なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

冷静さをムリに装う人は出世できない

 

 冷静であることは基本的によいこととされている。すぐ熱くなるようなタイプは感情に流されるのでよい決断ができないとうわけである。

 またリーダーとしても、常に落ち着いて、まわりにいる人物をしっかりと統率できる能力が重要とされている。

 もちろん人間は冷静であるに越したことはない。だが感情に流されてしまうのもこれまた人間である。人間である以上、感情を100%コントロールすることは難しい。

 冷静であることについてあまりにも意識しるぎると逆効果になってしまい、出世にもマイナスになることがある。ムリに冷静さを装うのは避けた方がよい。
 普段は大して影響はないのだが、めったにはおきない非常事態が発生したときなどに致命的なダメージを受けることがあるからだ。

冷静な人格者で通っていたAさんが見せた醜態
 3.11の大地震では、多くの会社がまさに非常事態となった。

 ある物流会社では、東北地方の拠点が震災で機能不全となったため、全国レベルでロジスティクスの再構築をする必要に迫られた。

 従業員の安否確認、施設の被害状況の確認、道路や鉄道の復旧状況の確認、他の拠点からの人員異動、資材の確保、資金の手当てなど、とにかく矢継ぎ早に施策を繰り出さなければならない。しかも情報が錯綜し、日々刻々と状況が変化していく。

 災害対策本部の責任者となったA氏は、社内では冷静な人物ということで通っていた。

 言葉も慎重に選んで話し、部下を厳しく叱責することもほとんどなかった。いわゆる人格者である。

 ところが、このAさんが災害対策本部において完全な機能不全を起こしてしまった。

 Aさんは常々、人の話をじっくり聞き、自分なりに考え、言葉を選らんで指示を出していた。
 だが、大混乱を起こしている災害対策本部では、1時間前に聞いた報告がまったくウソだったり、状況が180度変化しているなどというのはザラであった。

 また部下への指示も、ひとつひとつ出していたのではまったく間に合わない。おおざっぱな予測をもとに2~3つの仕事を同時に指示し、うまく機能しそうなものだけを継続させ、あとは思い切って捨てる、といった多少乱暴なことをやらないと業務が進まなかったのである。
 
 このような環境においては、Aさんはまったくの無能な人物であった。Aさんが話を聞いて、考えている間に次の報告や要望が次々と寄せられてくる。Aさんはパニックを起こし、呆然と立ち尽くすしかなかったのである。

指揮官のバイブルが教える間違った指示を出すより悪いこと
 結局災害対策本部の指揮は、少々強引で先走りするが実行力があるといわれていたUさんが引き継ぎ、何とか初動対策を進めることができた。

旧日本陸軍指揮官のバイブル

 非常事態でうまく仕事が進められないことはある程度やむを得ないことかもしれない。

 だがAさんは、冷静な人格者というイメージが強かったため「実は仕事が出来ない人だった」という強烈なイメージが出来てしまった。
 震災対応が一段落してから行われた人事異動でとうとうAさんは出世コースからはずされてしまった。

 旧日本陸軍には「作戦要務令」という書物があった。まさに現場リーダーのバイブル的書籍で、士官候補生は一字一句漏らさぬほどに熟読暗記していたという。
 その作戦要務令のもっとも大事な一節は以下の通りである。

 「為さざると遅疑するとは、指揮官の最も戒むべき所とす。是此の両者の軍隊を危殆に陥らしむること、其の方法を誤るよりも更に甚だしきものあればなり」

 何もしなかったり、判断が遅れてしまうことは、間違った指示を出すよりもはるかに致命的な問題であるという意味だ。Aさんはまさに、「遅疑」したうえに「為さざる」指揮官だったのである。

事前のイメージが良すぎると反動も大きい
 自分を異なったイメージに演出することは不可能ではないが、完全に演じきることは実は極めて難しい。

 筆者はコンサルタントという職業柄、かなり厳しい局面に追い込まれたビジネスマンをたくさん見てきている。本当の修羅場に遭遇すると、普段冷静そうにしている人の多くが取り乱し、醜態をさらすというのが現実なのだ。

 要するによほどタフな人でない限り、いついかなる時も冷静でいるというのはムリだと思った方がよい。
 冷静なイメージの人が取り乱した時のマイナスイメージは計り知れないほど大きいことを考えると、普段からムリして冷静そうに振舞うのはあまり得策とはいえなさそうだ。

 自分のキャラからはあまり逸脱しない方がよいのだ。

【参考記事】
出世する人はメシを食うのが早いというのは本当か?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

itabasami4001
メッセンジャーボーイにはなるな

 会社の仕事で板挟みになるケースは多い。上司と取引先や、他の部署の上司と自分の上 …

ryokoujihi
出世できる人は自分への投資が上手い

 仕事で成果を上げる人は自分の投資に積極的といわれる。自分への投資というと、資格 …

baransusito6541
自分のバランスシートを理解することは出世の早道

 単純に仕事ができたり、コミュニケーション能力があるだけでは、それを確実に出世に …

FQ033_L
これからは一生働くことを前提にキャリアを考える必要がある

 希望の持てない話で恐縮だが、多くの人が知っているとおり、日本の年金は制度維持が …

soudan3571
出世すると時間の使い方が変わる

 出世して役職が上がっていくと、時間の使い方が大きく変わってくる。こうした変化を …

sonnakoto
真っ先に「でも」と反論するのは最悪パターン

 出世できない人に共通の特徴というものがあるが、その中でも最強の部類に入るのがこ …

a0001_017136
無表情な相手への対処方法

 上司であれ、部下であれ、また取引先であれ、無表情な相手は対応に苦慮するものであ …

EL097_L
全力投球しなくなったら出世は終わる

 中には運のいい人もいるだろうが、出世した人のほとんどは、入社してからずっと全力 …

soutaihyouka1001
絶対評価よりも相対評価が重要

 出世とは組織の中で立場を上げていくことである。出世するためには、組織の中での相 …

yamamotoiso001
山本五十六の名言を出世にどう応用するか?

 「やってみせ、いって聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」というのは …