なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

ITツールは新しいモノを使え

 

 IT関連商品のサイクルは早い。次々と新製品が登場してくる。若い人は新しい商品に次々に乗り換えていくが、年齢が上がるにしたがって、そのスピードが遅くなってくる。だがパソコンやタブレット、スマホなどのIT機器はできるだけ新しいモノを使っていることが望ましい。ちょっとしたことだが意外に重要だ。

IT機器の進歩など実はたかが知れているが・・・
 ここで「たかがIT機器。常に最新機種にするなんて面倒だ」と言っている人は要注意である。自分の知らないところでマイナス評価がついている可能性がある。

 確かにIT機器を常に最新のものにしておくことは馬鹿げている。多少は世に出てから時間が経過し、枯れた技術になってからの方がバグも少ない。それにそもそもIT機器の進歩などたかが知れている。
 ITの黎明期からITビジネスに関わっている筆者としては、その気持ちはよく分かる。
 現在存在している商品の基本技術の多くは20年前から存在しており、実は目新しいものなど何もないのだ。

 だが一般の人にとってITはまだ未知の技術である。新しいIT機器を持っているだけで印象が違う。中には機器が古いだけで相手を馬鹿にする子供じみた人もいる。
 だが逆に考えれば、このことは強力な武器になる。馬子にも衣装と同じ事で、IT機器という外見を整えるだけで評価が上がるのである。最新の機器を持つだけで一部の人に対して優位に立てるなら、これほど安上がりな話はない。

 また最近の機器は、ITオンチな人に対する話題のきかっけとしても大きな役割を果たすだろう。

直接関係なくてもソーシャル・メディアをネタに営業
 システム開発会社の営業をしているYさんは、ここ1年は営業の現場でソーシャル・メディアの話ばかりしている。もっともYさんが提案営業しているシステムは、古典的な管理業務用システムであり、直接的にソーシャル・メディアと関係のあるものではない。

 だが世の中でこれほどソーシャル・メディアが話題になっていると、顧客企業のシステム担当者もソーシャル・メディアについて強い関心を持つことになる。
 おそらく社内ではシステムにもっとも詳しいと思われているので、あちこちから聞かれるのであろう。

 そこでYさんは、提案するシステムとは直接関係なくても、既存の情報システムとソーシャル・メディアというテーマで資料を作り、複数の顧客を集めては勉強会を主催している。顧客からの評判は上々である。

 顧客企業のある責任者がYさんの会社の重役にそのことを話したことから、Yさんと上司の課長は、自社内でもちょっとした話題になった。

 小さなことだが、Yさんは役員との面識を得ることができたのである。エレベータで会うことがあったら、個人的な会話もすることができるだろう。

 人が知らないテーマについてネタを持っていることは常に有利に働く。たかがIT機器、されどIT機器なのだ。

【参考記事】
苦手な人はあえて克服するな
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_000157
長距離走が得意な人は出世しやすい

 長距離走が得意といっても、実際に1キロを何分で走るかということを言っているわけ …

a0002_0106001a
年上の部下を持ったらどうするか

 一部の企業ではまだまだ続いている年功序列だが、すでに年功序列が崩れてしまった企 …

0001
バブル上司など操るのは簡単

 バブル経済の真っ最中に学生時代を過ごした世代が、社内でそれなりの立場に昇進する …

Image2
職務経歴書を書いてみよう

 世の中では、キャリアパスを描こうとか、キャリアプランニングを実施しようなど、自 …

newton
時代の変化を知る方法

 同じ会社で出世を目指すにしろ、転職でキャリアアップを目指すにしろ、時代の変化を …

tsumaranai001
出世したいならつまらない人間になれ

 あなたの会社ではどのような人が出世しているだろうか?会社によって出世しやすい人 …

kouritsuka4597
出世できる人は効率化を考えない

 「効率化」は魔法のキーワードである。効率化を求めることは絶対的にいいことであり …

a0001_016716
調子に乗りやすい性格は出世にマイナス

 自分の性格を冷静に分析するのは難しい。怒りっぽい性格やシャイな性格は自分でも認 …

putin008
プーチン大統領に見る交渉術

 先日、欧州における地政学的な関係を大きく変化させる合意がロシアと中国との間で締 …

ER074_L
知恵よりも知識が重要

 前回は東大話法について述べたが、今回もその延長線上の話題である。  日本では知 …