なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世の法則は二極化してくる

 

 これまでの出世の法則は基本的にひとつだった。日本の「カイシャ」の仕組みは、会社によって多少の違いはあるにせよ基本的には同じだったからである。
 だが最近は日本企業やサラリーマンの二極化が進んできている。つまり、グローバル化する企業とガラパゴス化する企業の違いが鮮明になってきているのだ。当然、両者では出世の法則は異なっている。

グローバル化とガラパゴス化の二極化が進む
 社会全体を見ればいわゆるグローバル化と呼ばれる現象が進んでいる。だがグローバル化というのは英語をしゃべったり、海外に出て行くことを意味しているとは限らない。

 日本のような国におけるグローバル化とは、以前まで国内の中小企業から調達してした部品を急にベトナム企業からの調達に切り替えたり、ITの普及でPCスキルがない人が不利になったりすることを意味している。多くの場合、仕事の絶対量が減少するという形で顕在化してくる。

 日本においてグローバル対応するということは、英語をしゃべったり海外進出することよりもむしろ、付加価値がなくなっていくものには固執せず、変化を積極的に受け入れるということを意味している。
 だが困ったことに、社会のグローバル化が進んで、うまくいかなくなる企業が増えてくると、その動きを否定しようという心理が働いてくる。そうなってくると変化を拒み、取れるところから利益を搾り取ろうという方向に社会のベクトルが働くことになる。

 残念ながら現在の日本はそのような状況にある。つまり変化を厭わない少数の企業と、変化を頑なに拒否するその他大勢の企業という二極化が進んでいるのだ。両社における人材登用のメカニズムはまるで異なっている。あなたが、これらのうち、どちらの会社に属しているのかで、出世の方法も変わってくるのである。

ガラパゴス企業でも選別は早期にシフト
 おそらく大多数のサラリーマンが、変化を拒否するガラパゴス系の企業に勤めていると考えられる。グローバル化が進んでいる時代のガラパゴス企業は、逆にガラパゴス化の傾向を強めていく可能性が高い。そのような会社は今後、さらに内向き指向が強くなってくるだろう。

 またガラパゴス系の企業は今後、さらに社内の平均年齢が上がってくることが予想される。日本の年金制度はこのままでは維持が不可能なので、受給開始年齢をどんどん引き上げてくることになるが、それに合わせて定年も65歳から70歳と上がっていくことになる。

 そうなってくると、企業は高齢社員の給料負担を回避するため、早い年齢での選別を強めることになる。順調で出世する人は30代でほぼ決まってくることになるだろう。
 このような会社で出世するためには、そのラインにどのような人が乗りやすいのかを見極め、若いうちからそれに合わせて行動していくことが重要となる。
 つまり社風にトコトン自分を合わせるという努力が必要になってくる。

 一方グローバル系の会社の場合、キャリアパスは複数のラインが選択できる可能性が高い。いわゆるラインとして出世する方法と、専門家として出世する方法である。ただそのような企業は人材の流動化も激しいので、仕事の実績は目に見える形で上げられないと労働市場では不利になるだろう。縁の下の力持ちでしたという理屈は通用しない。

 日本の場合、グローバル化は直接英語とは関係しない述べたが、変化を受け入れる会社は結果的に外国人社員の登用や海外企業との提携には積極的と考えられる。英語はできた方が有利であることは間違いない。

【参考記事】
日本語を理解できる人は意外と少ない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0008_001841000111
上司にベストなタイミングで報告するコツ

 上司への報告が仕事をスムーズにするコツの一つであることは多くの関係者が指摘して …

Image3
伊藤忠が導入した社員朝型化から出世の法則を考える

 大手商社の伊藤忠商事が、社員を朝型化するために、フレックスタイムを事実上廃止し …

a0055_000580
上司は結構疲れている

 上司に気に入られようといろいろ工夫してるが空回りしている人も多い。上司が求めて …

a0001_013658
聞かれるまで意見は言うな

 仕事をしていると、周囲から意見を求められることがある。ある程度昇進してくると、 …

komyunike
コミュニケーション能力は単体のスキルではない

 出世の要件のひとつに高いコミュニケーション能力があることを否定する人はいないだ …

takuhai4211
出世できる人は、仕事に集中しない

 出世できる人は仕事に集中しない。こう書くと多いに誤解されそうである。出世できる …

EY153_L
一流論に騙されるな!

 ビジネス書やキャリア論の世界では、いわゆる「一流論」と呼ばれるものがある。大方 …

a0002_0106001a
年上の部下を持ったらどうするか

 一部の企業ではまだまだ続いている年功序列だが、すでに年功序列が崩れてしまった企 …

a0001_016716
調子に乗りやすい性格は出世にマイナス

 自分の性格を冷静に分析するのは難しい。怒りっぽい性格やシャイな性格は自分でも認 …

shokubamana1112
有休消化にマナーが必要なのかという論争から考える出世のメカニズム

 職場のマナーに関する専門家の指摘がネット上で論争となっている。 有給を取る場合 …