なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

全力投球しなくなったら出世は終わる

 

 中には運のいい人もいるだろうが、出世した人のほとんどは、入社してからずっと全力投球を続けている。全力投球を続けていると燃え尽き症候群になりそうだが、現実問題として、ひとたび挫折したら立ち直れないくらい全力投球してないと出世は難しいのだ。

背水の陣にしないと本当の力は出ない
 起業家のほとんどが、もし失敗したら一文無しどころか、山のような借金を抱え最後は自己破産するしかなくなるとうプレッシャーの中で事業を行っている。だが成功した起業家の多くが、そのような環境だったからこそ、自分は成功することができたと考えている。

 これは多少精神論的なところもあるが、必ずしもそうとはいえない。経営学の世界でも、こうした厳しい環境が、ビジネスの成功をもたらす重要なカギになっているという点は強く認識されている。つまり、フツーの人が仕事ができるようになるためには、背水の陣に自分を追い込むことがもっとも手っ取り早いのだ。

 もちろんこれはいいことばかりではない。起業家の例でいけば、失敗してしまった起業家に必ず訪れるのが、尋常ではレベルの燃え尽き症候群だといわれている。
 考えてみれば当たり前だが、人生のすべてを捧げたものがなくなってしまったら、そこから立ち直るのは容易なはずがない。だがこのくらい追い込まないと、突出したパワーを出すことは難しいのである。

 もちろん、会社務めのサラリーマンの場合はそこまで重い荷物を背負う必要はない。だが基本的な考え方は同じだ。常に全力投入していないと、人並み以上の仕事を実現することは不可能なのである。

毎日自分を追い立てられる人が出世できる
 会社組織は、入社した瞬間から「手抜きをする」チャンスと言い訳にあふれている。若いうちは若いうちで、仕事の中身がつまらない、意義を見いだせない、面倒な仕事ばかり押しつけられる、といった不満を持ちやすい。実際、つまらない仕事が多く、しかもほとんどの場合、やってもやらなくても結果は同じだったりするから、実際に手抜きをすることはいくらでもできる。

 ある程度昇進しても状況は同じだ。下手にがんばっても、損な役回りだけが押しつけられる、部下ができたのだから少しはラクしたい、出世してもたがが知れているなど、手抜きをする理由には事欠かないのだ。

 だが出世できる人はこのような罠にはハマらない。若いうちから、どんなに意味のない仕事であっても、この仕事に失敗したら自分は終わりだという気概で全力投球している。昇進したら昇進したで、さらに仕事に情熱を傾けているのだ。

 自分に対する厳しさも変わらない。出世できる人は仕事で疲れてもう退社したいという時に、あと一本メールを多く打っておこう、あと1ページ企画書を書き足しておこう、といった具合に、常に自分を追い立る。

 そして必ずこういった「あと少し」を毎日実行している。この積み重ねが、最後には大きな差になってあらわれてくるのだ。

 起業家の場合はリスクもあるが、うまくいった時の利益は莫大だ。だがサラリーマンの場合、そこまで自分を追い込んでも、すぐに得られる利益は対して変わらない。ある意味でもっとも効率の悪い投資なのである。それでも自分を追い込める人こそが、出世候補者なのである。

【参考記事】
書類の準備に手を抜かない人は出世できる
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kansatsu4197
出世する人は話ながら相手を見ている

 人との会話をどのように進めていくのかはビジネスにおいて非常に重要である。仕事が …

wakamono001
時代で人は変わらない

 会社員の世界では、常に「最近の若いヤツは」という話題で持ちきりである。インター …

denwa
出世できない人はなぜかタイミングも悪い

 一生懸命やっているのだが、いつもタイミングが悪くて成果に結びつかない人がいる。 …

a0002_000157
長距離走が得意な人は出世しやすい

 長距離走が得意といっても、実際に1キロを何分で走るかということを言っているわけ …

gatengaiku
出世したければ、なりたい自分になってはいけない

 経営の世界では、マーケティングとブランディングの違いがよく議論の対象となる。マ …

a0055_000577
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その2)

 前回に引き続いて、オヤジ向けのビジネス誌から出世のヒントをつかむコツについて解 …

abeshusho
とうとう年功序列の賃金体系にメス?

 これまで日本の労働市場ではタブーといわれていた年功序列の賃金体系にメスが入る可 …

a0001_008437
成果を評価するのかプロセスを評価するのか?

 自分は努力しているのにまったく評価されないと不満に思うビジネスマンは多い。これ …

FE052_L
部下に人気がないと出世できない?

 年功序列の制度を維持するためには継続的な規模の拡大が必要となるが、もはや多くの …

guntai040
ガバナンスのメカニズムを知れ

 組織で出世しようと思ったら、その会社の出世のルールを知る必要がある。そして、出 …