なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

上司と部下は似てくる

 

 多くの人にとってはあまり受け入れたくないかもしれないが、上司と部下は似てくるといわれる。これは企業の人事担当者や人事コンサルタントの中ではよく言われている話である。

上司は自分を映す鏡
 上司と部下が似てくるのは、上司が自分と似たタイプの人材を集める傾向にあるからと思われる。ただ日本の会社の人事は部下の配置も含めて上司の思うとおりにはなかなかならないことが多い。自分の好みの人物だけでチームを固めることは現実的には難しい。

 異なるタイプの人物がいても、上司と部下が似てくるのであれば、やはり部下は上司から大きな影響を受けていると考えるべきであろう。
 特に若いウチはその傾向が強いといわれる。最初に入った会社の最初の上司がもたらす影響は相当なものだといわれている。

 上司と部下が似てくるのだとすると、自分の上司は将来の自分の姿ということになる。
 若いうちは自分がどんなタイプの上司になるのかということについてあまり考えるチャンスはない。だが自分の上司という分かりやすい映し鏡を通せば、自分の将来の姿を想像することができる。自分の上司がどのうようなタイプの人間で、その上司が社内でどう評価されているかを考えることは、自身のキャリア形成にとって重要なことである。

 上司を評価する場合に気をつけなければならないのは、部下から見た上司と、その上の上司から見た上司は異なるという点である。これを間違ってしまうと、そもそものところで視点がズレてしまうので要注意だ。

上司のタイプとあたなのタイプは似ているか?
 上司と人間的な性格もよく似ているのあれば、あなたの将来はまさに今の上司に近いものになる可能性が高い。もし上司が社内でも出世候補といわれ、その上の上司や役員などから期待されている人材であれば、あなたは迷うことなく、その上司のやり方を踏襲していけばよい。

 逆にタイプ的によく似ている上司で、その上司の社内評価が最悪だった場合には、そのままでいくとあたなも同様の立場になってしまう可能性がある。
 その上司の何が悪いのかを徹底的に分析し、自身の行動を変えていった方がよいだろう。

 判断に迷うのは、上司と自分が正反対のタイプの場合である。

 人がそのキャラを変えることは簡単なことではない。できれば自身のキャラはそのままにした方が有利だ。したがって、自分と正反対のキャラを持つ上司の社内評価が高いからといって、それをそのまま真似る必要はない。

 まずは自分と同じタイプの上司が社内にどの程度いて、彼らが社内でどの程度評価されているのかを客観的に把握すべきである。もし同じタイプの上司が大勢いるのなら、その中で出世している人の行動パターンを盗めばよい。逆に自分と同じタイプで出世している人がいないのであれば、現在の上司からはよいところを出来るだけ取り入れるというスタンスで臨めばよいだろう。

【参考記事】
人間関係は相関図を書いて解決しよう
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

atodonokurai665
どのくらい時間がかかるの?と聞かれたら

 前回のコラムでは、出世できる人は「時間の作り方」が上手いという話をしたが、時間 …

yubi001
出世する人は新しい仕事を理解するのが早い

 多くの日本企業が現在でもゼネラリストを重視している。技術系など特殊な例はあるが …

Image8
仕事を速く進めるためには

 仕事のスピードが速いことはビジネスマンにとって非常に重要なことだ。仕事のスピー …

kanpei
飲みに行かないと出世できない?

 最近は社内大宴会という光景はあまり見られなくなってきたが、それでも会社の人と飲 …

a0001_001904
出世したければ、日報・報告書は甘く見るな

 会社によっては、日報や報告書の作成を義務付けているところがある。多くの場合、形 …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

ET196_L
仕事が早いことはいいことだ

 出世できる人の共通の特徴に仕事が早いというものがある。人の2倍長時間労働すれば …

joseihyoushi
オープン化していく社会で出世するためには

 最近発行された学会誌の表紙に掲載された女性のイラストが「女性差別」であると批判 …

consal
超エリートの仕事術は参考にならない?

 ビジネス・スキルや仕事術といった世界では、外資系コンサルタントなどピカピカの経 …

zangyojikan
出世できる人は常に生産性とポートフォリオを考える

 このところ日本企業における残業時間が社会問題になっている。残業問題は社風といっ …