なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世の糸口はボトルネックにあり

 

 出世するための最良の方法は、自分が務める会社の出世ルールを的確に理解し、出世しやすい人物になることである。
 だが組織の中で規定されている出世のルールと自身の性格が合わない可能性もある。また学歴のように後からでは取り返しのつかない項目が出世のカギとなっている場合もある。そのような時には、どのようにして出世を目指せばよいのだろうか?

交換不可能な人の価値は高い
 会社が求める出世候補の人物像には合致していなくても、ある程度の出世が約束される人もいる。それは、その組織にとってなくてはならない人である。その人がいないと会社の仕事が回らないというような立場になれば、限界はあるが、ある程度の出世は見込むことができるのだ。

 もちろんそういった役回りはそうそうあるわけではない。なぜなら組織の仕事というのは、基本的に交換可能なように設計されているからである。つまりあたなの仕事はいつでも、誰かに取って代わられるものなのである。

 このような話を聞くと面白くないかも知れないが、そのあたりは考え方を変える必要がある。もし会社の業務が特定の従業員だけに依存するようになっていたら、それは会社全体としてあまりにもリスキーである。優秀な会社ほど個人に依存しないような工夫がなされている。つまりいい会社の従業員ほど、その従業員はいてもいなくてもいい存在なのである。

 だがいくら優秀な企業でも、すべての業務を交換可能な状況にできるわけではない。数ある業務の中のいくつかは、ある特定の人でなければこなせないという状況が生まれてしまうのである。出世を狙うビジネスマンは、そこを逆手に取るというわけである。

業務のボトルネックがどこに存在しているのか?
 特定の人にしかできない貴重な仕事はどのようなところに生まれてくるのだろうか?それは業務に生じるボトルネック部分に存在していることが多い。ボトルネックとは、まさに呼んで字のごとく「瓶の首の部分」つまり、業務の流れが滞ってしまう部分のことを指している。

 例えばシステム開発会社では、顧客とのやりとりの部分が大きなボトルネックになることが多い。
 システムに対する顧客の要求はほとんどが過大でかつ曖昧なものだ。その過大で曖昧な要求をそのまま開発部隊に伝えれば「出来ない」という返事が返ってくるに決まっている。だが顧客に「出来ません」ばかり言っていては仕事が進まないのも事実である。

 システム開発の現場では、安請け合いした営業に対して、技術側がそれを拒否して話が進まないという状況というのはよく見られる光景である。
 ここで、顧客を決して怒らせることなく、技術ができないと主張している部分はうまく回避して案件を取ってくるような担当者がいれば、ボトルネックはたちどころに解消されるだろう。

 この役回りをうまく演じてくれる人がいれば、その人はあらゆるチームから引っ張りだことなるはずである。そうなってしまえば、その人は他の人には交換不可能と見なされるようになる。

 こういった事例は小さいことを含めれば社内のあちこちに存在している。出世の正攻法ではないが、このあたりに目を付けるのも一つの戦略といえるだろう。

【参考記事】
苦手はあえて克服するな
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

netuidake
仕事ができないならせめて熱意くらいは見せろ

 会社の中の人材を見渡してみると、仕事の能力と熱意の組み合わせで以下の4つのパタ …

bekkimondai74
ベッキー問題から考える、組織での遊泳術

 ベッキー問題がなかなか収束しない。本コラムではいつものことだが、話題になってい …

PHM11_0151
出世したいなら情報は出し惜しみするな

 組織が大きくなればなるほど情報の重要性が高まってくる。人事異動の前には、ガセネ …

hon
「読書家は出世できない」という話に潜む真実とは?

 最近は本を読む人が減ってきたといわれるが、それでも読書家の人は周りにも一定数存 …

ET060_L
敵を3人作ったら終わり

 本コラムでは、日本の企業社会は前近代的なムラ社会であるという表現をよく用いてい …

GD194_L001
出世にリーダーシップはいらない

 組織の中で上に立つ人にはリーダーシップが必要だとよくいわれる。確かにその通りな …

ET134_L87003
ゴマスリの効果はどれほどか?

 会社の中にはゴマスリが得意な人がいる。一方でゴマスリなど絶対ゴメンだという人も …

sjob
アップルのジョブズ氏に学んではいけない

 アップルのカリスマ経営者であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経 …

a0001_011488
何を言っているのかではなく、誰が言っているのか

 日本社会で生き残るための格言にこういうものがある。「何を言っているのかではなく …

a0001_016709
返事は早い方が出世には断然有利

 出世する人は基本的に返事が早い。 だが幸いなことに、ちょっと工夫をすれば誰でも …