なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

成果を評価するのかプロセスを評価するのか?

 

 自分は努力しているのにまったく評価されないと不満に思うビジネスマンは多い。これに対するもっとも極端な反論は、仕事は結果がすべてなので、努力しているかどうかはまったく関係がない、というものだ。確かにこの話は正論ではあるのだが100%真実とはいえない。成果がすべてと思われている会社でも、実はそうではない面が多々あるからだ。

成果主義といっても実はそうでもない
 完全実力本位といっても、「成果がすべて」なのではなく、成果が出るやり方がある程度決まっていて、そのやり方をきちっと実践しているのかを含めて評価する、というところが多い。

 中には完全に独創的な手段でとてつもない成果を上げる人もいるが、ごく稀なケースである。ほとんどの仕事では、成果が出るやり方というのが、日々の業務の中でパターン化されている。そして成果を出している人の多くは、そのパターンをきっちりと踏襲している。

 自分の努力が評価されていないと考える人の多くが、会社で求められている仕事のやり方をこなしていないことが多いのだ。
 会社にしてみれば、確実に成果がでると分かっている方法を取り入れない人よりは、その方法を積極的に取り入れる人の方が好ましい人物ということになる。

 もし2人が同じ成果であるならば、会社で求められているパターンをしっかり守る人の方が評価される。場合によってはあまり成果が伴っていなくても、高評価を得ることができるかもしれない。努力が評価されないと思う人は、自分が行っている努力の種類がズレている可能性があるのだ。

自分の努力は本当に努力なのか?
 たとえば営業の仕事では、新規顧客の開拓よりも既存顧客のフォローを会社としては優先しているのかもしれない。そのような環境で一生懸命新規顧客を開拓しても、上司から評価されることはないだろう。たとえ新規顧客開拓の方が難易度が高いとしてもだ。

 開発の仕事では、顧客からの満足度が高い製品をもっとも重視しているのかもしれない。そのような中で、開発者が画期的と思っていても顧客が喜ばないものばかり作っていたのでは、その努力は会社として評価の対象外になってしまう。

 努力が評価されていないと感じている人は、会社として求められているものが何なのかをもう一度考えてみた方がよい。

 自分が思っている努力とは、自分が取り組みたいことであって、業績を上げるために必要なことではないかもしれないのだ。自分がしたいことと、すべきことを、努力という言葉ですり替えてはダメである。

 多くの会社では、会社が求める努力をしていれば、その上で成果を出した人にはかなわないかもしれないが、それなりの評価は得られるはずである。

 成果主義といわれる会社でもある程度はプロセスが重要であることを考えると、成果主義ではない会社においては、その傾向はさらに顕著になる。
 プロセス重視は社歴の古い会社に多いが、このような会社でプロセスを守る努力をしていない社員は、まったくといってよいほど評価されないだろう。

【参考記事】
裏切られないためにはどうしたらよいか
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

mekakusi5564
出世できない人は他人が見えていない

 出世できない人は、他人が見えていない。もちろん、これは他人の姿が視覚的に見えな …

sonnakoto
真っ先に「でも」と反論するのは最悪パターン

 出世できない人に共通の特徴というものがあるが、その中でも最強の部類に入るのがこ …

FE024_L
出世するほど仕事が面白くなるのは本当か?

 出世すると会社の仕事が面白くなるといわれているが、それは本当である。特に管理職 …

Image4
出世する人は感情のコントロールが上手い

 会社で働いているといろいろと不愉快なことが起こる。時にはどうにも我慢ならないよ …

ES120_L01
グルメの方が出世できる

 グルメの人は出世に有利である。いろいろなお店をバランスよく知っていることは仕事 …

ET057_Lq
チームワークを主導できることは出世の早道

 日本企業は集団での業務を得意としているが、欧米企業は個人プレーで成果主義。世間 …

gyoumusiji
出世できる人は仕事の指示が、とことんまで具体的だ

 出世できる人の多くは仕事ができる人だが、仕事のできるできないにもいろいろなパタ …

ekkenkoui3217
出世できる人は、よい意味で越権行為が上手

 組織で仕事をする上では、自分の職責の範囲を出ないことは極めて重要なことである。 …

wakamono001
時代で人は変わらない

 会社員の世界では、常に「最近の若いヤツは」という話題で持ちきりである。インター …

GD173_L
会社の言う求められる人物像は疑ってかかれ

 経済誌などでは企業トップが、これからはどんな人材が企業で求められるかというテー …