なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

日銀審議委員に見る出世の極意

 

 世の中では日銀による異次元の金融緩和が大きな話題となっている。黒田新総裁が就任したことで、従来の日銀の政策から180度の方向転換を果たしたのである。
 だが今回の日銀の方針転換は、出世術という観点から見ても非常に興味深いものがある。
 日銀の政策に関する決定権を持つ審議委員と呼ばれる人たちが、どう振る舞ったのかを見れば、出世するための糸口が見えてくるのだ。

黒田総裁の就任で意見を180度変えた審議委員たち
 日銀の政策は、金融政策決定会合という会議で決められる。この会議で投票権を持っているのが、審議委員と呼ばれる人たちである。この人たちは、金融政策に関して深い知見がある、とみなされた人が登用されることになっている。

 日銀の前総裁は白川氏であった。白川氏は積極的な緩和策には慎重で、政治家からは不満の声が高まっていた。白川氏の次の総裁には、量的緩和にかなり積極的な財務省出身の黒田氏が就任することになった(写真)。

 当初の予想では、いくら黒田氏が積極派だといっても、それをすぐに実行するのは難しいといわれていた。投票権を持つ審議委員のメンバーが反対すれば、その政策は採用されない仕組みだからである。
 白川総裁時代の金融政策決定会合では、審議委員のメンバーは皆、白川氏が提唱する政策に賛成票を投じていた。つまり、量的緩和には消極的だったということになり、そうなると、正反対である黒田氏の主張には同意しないはずということになる。

 ところがフタを開けてみれば、金融政策決定会合は、1名を除いて全員が黒田氏の政策に賛成票を投じた。まさにオセロがほぼすべてひっくり返ってしまったのだ。

反対した委員にもそれなりの役回りが
 これが米国の中央銀行(FRB)ならばそう簡単にはいかないだろう。金融政策の専門家として審議委員(米国は理事と呼ぶ)に任命された以上、簡単に持説を変えられるわけがないからだ。

 だが日銀では、1名を除き、いとも簡単に前の主張を撤回し新しい総裁の意向に従った。市場関係者の中からは、簡単に意見を変えた審議委員に対して「その役割を果たしていない」と批判する声も上がっている。
 ここでは、彼らの行動については論評しないが、重要なのは、日本の組織において出世するには、こういった柔軟性(悪くいえば節操のなさ)が重要であるとう事実だ。

 もし審議委員の多くが、自説にこだわりを持つ人であれば、そもそも白川総裁時代に審議委員に選ばれることはなかったと思われる。柔軟性があり、簡単に持説を曲げる人であればこそ、審議委員という高いポストを手に入れることができたのだ。

 審議委員の多くは金融専門家だが、そうではない人もいる。元東京電力の森本委員などがそれに該当する。専門家ではないせいか、東京電力という組織で鍛えた柔軟性なのか、これまで目立った発言はなく、基本的に白川路線に賛成票を投じていた。今回は正反対の黒田路線に賛成票を投じている。

 逆にただひとり反対票を投じたのが、野村證券出身の木内委員である(写真)。

 木内委員が頑固なポリシーを持っているのか、引っ込みがつななくなったのかはわからない。だが結果的には、反対者が一人もいないという状況を作らないというストッパー的役割を果たすことになった。

 こういった役回りにも組織には必要であることを考えると、木内委員もそれほど割を食っているわけではなさそうだ。

【参考記事】
ブレない人になってはいけない?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

putin008
プーチン大統領に見る交渉術

 先日、欧州における地政学的な関係を大きく変化させる合意がロシアと中国との間で締 …

FQ034_L
出世したいならNo2を目指してはいけない

 世の中には理想的なNo2という話がある。斬新でエネルギッシュだがワガママなトッ …

GD123_L
人をうまく操って出世する方法

 他人というのは本当に思うようにならない存在である。人を思うように操ることができ …

a0002_002753
出世できる人は仕事をしながらでも周囲の状況を把握している

 仕事に集中すると周囲の音が耳に入らなくなる人がいるが、一般的にこのような人は会 …

a0002_007251
悪口を振られたらどうするか?

 会社のちょっとした雑談や飲み会で他人の悪口を振られることがある。当たり前だが、 …

bekkimondai74
ベッキー問題から考える、組織での遊泳術

 ベッキー問題がなかなか収束しない。本コラムではいつものことだが、話題になってい …

seichou0010
成長したいと考える人は出世できない

 入社する企業を選ぶ基準として「自分自身が成長できる会社」というキーワードを上げ …

a0002_002253
上司がなぜ出世できたのか考えよ

 サラリーマンとして組織で仕事をする以上、会社からの評価は100%受け入れなけれ …

putin
スパイの技術を出世に応用する①

 スパイというと人を暗殺したり、施設を爆破したりといった派手な映画のシーンをイメ …

a0002_005033
怒鳴る上司への対処方法

 職場には一定数怒鳴る上司が存在する。できることなら怒鳴られるは回避したいところ …