なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

上司にベストなタイミングで報告するコツ

 

 上司への報告が仕事をスムーズにするコツの一つであることは多くの関係者が指摘している。出世しようと思うならば、上司に対する報告をきちんと行うことは最低限と思った方がよい。

上司に報告すべき本当のタイミングとは?
 だがこの上司への報告というものが、なかなかクセ者で、思い通りにならないことが多い。しばらく報告に行かないと「なぜ報告しなかった」と怒られ、何度も報告していると「イチイチ細かいことまで報告するな」と言われてしまう。こんな経験をしている人は少なくないだろう。

 こういったことが起こってしまうのは、上司が欲していると情報と、部下が上司に報告しようと思っている情報にミスマッチが存在するからである。

 上司はすべての情報をいつでも欲しいと思っているのではなく、特定の情報が、特定のタイミング必要なだけなのである。それ以外の情報をいくら上司に報告したところで、面倒だという顔をされるのがオチだ。

 上司が気にする点といえば、プロジェクトが上手くいっているのか?ということ、上司のさらに上の上司にどう報告しようか?ということ、最後に、進捗に遅れがないか?という3点に集約されると考えてよい。

 プロジェクトに何かトラブルが発生した場合、その初期段階であれば、対処の方法はいくらでもある。だが状況が悪化してからそれに対処するのは極めて困難である。このため上司はプロジェクトにトラブルがないか常に気にしている。進捗の遅れも同じだ。

 社内での報告はこれとは少し異なる概念である。上司のさらに上の上司に報告するタイミングは、プロジェクトの進捗とは関係ない。このため、プロジェクトしか見ていない部下からすると、「なぜ今報告しなければならないの?」ということになる。

自分が報告したくない時に報告すれば確率はグッと上がる
 上司がプロジェクトに対して持つ懸念を的確に探り出し、上司の社内での行動を先読みできれば、上司へのタイミングは完璧となり、出世の可能性も高くなってくる。だがこれをうまくこなせる若手がそう多くないのも事実だ。

 多くの人にとっては、それほど理想的な形でなくてもよいので、何とか上手な報告のタイミングをつかみたいというのが本音だろう。
 完璧な方法ではないが、それに近いやり方は存在している。それは自分の感情を利用するというものである。

 部下には、上司に報告したくないと思うタイミングがある。大したことはないものの、ちょっとしたトラブルになりかかっている時や、忙しくてそんな余裕がない時などには、報告に行くのがおっくうになる。実はこのタイミングが重要なのである。

 忙しくて報告がおっくうな時は、思いのほか、以前に報告した時から時間が経過していることが多い。したがって上司はなかなか報告がないので苛立っている可能性が高い。
 また小さなトラブルがあると、上司から突っ込まれそうなので、やはり報告がおっくうになる。だがこれは、下手をすると大変な事態になる危険性をはらんでいる。こうしたタイミングこそが重要であり、嫌な気分であっても、上司に相談すべきなのだ。

 確かにこのやり方では、上司の社内事情などはうまく反映できないかもしれない。だが少なくとも、こちら側でコントロールできる材料については多くをカバーすることが可能となる。それができるだけでも上司とのコミュニケーションは格段にスムーズになるだろう。

【参考記事】
出世したいなら話は自己完結させよ
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

FE117_L
総合力は評価されにくい

 「○×すべき」というべき論が出てきた時は要注意だ。学歴にとらわれず採用すべきだ …

EQ014_Lgq
子会社や関連会社の出世の法則は変わりつつある

 かつて大企業の子会社や関連会社の人事は非常につまらないものであった。主要役員は …

sasaki
出世できない人はなぜがすぐに体調が悪くなる

 自身の体調不良や家族の病気など、どうしても避けられない理由で仕事をキャンセルし …

mimiari
出世できる人は、重要な情報を握っている

 どんな組織でも情報は強力な武器となる。これは出世に限らず、ビジネス全般に言える …

a0002_002753
出世できる人は仕事をしながらでも周囲の状況を把握している

 仕事に集中すると周囲の音が耳に入らなくなる人がいるが、一般的にこのような人は会 …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

hon
「読書家は出世できない」という話に潜む真実とは?

 最近は本を読む人が減ってきたといわれるが、それでも読書家の人は周りにも一定数存 …

a0001_016721
目立つなら相当目立たないと意味がない

 会社の中にはやたら目立っている人がいる。声が大きかったり、変わり者だったりと、 …

a1640_000039
出世したければ自己アピールはほどほどに

 自己アピールはひとつのビジネス・スキルといってよいものだが、日本の会社で出世す …

fresher02
新入社員の意識にみる出世のカギ

 新入社員はまだ社会人になったばかりなので、それまでの生活とビジネスマンとしての …