なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

常に本気を出すことが出世の早道

 

 もし会社で出世しようと思ったら、常に本気を出すべきである。会社の仕事にはくだらないものも多く、時々馬鹿らしくなるかもしれない。だが出世する人はどんな仕事でも決して手を抜かない。周囲には「まったくやってられないよね」という言い方をしていても、内実は常に本気モードなのだ。

重要な仕事は皆が一生懸命なので差が付かない
 比較的重要な仕事を一生懸命やるのはある意味で当たり前である。よほどダラダラと仕事をする人以外は、大事な仕事なら全力投球するだろう。

 だが大事な仕事は皆が全力投球するので、あまり大きな差がつきにくい。現実に差がつくのは、皆が全力投球しないあまり重要ではない仕事だったりする。
 重要でない仕事は多くの人が手を抜くが、その仕事の責任者にしてみれば、それは大事な仕事である。自分が担当する仕事を丁寧にこなしてくれた人の評価は当然高くなる。

 繊維メーカーの営業部に勤務するCさんは、営業マンとしても優秀だが、社内の関係部署とのやり取りにも高い能力を発揮し、それを出世に結びつけている。
 一般に営業部門のような外部に顧客を持つ部署の場合、社内の手続きなどについてはおろそかになりがちである。
 営業の人間は会社の屋台骨という意識が強く、社内の管理部門は営業に合わせて仕事をすべきだと考えている人も多い。仕事の進め方などでムチャを言うことも多いのだ。

 だがCさんは自身の営業の仕事と同じくらい、管理部門との調整にも気を配っている。このため管理部門におけるCさんの評判は非常に高い。

昇進の決め手は意外なところに存在している
 営業部門の評価は、基本的に営業成績で決まるので、通常の状態であれば、社内での評判が評価に大きな影響を及ぼすことはない。だがいざ昇進となると話は別である。

 営業部門から新しいプロジェクトへの抜擢人事が行われることになり、Cさんはそこのメンバーに選抜された。
 同じ部署でCさんと同じくらい営業成績を上げていたJさんは残念がら選抜されなかった。決め手になったのは他の部署の評判である。

 新プロジェクトの責任者は、候補になった人物についていろいろな部署にヒアリングをしたが、Cさんの評価は突出して高かったのである。

 同じ営業成績なら、周囲の部署の評判が高い方が選ばれることになる。すべてに全力投球してきたCさんの努力はこのような形で報われることになった。

 誰を昇進させるのかという決め手はいろいろあるが、直属の上司の評価が高いことと、周辺からの評判がよいことは、かなりのプラス要因となる。
 組織の中でうまく昇進しようと思うのであれば、バランス良く高い評価を受けることは非常に重要なことである。したがって出世できる人は、どの仕事でも手を抜くことはない。

 もっともすべての仕事に全力投球できるということは、全体的に余裕があるこを意味しており、そういう人のことを能力が高い人と呼ぶのかもしれない。

【参考記事】
自分が考える適正と会社が考える適正は違う
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_009039
公務員に学ぶ究極のサラリーマン学

 出世したいか?と聞かれて、したくないと答えるサラリーマンはあまりいないだろうが …

mekakusi5564
出世できない人は他人が見えていない

 出世できない人は、他人が見えていない。もちろん、これは他人の姿が視覚的に見えな …

PHM11_0044man
忙しがりは出世できない

 やたらに忙しいことを強調する人がいる。これは百害あって一利なしで、出世にとって …

yasudaDaderot02
怒鳴ってもよい職場とダメな職場

 すべての会社に共通する出世の法則のようなものが存在しているのは事実だが、一方で …

Image2
ミスはかなり大目に見てもらえる

 仕事でミスをしてしまい悩んでいる人は多い。意外なことだが、仕事のミスは実は出世 …

0001
バブル上司など操るのは簡単

 バブル経済の真っ最中に学生時代を過ごした世代が、社内でそれなりの立場に昇進する …

okoru
怒られ上手な人と怒られ下手な人

 世の中には怒られるのが下手な人がいる。下手というよりも、怒られることに慣れてい …

a0002_006323445
出世する人は理想の上司など求めない

 多くのビジネスマンが理想的な上司を求めている。筆者も若いサラリーマンだった時代 …

keiken001
経験から学べる人と学べない人

 愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶというのは、かつてのドイツの宰相ビスマル …

maemuki0003
苦労を楽しむなどと考えてはいけない

 ビジネスマンとして成長するためには、「苦労を楽しむ」といった前向きな気持ちが重 …