なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

伊藤忠が導入した社員朝型化から出世の法則を考える

 

 大手商社の伊藤忠商事が、社員を朝型化するために、フレックスタイムを事実上廃止し、22時以降の残業を全面禁止するという新しい取り組みを発表した。残業は原則として早朝に行うとしており、早朝の割増賃金を多くするという。朝型にした方が仕事が効率的になるというのがその理由だが、果たしてはこれは効果があるのだろうか?

朝型の方が仕事の効率が高いのか?
 出世する人に朝型が多いというのはよく言われていることである。一般的に会社の中でもっとも順調に出世するタイプの人は、やはり仕事が速い。おそらくこのタイプの人は、朝型だから効率がよいというよりは、仕事が速く効率がよいのでムダに深夜残業する必要がなく、結果的に朝型になっているという方が正しいだろう。

 確かに、仕事が遅く夜中まで残業して、朝ギリギリに出社したものの、午前中はボーっとしているというのでは、出世は望めそうにない。

 一方、それほど仕事が残っているわけではないのに、夜中まで残業している人も多い。これは雰囲気的に先に帰れないからという理由が多いようである。もちろん受動的な表現をすれば雰囲気的に先に帰れないということになるのだろうが、その雰囲気を作っているのはそのチーム全員である。要するに皆、深夜までがんばっていますということを上司にアピールをしたくて残っているということである。

 確かに仕事がバンバンできるというほどでなければ、深夜残業も厭わずやりますという根性をアピールするのが手っ取り早いということになるのかもしれない。結果的にムダに深夜残業をする人が増えるという状況になっているわけだ。

出世を目指すのであれば、会社のシステムに合わせることが最優先
 こうした状況を考えると、全社的に夜残業を禁止して、朝型にシフトさせるという同社の方策は効果があるのかもしれない。ただこれは会社全体として見た場合の話であって、個人が組織で出世できるかという点ではもう少し違った視点が必要となる。

 基本的によほど社内で評価が高い人以外は、組織で形作られている暗黙のルールから逸脱することは許されない。出世しようと思うのであれば、まずそれに従うのが先決ということになる。

 もしあなたの組織が深夜残業を積極的に行う雰囲気であれば、その是非はともかくまずはそれに従った方がよい。逆にそのような雰囲気がない場合には、それに合わせるべきである。

 今回、伊藤忠が勤務時間帯の見直しを行った背景には顧客対応の充実という側面もあるとしている。朝型転換と同時にフレックスタイムの全社一律適用を廃止しているのだ。おそらくフレックスタイムを使う社員が増えすぎて、顧客に迷惑がかかっているという現実があると考えられる。

 フレックスタイム制は米国のように完全成果型の雇用報酬体系であれば非常にうまく機能する。社員は成果さえあげていれば問題ないのでいつ出社しようが退社しようが関係ないからだ(現実には高い成果を上げる社員は米国でも長時間労働しているが・・・)。

 だが日本のように成果によって報酬が決まらないシステムになっていると、フレックスタイムを使った人だけが得をするという状態が起きかねない。日本の組織の場合、権利があるからといってそれを安易に使うと、出世にマイナスとなることもあるので要注意だ。

【参考記事】
始業時間すぐにクソをする人は出世できない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0055_000551
上司が使うマネジメント手法を理解する

 以前の日本企業は、仕事はガムシャラにやればよいというカルチャーが主流でマネジメ …

atodonokurai665
どのくらい時間がかかるの?と聞かれたら

 前回のコラムでは、出世できる人は「時間の作り方」が上手いという話をしたが、時間 …

a0001_016562r
自慢をしていいことはほとんどない

 人はなぜか自慢をしたがるものである。他人の自慢話を聞くのは多くの人にとって苦痛 …

PHM11_0256
やったもの勝ちというのは本当だ

 「やったもの勝ち」という言葉がある。アンフェアなことであっても先にやってしまっ …

wakamono001
時代で人は変わらない

 会社員の世界では、常に「最近の若いヤツは」という話題で持ちきりである。インター …

a0001_011488
何を言っているのかではなく、誰が言っているのか

 日本社会で生き残るための格言にこういうものがある。「何を言っているのかではなく …

PHM11_0170
セクハラが怖いなどと言う人は出世など到底ムリ

 最近はどの会社もコンプライアンス重視で息苦しいといわれる。またセクハラなどへの …

PHM11_0258
アンケート結果から逆算する出世の法則

 日本人の職場に対する考え方は諸外国に比べるとかなり変わっているという。職場に対 …

setsumei4001
出世できる人はまず結論から入る

 上司などに仕事の説明をする機会は多いが、これは上司があなたの能力を評価する場と …

PHM11_0672
リストラされた時の対処方法

 終身雇用の制度が崩壊した今、どんなに優良な企業に勤めていても、会社をリストラさ …