なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は他人に仕事を任せるのが上手いというのは本当か?

 

 仕事術的なことを解説した書籍などでは、チームのメンバーを信じて仕事を任せることが重要とよく書いてある。組織の中で仕事をうまくこなしていくためには、他人を上手く使うことが重要であることは間違いない。チームで仕事をしている以上、その構成員をうまく活用できなければ、高い成果を上げることはできないはずだ。
 だが仕事はなんでも人にまかせればよいというものではない。出世する人は、このあたりのホンネとタテマエを上手く区別している。

仕事がデキる人ほど自分で仕事をする
 出世する人ほど実は多くの仕事を自分でハンドリングしている。人の能力に敬意を払い、仕事をうまく任せているというのは建前であって、ホンネでは仕事の重要な部分は決して人に任せたくないと思っている。

 これは当たり前の話であって、出世しようと思うなら、基本的に仕事の重要な部分は決して他人に渡してはならない。

 もし上司が部下よりも仕事ができるのであれば、基本的にはすべての仕事を上司がこなした方が上手くいくに決まっているのだ。
 だが現実問題としてすべての仕事を自分でこなすことは不可能であり、その問題を解決するために部下が存在している。

 マネジメントが上手な人は、どうでもよい仕事を他人に任せ、自分はより重要な仕事に集中するという環境構築に長けている。メンバーの才能を上手に生かしているように見えて、実は仕事を一人占めしているのだ。

 どうでもよい仕事を振られる人にとっては、あまり愉快な話ではないが、これが現実である。仕事を任せることが重要という説明は、どちらかというと仕事を任される人がそうあって欲しいと考える願望のようなものである。

どうでもよい仕事をいい気分で実行してもらう
 部下も人間なので「この仕事はどうでもいい仕事です」といわれてヤル気が出るわけがない。マネジメントが上手く、出世できる人はこのあたりのコントロールが非常に上手だ。

 他人に仕事を依頼する際には「あなたしか頼める人はいない」というプレミア感を強調することが重要である。多少ウソ臭くても、真顔でそれを言われると不思議なもので人間は「そうかな」と思えてくる。

 上司が部下に仕事を頼む際に「どうせ暇でしょ」といって指示をする人がいる。部下との人間関係がきっちりできていればまったく問題ないし、むしろ信頼関係を再確認できる行為かもしれないが、人間関係とはそうそう簡単に出来上がるものではない。自分が思っているほど部下との関係が出来ていないケースは案外多く、そんな環境でこのセリフを吐けば反感を持たれるだけである。

 その仕事を依頼する目的や、依頼した相手を選んだ理由を大袈裟に説明する方がはるかに効果が高い。近年、価値観の多様化が進んでおり、同じ感覚を持った人ばかりが職場にいるとは限らなくなっている。表現はできるだけ汎用性の高いものがよい。

 だが仕事を人に頼む理由は、あくまで自分でこなすには時間的に難しいからであり、他人に高い成果を期待してのことではない。他人に依頼した仕事を管理するための基本的な考え方は、あくまでミスがないかを監視するという冷徹なものであるべきだ。

【参考記事】
自分で考えて解決する習慣を付けろ
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

joseihyoushi
オープン化していく社会で出世するためには

 最近発行された学会誌の表紙に掲載された女性のイラストが「女性差別」であると批判 …

ET134_L87003
ゴマスリの効果はどれほどか?

 会社の中にはゴマスリが得意な人がいる。一方でゴマスリなど絶対ゴメンだという人も …

a0055_000585
上司から注意された場合の対処法

 職場で仕事をしていれば上司から注意されることもある。中には不当な内容の注意も多 …

mekakusi5564
出世できない人は他人が見えていない

 出世できない人は、他人が見えていない。もちろん、これは他人の姿が視覚的に見えな …

a0003_001916
曖昧上司にあたってしまったら

 何事にも曖昧な上司の下で苦労しているビジネスマンは多い。曖昧にしか指示をしない …

118g5rgk003
出世できる人は、自分と人は違うということを知っている

 仕事ができるのに出世できないという人は意外と多い。そうなってしまう理由は様々な …

00001
出世する人の読書術

 以前このコラムで「読書家は出世できないという話に潜む真実」という記事を書いた。 …

ED181_L
無意味な事務手続きを甘く見るな

 会社の組織は膨大な実務手続きの集合体で出来ている。組織が大きくなってくると、事 …

keiken001
経験から学べる人と学べない人

 愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶというのは、かつてのドイツの宰相ビスマル …

MAIL
誰が出世するのかを見極める方法

 会社の中で誰が出世するのか分かれば、いろいろと便利だ。もちろん自分がその対象な …