なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世する人は怒られたこと自体は気にしない

 

 怒られるのはいい気分ではない。人によっては怒られてしまうと全否定されたような感じになって後に引きずるかもしれない。
 だが出世しようと本気で考えるのであれば、怒られたからといってイチイチ落ち込んでいてはダメである。本コラムでは何度か指摘しているが、会社や上司は自分にとってのクライアント(顧客)であり、怒られたという事実は、顧客からクレームを受けたことと同じなのである。

上司からの叱責はクレームであると考える
 上司などからの叱責をクレームと捉えるならば、その対処には2つの面があると考えられる。ひとつはなぜクレームを受けたのかを分析し、今後そのようなことがないようにするにはどうしたらよいかを考えるという業務改善の側面。もうひとつが、クレームを受けた後の顧客との関係の再構築という側面である。

 顧客からのクレームにはいろいろな種類がある。もっともまずいのは、完全にこちら側に非があり、何度も繰り返しているようだと経営に大きな影響を与えるものである。
 このようなクレームが上司から発せられているようでは、あなたという会社の存亡の危機に関わってくる。なぜそのようなクレームを誘発したのか真剣に理由を考え、改善しなければならない。

 逆にクレームの理由は顧客側にあり、こちらにはまったく非がないものもある。そのようなクレームは、ないに超したことはないが、もし発生してしまったらあきらめるほかない。それが後に影響を及ぼさないよう対応することが最優先課題となる。

 上司からの怒りがこちらに非がないものであれば、気にする必要もないし、それに対していろいろと考えるのは完全に時間の無駄である。関係を悪化させないことだけを考えていればよい。

相手の立場に立った個別の対応が必要
 このほか非はこちら側にあるが、単純ミスなど、どうしても一定回数発生してしまうというクレームもある。これもないに超したことはないが、ある程度は受け入れるしかない。

 上司から怒られてしまったら、まずはその怒り(クレーム)の本質を理解することが重要である。これが理解できないと、その後の対処方法で大きく誤ることになる。

 致命的なクレームの場合には、まず相手との関係の維持に全力をあげる必要がある。
 基本的にこちら側に非があり、相手が怒っているのであれば、多少スジが通っていなくても、まずは誤って相手の怒りを静めることが最優先である。
 十分すぎるくらいに謝った後は、今度はその失敗を二度と繰り返さないためにはどうするのかを誠実に説明する必要がある。

 すぐに説明に移ってもダメだし、ただ謝ってばかりでも相手は怒り出すだろう。あくまでも相手の立場に立って行動する必要がある。ここまでやってようやく一段落である。

 こちら側に非がなく相手が怒っているだけであれば、怒りを静めることだけに集中すればよい。もちろんその失敗を気にする必要はまったくない。

 いずれにせよ、怒られたことで落ち込むことに何のメリットもない。とにかく相手の立場に立って、誠意を持って対応するしかないのだ。

【参考記事】
話は絶対に最後まで聞け
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

SUGOI01
やたらヨイショする人は出世できる?

 やたらと人をヨイショする人がいるが、このような人は出世しやすいのだろうか?   …

a0008_001789
出世したいなら話は自己完結させよ

 出世できる人の話や資料には明確な特徴がある。話や資料の中でストーリーが完全に自 …

soudan3571
出世すると時間の使い方が変わる

 出世して役職が上がっていくと、時間の使い方が大きく変わってくる。こうした変化を …

a1640_000039
出世したければ自己アピールはほどほどに

 自己アピールはひとつのビジネス・スキルといってよいものだが、日本の会社で出世す …

FE067_L
新規事業を考えろと言われたら

 日本は単純な高度成長の時代が完全に終了し、モノやサービスを売ることが年々難しく …

a0002_000157
長距離走が得意な人は出世しやすい

 長距離走が得意といっても、実際に1キロを何分で走るかということを言っているわけ …

kaigisitsu667
出世できる人は場所の選択がうまい

 出世できる人は、状況に応じて場所をうまく使い分ける。顧客との交渉や上司への説明 …

mekakusi5564
出世できない人は他人が見えていない

 出世できない人は、他人が見えていない。もちろん、これは他人の姿が視覚的に見えな …

robot0081
ロボットに仕事を奪われないためには

 出世競争といえば、これまでは人と人の競争だったが、近い将来は、ロボットとも出世 …

a1180_005319
MBAにまつわる大きな誤解

 一時期ほどではないが、MBA(経営学修士)取得を希望する人は少なくない。中には …