なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

たまに大きな成果を上げるより、常にまずまずの成果を

 

 たまに大きな成果を上げる人と、常にまずまずの成果を上げる人ではどちらが出世しやすいだろうか?評価が高く出世しやすいのは、常にまずまずの成果を上げる人である。
 会社での評価は決して合理的に決まるものではない。かなりの部分がイメージに左右される。このことを忘れてはならない。

自分の方が仕事ができるのにライバルよりも高く評価されない理由
 食品メーカーのマーケティング部門に勤めるKさんは、同僚のCさんとライバル関係にある。Cさんは知識も豊富で周囲から仕事ができる人と思われている。Kさんもまずまずな評価だが、やはり全体の評価ではCさんにはかなわないという状況だ。

 Kさんは常にそれを不満に思っており、Cさんを追い抜こうと努力を続けていた。Cさんにしてみれば、Kさんは確かにいろいろと知識はあるが、マーケティングという仕事については自分の方がその本質をよく理解していると思っている。

 Cさんはいくつかの商品立ち上げプロジェクトをうまく進めることに成功し、自分としては、いい成果を上げたと評価していた。何よりポジションニングが難しいといわれていた商品のコンセプトをうまくまとめ、十分に利益の出る水準まで販売数を伸ばすことができたのは、マーケティング担当者として重要なことだと感じていたのである。
 Kさんはこの仕事はCさんでは絶対にまとめることができなかったと確信している。

 だが部門内の評価はやはりCさんの方が上だった。評価が高いCさんは規模が大きく失敗する可能性が少ない仕事をまかされ、着実に成果を上げていく。おそらくCさんが最も早く昇進することになるだろう。

 Kさんは何が悪いのだろうか?それはKさんが会社での評価の仕組みを根本的に理解していないことである。

会社の評価は小学校や中学校と同レベル
 Kさんは多くの人が合理的に評価をするはずだと考えており、それが最大の間違いといえる。会社での評価など、小学校や中学校での人物評価と大して変わらないのが実態なのだ。

 昔のことを思い出してほしい。常に勉強のできる(と思われている)子は一回くらい悪い点を取っても、たまたま悪かったのだとしか思われない。逆に普段それほど目立たない子が100点を取ってもその時は驚かれるかもしれないが、皆、たまたまだとしか思っていない。

 スポーツでも同じだ。スポーツが苦手というイメージのある人が、ある種目でいい成績を残しても、周囲はそのように認識をしない。逆にスポーツが得意というイメージのある人は、多少ダメなところがあっても、そのことは印象に残らないないのである。
 つまり実際にデキるかデキないかではなく、デキると思われることが何より重要なのだ。

 大人になった会社という組織に変わったからといって、突然人が、冷静で合理的な判断ができるようになるわけではない。仕事ができるできないは、常日頃どのようなイメージで見られているのかでほとんどが決まってしまうのだ。
 普段のイメージが平均的という人は、いくつか突出した成果を出したとしても、それは多くの人の記憶には残らないと思った方がよい。

 仕事ができる人と思われるためには、あまり重要ではない仕事であっても、常に一定以上の成果を上げ、仕事ができる人というイメージを作っておくことが極めて重要なのである。

【参考記事】
出世する人怒られ方が上手い
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

bunkipurezen
出世できる人は何十通りもの方法を考えている

 出世する方法には様々なものがある。その中には自分の思い込みだったりするものもあ …

ryoushusho9761
舛添知事問題。出世したければ、経費には手を付けるな

 舛添要一東京都知事の経費問題がクローブアップされている。経費をふんだんに使える …

a0001_001835
学歴重視の会社で出世する方法

 いうまでもないことだが、日本には学歴重視の会社が多い。国立大学卒や有名私立大学 …

a0002_002253
上司がなぜ出世できたのか考えよ

 サラリーマンとして組織で仕事をする以上、会社からの評価は100%受け入れなけれ …

0001
成果主義はなぜ定着しないのか?

 日本の企業で成果主義という言葉が使われ出してから久しい。一時は多くの会社で成果 …

hikkosi
出世のためには転勤を受け入れるべきか

 サラリーマンをしていると、必ず突き当たるのが転勤という問題である。出世を考える …

tamatuska55
ローソン新社長の玉塚氏に見る出世の法則

 ローソンは、現CEOの新浪剛史氏の後任として、玉塚元一最高執行責任者(COO) …

shanaieigyou0441
得意分野にこだわりすぎない方がよい

 アベノミクスで景気が持ち直しているといわれているが、企業の経営環境は決して良好 …

fresher02
新入社員の意識にみる出世のカギ

 新入社員はまだ社会人になったばかりなので、それまでの生活とビジネスマンとしての …

FE021_L
誰にアピールすればよいのか?

 組織で出世するためには、誰かの「押し」がなければダメだ。営業職など数字がモノを …