチベーションについて理解している

 出世できる人はモチベーションに対する理解が鋭い。それは自分自身のモチベーション …

ET077_L
挨拶がもたらす効用は大きい

 周囲の人たちと良好なコミュニケーションを取っておくことは出世において非常に重要 …

考えるビジネスマン01
話がダラダラと長い人は要注意

 話が長い人をよく見かける。話が長くなる理由にはいくつかあるのだが、いずれの理由 …

sjob
アップルのジョブズ氏に学んではいけない

 アップルのカリスマ経営者であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経 …

menomae3211
ライバルは目の前にいない可能性が高い

 会社の中には、自分のライバルになる社員がいる。だが今、目の前にいて、成果を競っ …

ET009_L
自分が考える適性と会社が考える適性は違う

 自分一人で出世することはできない。出世するためには、会社に自分を評価してもらう …

Image2
たかが挨拶されど挨拶

 上司が部下に対して持つ不満のひとつに、挨拶がきちんとできていないというものがあ …

EX186_L0001
相関関係と因果関係をごちゃまぜにするな

 「相関関係」と「因果関係」この二つのキーワードは似ているようで異なっている。仕 …

kanpai001
飲みニケーションは必要か?

 最近ではだいぶ少なくなったが、それでも会社での飲み会はそれなりの頻度で存在する …

a0002_002425
オンリーワン戦略の罠

 オンリーワンな存在になることは非常に重要である。企業戦略の分野でも一時オンリー …