なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

曖昧上司にあたってしまったら

 

 何事にも曖昧な上司の下で苦労しているビジネスマンは多い。曖昧にしか指示をしない上司に限って、上司としての責任をとらないので下の人は大変である。
 時にはやってられないと思うこともあるだろうが、本気で出世を考えているならネガティブなことを考えても意味がない。ここでは発想の転換が必要だ。曖昧なダメ上司は自分の能力を鍛えるための修行の場と認識しよう。

きちんと指示ができない上司もたくさん存在する
 ストレートに言ってしまうと曖昧な指示しか出せない上司は職務遂行能力が低い。だが会社の中や顧客には、このような人も大勢いる。つまり皆が能力のある人の集まりではないのだ。たまたまダメ上司にあたってしまうと直接的な影響を受けてしまうために不満も大きくなるが、多かれ少なかれ、このような困った人の存在は常につきまとう問題である。

 このような能力のない人の下にいると、そのとばっちりを受けて、自分の評価も下がってしまう可能性がある。
 だが上司や顧客の担当者が誰になるのかは自分自身では選ぶことができない。出世するためには、ダメ上司とうまくつきあいながら、きっちりと自分の成果は上げていく知恵が必要なのだ。

 どんな種類のものであれ仕事のキモはその内容と時間である。いつまでに何をどのように実施するのか?これについて明確に指示できるかどうかにかかっている。

 曖昧にしか仕事の指示を出せない上司は、基本的にこのすべてがダメである。内容の説明は的確なのに、締め切りの指示が曖昧などということはないのだ。ダメ上司に限って、適当な内容の仕事を「出来たらやっておいて」などと指示し、自分が望む期限までに出来ていないと「何で出来ていないんだ」と騒ぎ出す。

ダメ上司は最大のトレーニング・チャンス
 曖昧な指示を出す上司は、部下に仕事を指示する段階で、本人もその仕事の内容や重要度、最終的な締め切り時間をきちんと把握していない。このためきちんと指示を出すことができず、自分が必要になった時点で準備が出来ていないと癇癪を起こす。

 これに対応するためには、上司が今どんな状況にあるのか把握するとともに、上司の行動パターンを徹底的に分析するしかない。

 上司の上にはさらに上司がいる。上司もあなたと同じように、曖昧な上司から突然仕事をせっつかれているかもしれない。

 上司が同僚やその上の上司とのどのようなやりとりをしているのかは注意していればおおよその見当はつく。その状況からシナリオを立て、上司がいつ頃に何を言ってきそうかについて、予測を行うのだ。

 また上司が必要としている仕事の内容がどのようなものなのかもある程度推測しておく。

 あいまいな指示を出されたら、こういう形でよいでしょうか?と予測した内容を質問という形で打診して、上司の頭の中を整理させるのである。
 
 曖昧なダメ上司で日々トレーニングしていれば、普通の上司に代わった時には、かなり気を回すことができる部下になっているはずだ。
 もしトレーニングがあまりうまくいかなくても、それほど心配する必要はない。そのような上司は出世してもせいぜい中間管理職止まりである。ずっとついて行ける上司ではないのだ。そのくらいの割り切りも必要である。

【参考記事】
部下に人気がないと出世できない?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sekininkan
出世できる人の責任感とは

 出世できる人は、仕事に対する責任感が強い。だが、責任感という言葉のニュアンスは …

FE024_L
出世するほど仕事が面白くなるのは本当か?

 出世すると会社の仕事が面白くなるといわれているが、それは本当である。特に管理職 …

EQ014_Lgq
子会社や関連会社の出世の法則は変わりつつある

 かつて大企業の子会社や関連会社の人事は非常につまらないものであった。主要役員は …

coffee
コミュニケーションを取らない人は出世できない

 どんな会社や組織であれ、人とスムーズにコミュニケーションを取ることは出世の必須 …

a0002_000474
知識はお金で買えるが知恵はお金では買えない

 仕事をうまくこなしていくには、知識と知恵の両方が必要となる。いくら知識があって …

mensetu
転職先でまず気を付けるべきこと

 前回は出世と転職の全般的なことについて書いた。今回はより具体的に、転職先で出世 …

hikkosi
出世のためには転勤を受け入れるべきか

 サラリーマンをしていると、必ず突き当たるのが転勤という問題である。出世を考える …

mekakusi5564
出世できない人は他人が見えていない

 出世できない人は、他人が見えていない。もちろん、これは他人の姿が視覚的に見えな …

考えるビジネスマン01
話がダラダラと長い人は要注意

 話が長い人をよく見かける。話が長くなる理由にはいくつかあるのだが、いずれの理由 …

HENSA
企業で学歴が重視されるわけ

 日本の会社では学歴を重視する風潮が強い。社歴が古い大企業などではその傾向が顕著 …