なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

徐々に出される警告を理解できない人は出世できない

 

 最近は日本企業でもグローバル企業的な文化を持つところも増えてきた。グローバル企業では、上司が仕事ができない部下に対して発する警告も、ある意味で統一されている。だが日本型の慣習にどっぷりつかった人は、これをよくできないことも多い。

 日本人は明示的に「お前はダメ社員だ」と言われないと状況を理解できない人が多いのだ。しかしグローバルスタンダードはそうではない。警告の出し方もかなりあいまいだ。
 日本企業の場合でも、外資系タイプの上司の場合はこうした警告の出し方をする人がいるし、海外とのビジネスではこうした状況に巻き込まれることもある。オブラートに包まれた上司からのサインは決して見落としてはいけない。

日本語があいまいなわけではない
 日本語はあいまいで英語はストレートとよくいわれるがこれはまったくの迷信である。英語圏(グローバル・スタンダード)の方が、むしろ曖昧でもってまわった言い方が多用されている。成果が上げられない部下に対する警告はまさにその典型である。

keikoku001 最初に立てた成果目標に達成していない場合、最初の警告は「期待」という形で表明される。「君は当初に設定した目標にまだ達していない。君の能力ならば十分に達成は可能なはずなので、この先の成果を期待しているよ」というような言い回しだ。

 鈍感な人は、上司は自分のポテンシャルを評価してくれていると勘違いする。だがこれは評価でも何でもない。
 「期待している」というのは、目標を立てたのだから何としても達成しろという意味である。もしこれを期間内に達成できないということになると、警告は次のステージに進むことになる。

どこまでも楽観的な人たち
 次のステージは、上司といっしょに状況を改善する方法を考えるという言い回しになる。「君の仕事にはまだ改善すべき点があるようだ。次は目標を達成できるように、一緒にやり方を考えよう」といった感じだ。「状況を改善」という言葉が出てくると、これはかなりまずい状況である。日本では解雇はそうそうされないが、外資系の場合にはクビの二文字が頭に浮かび始めることになる。

keikoku002 一緒に改善策を考えるということは、仕事の進め方をどうするかについて任せることはできないという意味である。そして、一緒に考えたやり方で状況が改善しなければ、解雇を含む強制措置があり得るという意味になる。
 もしこの段階まで来てしまったら、それこそ、あらゆる手を使って上司に状況を説明し、かつ目標を達成できるよう死にもの狂いで仕事をしなければならない。

 だが困ったことに、この段階になっても、上司は一緒に改善策を考えてくれると楽観的に考えてしまう人が一定数存在するのだ。これはビジネスマンとしては致命的といえる。相手がこのような言い回しをした時には、明確な意図を持っているのか、そうでないのかを的確に判断した上で、前者であれば必死で対応する必要がある。

 この手のマネジメントをする上司は、一度「コイツはダメだ」という評価を下すと、二度とその結論を覆さないタイプの人が多い。そう評価されてしまったら最後である。上司の言動には要注意である。

【参考記事】
グローバル化はいろいろな形でやってくる
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_001656
理系は出世できるのか?

 日本には「理系」「文系」という区分がある。国際的には奇妙な区分なのだが、日本で …

Image2
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その1)

 オヤジ向けのビジネス誌には出世のための情報が満載だ。ネットで無料で読めるものも …

ET060_L
敵を3人作ったら終わり

 本コラムでは、日本の企業社会は前近代的なムラ社会であるという表現をよく用いてい …

a0008_001876
会議の本当の意味

 日本の会社は会議が多い。会議が会議になっていないという意見は昔からあり、ビジネ …

a0001_0176201254
男尊女卑の人は出世できない?

 男女雇用機会均等法が施行されてから30年近くが経つ。男女の区別なく能力を発揮さ …

aiji13711176084
出世できる人はリーダーシップを勘違いしない

 出世する人はリーダーシップがある。そう思っている人は多いだろう。だが、リーダー …

zangyojikan
出世できる人は常に生産性とポートフォリオを考える

 このところ日本企業における残業時間が社会問題になっている。残業問題は社風といっ …

GURU
部下は囲っておくべきか?

 昇進してある程度の役職になると部下を持つようになる。若いうちは上だけを見ていれ …

FE067_L
新規事業を考えろと言われたら

 日本は単純な高度成長の時代が完全に終了し、モノやサービスを売ることが年々難しく …

gatengaiku
出世したければ、なりたい自分になってはいけない

 経営の世界では、マーケティングとブランディングの違いがよく議論の対象となる。マ …