なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

キャリアの複線化は必要か?

 

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人の数は減ってきている。また世の中の変化の動きが速くなっていることから、身につけたスキルが10年後、20年後も生かせるのか定かではない。そのような中で、あらかじめ複数のキャリアを持っておこうというキャリアの複線化という考え方も出てきている。

会社に雇用されることと独立することは根本的に意味が違う
 キャリアの複線化は、社内の人事制度という意味では、専門家としてのラインと管理職としてのラインの二つを用意するという意味になるし、個人のキャリア形成という意味では、現在の仕事とは異なるコミュニティを複数、持っておくことを意味している。

 確かに複数の選択肢があれば、自分にあったパスを選択できるだろうし、いざというときの保険にもなるかもしれない。だが一方で、複数のキャリアを用意しても、下手をするとどれも中途半端に終わってしまうということにもなりかねない。

 キャリアの複線化でよくある勘違いは、会社など組織に雇用される形態のキャリアと、独立して事業を行う形態のキャリアを混同することである。

 仕事の内容が仮に同じであっても、組織に所属して仕事をするために必要になるものと、独立して仕事を行うために必要になるものはまったく異なっている。これを勘違いするととんでもないことになってしまう。

組織で仕事をする場合には、まず雇われることが重要
 組織に雇われず、独立して仕事をするのであれば、結果がすべてである。どんな資格や学歴を持っているかはあまり関係ない。極端な話、有資格者が必要であれば雇えばよいだけだ。
 弁護士のようにその資格を持っていないと業務ができないという法律の縛りがあるもの以外は、すべての勝負はビジネス遂行能力の有無に集約される。ビジネスの能力がある人は、どんな分野でも結果を出せるだろうし、ダメな人はおそらく何をやってもダメである。

 だが会社に雇われて仕事をする場合にはこれとは状況が異なる。実際に仕事で結果を出すことはもちろん重要なのだが、それ以前に「自分を雇っても大丈夫ですよ」というアピールをしなければ、そもそも会社に雇ってもらえないのだ。

 会社の採用責任者は、新しく雇った人がよい成果を上げなければ責任問題になる。これを回避するために、もしダメな人材だったとしても、言い訳ができる余地を残そうと考える。結果として、学歴が高い人や資格を持っている人が優先されることになる。
 学歴や資格が現実的に使い物にならないと言われながらも、これがなくならないのは、皆が責任回避をしたがる組織の習性なのである。

 したがって組織に雇ってもらうためには、よい学歴や資格があるのはもちろん、過去のキャリアも一貫していて分かりやすい方が圧倒的に有利だ。営業一筋という人の方が、営業マンとしては安心感がある。
 
 キャリアの複線化も大事だが、もし従業員という形で会社から雇用される生き方を望んでいるのであれば、むやみに複線化は考えない方がよい。まったく同一の分野にこだわる必要はないが、自分は技術者なのか、営業マンなのか、マネジメントなのかという立ち位置だけははっきりさせておくべきである。

【参考記事】
出世することは夢なのか?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

EG099_L
趣味は出世の妨げになるか?

 一般に趣味を持つことは良いことだとされている。だが趣味が高じて仕事がおろそかに …

a0002_006323445
出世する人は理想の上司など求めない

 多くのビジネスマンが理想的な上司を求めている。筆者も若いサラリーマンだった時代 …

EV096_L
出世しやすいポジションというのはあるのか?

 出世するための条件として重要なのはどんなことだろうか?仕事ができること、上司か …

KURU
冷静さをムリに装う人は出世できない

 冷静であることは基本的によいこととされている。すぐ熱くなるようなタイプは感情に …

hikkosi
出世のためには転勤を受け入れるべきか

 サラリーマンをしていると、必ず突き当たるのが転勤という問題である。出世を考える …

FQ021_L
必殺ジジ殺しは出世の切り札になるのか?

 実業家や起業家の世界には「必殺ジジ殺し」という言葉がある。若い起業家で大成功で …

kg0009d
出世する人は最初から決まっている?

 出世する人は最初から決まっているという説がある。若いときから候補は絞られている …

a0002_003660
上司と部下は似てくる

 多くの人にとってはあまり受け入れたくないかもしれないが、上司と部下は似てくると …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

a0002_008023
不満でも3年はガマンした方が出世には有利

 会社に入ったばかりの新入社員で、理想と現実のギャップにショックを受け、会社を辞 …