なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

日本語を理解できる人は意外と少ない

 

 日本語を話す日本人なのに日本語を理解できないとは変な話だが、表題に書いてあることは真実である。他人がしゃべっている内容や文章に書いてあることを、的確に理解できる人は非常に少ない。大方の人は、その内容をきちんと理解できていないと思った方がよい。
 これは冗談ではない。多くの人は日本語を理解できていないという事実を知っているのといないのとでは、出世に大きく影響してくるのだ。

読者は文書に書いてある結論とは逆の理解をしていた
 ある企業の研修会でのこと。講師がエッセイを参加者に配り、参加者はその内容を読んだ。エッセイには、技術が進歩したことでかえって不便になったケースや遺伝子組み換え食品の問題などが書いてあった。

 参加者が一通り読み終わった頃を見計らって講師が「このエッセイで筆者は何と主張していますか?」と参加者に尋ねた。
 参加者の多くが「技術の発展は人間社会に多くの弊害をもたらすので、科学に頼りすぎるのはよくない」という趣旨の回答を行った。

 だがそのエッセイの最後の方にはハッキリと「技術を生み出すのは人間であり、決して人間は技術に負けてはいけない」とまったく逆のことが書いてあった。だがそれを理解した人は参加者の2割程度であった。

 このことは何を示しているだろうか?文章や人の説明について、論旨として理解する人はほとんどいないという事実である。人は基本的にキーワードしか頭に入れない。キーワードから連想される結論というものが決まっていて、その逆のことが書いてあっても、それは目に入らないのである。

話の9割はキーワードで決まってしまう
 会社において、他人に何かを伝えたり、文書で連絡をする際には、そのことをしっかりと頭に入れておく必要がある。極端な話、書いてある中身はほとんど理解されない可能性があるのだ。

 他人とのコミュニケーションを的確に行うためには、まずキーワードの選定に細心の注意を払う必要がある。
 いくら結論や論旨が明確であっても、それを連想させるキーワードが入っていないと、他人はそれを理解できない。意図を伝えるための第一歩はキーワード選びなのである。
 キーワードを的確に選定し相手におおよそのイメージを伝えた上で、論旨を展開すれば相手の理解度も高まるだろう。

 部下に注意する際などには特に注意が必要だ。キーワードを選び過ぎてしまうと、相手は注意されたと認識しない可能性がある。ある程度は叱責しているというイメージを作ることが重要だ。

 あまりお勧めできないが、中にはこの方法を悪用している人もいる。相手が喜ぶようなキーワードをちりばめておいて、文章の論旨は相手の責任を問う内容の文書をあえて作成するのである。一見、批判したり責任を問う内容にはなっていないので、気付かない人はその文書をスルーしてしまう。だが、最終的には誰かを陥れるための文書として活用されてしまうという仕組みだ。

 話は脱線するが、ネットの世界では絵文字が普及している。年配者は絵文字に眉をひそめるが、その批判は間違っている。年配者であれ、実は文書をきちんと理解できている人は少数派なのだ。文書を的確に理解できない人にとっては、むしろ絵文字の方が誤解がない分マシなのかもしれない。

【参考記事】
タクシーで住所を告げる人は出世できない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_002133
書類の準備に手を抜かない人は出世できる

 会社では会議の書類や稟議書など多くの書類を取り扱う。これらの書類をそろえるのは …

taifushussha1367
台風での出社をめぐる是非。根底にある話はなぜか皆、無視している

 台風10号の通過によって、多くの地域で交通網が混乱する結果となった。毎度のこと …

motibeshon3697
出世のモチベーションをどう維持するか

 出世競争は長距離走のようなものである。ある瞬間だけよい成果を上げればよいという …

a0001_013651
出世する人を最初から決める会社、決めない会社

 会社にはそれぞれ出世のルールというものがある。それは皆が知っている明確なものも …

tatibanashi554
出世できる人は2回目を大事にする

 会社の上司や顧客などに自分を売り込むことは出世において非常に重要な意味を持つ。 …

rakii
上に行けば行くほどケツの穴は小さいと思え

 会社のトップともなれば、人物も大きくて包容力があると思いたいところだが、現実に …

hitotososiki6740
人を動かすことと組織を動かすことは違う

 ある程度、組織の中での役職が上がってくると、物事に対する見方というものも変えて …

PHM11_0272
苦手な人はあえて克服するな

 会社の中には必ず2~3人くらいは苦手な人というのがいるものだ。自分が苦手とする …

sochoshussha
新人は朝早く来るべきというコラムが波紋を呼んでいるが・・・

 新入社員はなるべく朝早く来た方がよいという大学准教授のコラムが波紋を呼んでいる …

a0002_010614
世代間でコミュニケーションギャップがあることは出世のチャンスだ

 最近、スマホ世代の若者とバブル世代上司で、うまくコミュニケーションが取れないと …