なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世するには鈍感力も重要

 

 出世するためには、仕事ができることことはもちろんのこと、上司に目をかけられ引き上げてもらうことが重要となる。そのためには、上司に好かれると同時に、周囲の評判を悪くしないための努力も必要となる。一方で、周囲の無意味な評価に対しては鈍感になる能力も重要である。周囲の評判は自分ではコントロールできない部分もあるからだ。

会社の人は「深刻な事態」ゴッコが大好き
 若い人が、多少重要な仕事を任されたりすると「本当に大丈夫なの?」「失敗するとあとあと大変だよ」などと、わざわざ嫌みを言いに来る人が必ず一定数存在する。実際に口にしないまでも、心の中でそう思っている人は多い。周囲の評判をよくするために、本人がいくら努力しても、こうした人たちをコントールすることは難しい。

 また誰かが仕事に失敗した時など、さも会社がつぶれる一大事であるかのようにふるまう人も多い。新しい事業を立ち上げる時などは「失敗は許されない」「もしうまくいかなかったら部長の顔が立たない」など、任侠映画の一場面かというようなセリフも飛び出したりする。

 このような言動は、大したことがなくてもさも、大げさに振る舞うことで、自身の言動を意味のあるものにしたいという人間の深層心理から来るものだ。

 だが、皆がそのような深層心理を持っているため、大したことないことが、本当に深刻であるかのような雰囲気になってしまう。このような雰囲気は、役所や古い大企業など、変化が少なく、安定的な組織ほど強い。これがブラック企業なら、ヤバいことが日常茶飯事なので、むしろ深刻な事態でも軽く考え過ぎることになってしまう。

 こうした深刻ゲームが飛び交う組織にいると、周囲からの不必要なプレッシャーが常に降りかかってくることになる。これにいちいち反応していては精神的に参ってしまうのだ。

つまらない周囲の評価には鈍感になる必要も
 実際、こうした周囲からのプレッシャーに耐えられず、出世コースからはずれていく人も少なくない。このような無意味でつまらないプレッシャーに屈しないためには、周囲の評判に対して鈍感になる能力も必要となる。

 運悪く左遷されたり、昇進が遅れても、その後めざましい実績を上げて復活を遂げる人がいる。このような人の多くは、周囲からの評判を聞き流す能力に長けている。

 実際、組織におけるこうした深刻な評価は、しばらくすると忘れ去られてしまうことがほとんどだ。皆で深刻ゲームをしているだけなので、より新しい深刻な事態が出現すれば、前のことはどうでもよくなってしまうのだ。

 さらに、この手の深刻な話で、会社が本当に深刻な事態に陥ることなどほとんどない。組織が大きくなればなるほど、個人への依存度は少なくなってくる。自分の仕事が会社の存亡に関わることなどないのだ。

 これは役員になっても同じことである。会社の資金繰りのすべてを社長個人に依存している中小のオーナー企業以外は、状況に大きな差はないのだ。

 だが深刻ゲームにおいては「大したことない」と発言することは絶対タブーである。もしこうした事態に巻き込まれてしまったら、自分は責任の重さを痛感しているという顔をして、時が過ぎるのを待てばよい。

【参考記事】
上司がなぜ出世できたのか考えよ
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sekininkan
出世できる人の責任感とは

 出世できる人は、仕事に対する責任感が強い。だが、責任感という言葉のニュアンスは …

FE054_L
仕事への情熱は人によって違う

 会社内での人間関係や取引先とのトラブルなど仕事には精神的ストレスが付き物である …

bekkimondai74
ベッキー問題から考える、組織での遊泳術

 ベッキー問題がなかなか収束しない。本コラムではいつものことだが、話題になってい …

doryoku220
努力は必ず報われるという話の真偽

 先日、「努力は必ず報われるとは思うな」という明石家さんまの発言がネットで話題に …

jousibunnrui2147
上司を分類して対処法を探る

 これからのサラリーマンは、たとえ会社に勤務していても、自らをひとつの独立した企 …

PHM11_0256
やったもの勝ちというのは本当だ

 「やったもの勝ち」という言葉がある。アンフェアなことであっても先にやってしまっ …

a0002_010614
世代間でコミュニケーションギャップがあることは出世のチャンスだ

 最近、スマホ世代の若者とバブル世代上司で、うまくコミュニケーションが取れないと …

ET058_L
出世の法則は二極化してくる

 これまでの出世の法則は基本的にひとつだった。日本の「カイシャ」の仕組みは、会社 …

dora
ドラッカーを信奉する人は出世できない?

 日本ではなぜかドラッカーが大流行である。日本ではドラッカーは経営学の世界的権威 …

sosikizu2147
指揮・命令系統の仕組みを理解できないと、出世は難しい

 会社というものは、基本的に上下関係で動いている。どんな組織にも、何らかの形で、 …