なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

アンケート結果から逆算する出世の法則

 

 日本人の職場に対する考え方は諸外国に比べるとかなり変わっているという。職場に対する不満は賃金などの労働条件ではなく、人間関係や仕事の内容に集中している。特に人間関係に対する執着はかなりのものがあり、多くの人が人間関係でストレスをためていることが想像される。これは組織の中で出世しようとしてる人には重要な情報といえる。

日本人は職場の人間関係を異様に重視している
 リクルートワークス研究所では、転職した理由や仕事に対する価値観などについてユニークな国際比較を行っている。この結果はなかなか興味深いものとなっている。

 転職した人に対するアンケートでは、最初の会社を辞めた理由について、日本以外のほとんどの国の人が賃金に対する不満を最大の理由にあげている。
 だが日本の場合は仕事内容への不満、人間関係など他の理由に分散しているという特徴がある。特に人間関係を退職の理由にあげた人の割合は日本だけが突出して高い。

 仕事をする上での価値観に対するアンケート結果も同様である。諸外国では高い賃金と充実した福利厚生を望む人が圧倒的に多い。だが日本でこれを望む人は4割しかおらず、良好な人間関係を望む人の割合が異常に高い。職場に求めるものとして、明確なキャリアパスと答える人の割合が非常に少ないということも特徴的だ。

 転職前後での給料の変化について、諸外国では「減った」という人は数%しかいないが、日本は3割以上が減ったと答えている。
 総合すると、給料が下がり、条件が悪くなっても、前の職場の人間関係が嫌で転職を決断したという姿が浮かび上がってくる。

社員のほとんどが人間関係に不満を持っているのなら
 職場に不満を持っていても実際に転職する人は少数だから、実際に転職した人の背後には多数の同じ不満を持った社員が存在しているはずである。

 日本の職場では、多くの社員が人間関係に関することで頭の中がいっぱいになっているのである。逆に言えば、その他の条件がどんなに悪くても人間関係さえ良ければとりあえず満足するということになる。
 仕事の価値観に対するアンケートで人間関係に次いで日本人が重視しているのは「自分が希望する仕事内容」ということなのだが、この結果も人間関係と深く関係している可能性が高い。

 これは出世を考えている人にとっては、有益な情報である。出世のライバルとなる多くの社員が、日常的に人間関係や仕事内容で不満を抱えているのである。仕事の中身を選ばず、つまらない人間関係には悩まされないと決断しさえすれば、その人は相対的にかなり有利な立場に立てる。仕事のスキル以前に、ちょっとした価値観一つで有利なレースを戦うことができるのである。

 これは部下を持った時にも応用できる。部下は人間関係さえ良好であれば、それ以外のことには不満を持たない可能性が高い。マネジメントで注力すべき分野がこれほど明確になっていることなどそうそうない。上司にとってこれほどコントロールしやすい組織はないのだ。

【参考記事】
苦手な人はあえて克服するな
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

soudan3571
出世すると時間の使い方が変わる

 出世して役職が上がっていくと、時間の使い方が大きく変わってくる。こうした変化を …

FQ021_L
必殺ジジ殺しは出世の切り札になるのか?

 実業家や起業家の世界には「必殺ジジ殺し」という言葉がある。若い起業家で大成功で …

EQ014_Lgq
子会社や関連会社の出世の法則は変わりつつある

 かつて大企業の子会社や関連会社の人事は非常につまらないものであった。主要役員は …

oboerarenai5563
出世できる人は物事の理解の仕方が違う

 出世できる人とできない人には、物事の学び方に大きな違いがある。この違いは最初は …

GD006_L
社内で誰が出世しているのか見極めろ

 出世するための絶対的な法則というものは存在しない。もちろん一般論として「こうい …

nannde
分かってます症候群の弊害

 プライドが高いと出世にマイナスの影響を与えることが多いことは過去にも指摘した。 …

sodan
報告するタイミングは出世のバロメータ

 以前の記事で、出世のためにはマメに報告が欠かせないということを書いた。  上司 …

a0002_001423
専門性は諸刃の剣

 「日本企業はゼネラリストを重視しているが、諸外国の企業はスペシャリストを重視し …

Image3
伊藤忠が導入した社員朝型化から出世の法則を考える

 大手商社の伊藤忠商事が、社員を朝型化するために、フレックスタイムを事実上廃止し …

sigotosinaiojisan055
仕事をしないオジサンが増えてくるワケ

 このところ、ネット上で会社の中で仕事をせずに、ただ給料をもらっているだけのオジ …