なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

転職したいと思ったら

 

 キャリアのステップアップのために転職を考えている人も少なくないだろう。うまく転職することができれば、同じ会社にいるよりも効率よくキャリアアップできる可能性はある。
 だが一方で転職にはリスクも伴う。また転職したいという理由が、今いる会社に対する単純な不満である可能性もある。これは自分でも気付かないことがあるので、注意が必要だ。

表向きの転職理由とホンネの転職理由
 ある人材会社のアンケート調査によれば、表向きの転職理由とホンネの転職理由に乖離があるようだ。表向きの転職理由は、第1位がキャリアップ、第2位が仕事内容、第3位が労働時間となっている。不満というニュアンスがあるのは3位の労働時間だけで、1位と2位は基本的に前向きな理由である。

 だが、ホンネベースの理由の第1位となったのは上司との関係、第2位は労働時間など、第3位は人間関係であった。特に1位の上司との関係は転職の大きな理由となっているようだ。

 もちろん上司や経営者との関係がうまくいかないことを転職のきっかけにすること自体は悪いことではない。
 会社には社風というものがあり、上司のタイプも似通っているということろも少ないない。そうなると、部署が変わっても基本的に同じような上司ばかりとなり、状況を改善できない可能性は十分に考えられる。転職して会社を変えれば、状況を一気に打開できるかもしれない。

 だが一方で重要なことは、上司との関係というものは転職先においても必ず付きまとうという事実である。社風がよく今までいた会社とは上司の雰囲気がまるで違うところであればよいが、転職先の上司も、結局前の会社と同じような上司だったというケースはよくある話だ。

3年は様子を見た方がよい
 また転職先の会社が転職者にとって有利なのかどうかということも重要なポイントとなる。一般に転職者が多い会社はその後の昇進などで転職者が不利になることは少ないが、新卒採用が圧倒的に多いような会社だと、転職者は不利になるケースもある。また露骨には差別されないが、何となく見えないカベがあるという会社も多い。

 大事なことは、上司との関係や職場の人間関係という問題について、転職のきかっけとすることはよいが、転職の絶対的な理由にすることはよくないということである。

 中には現在の人間関係が嫌なので転職することが最初から決まっていて、それがいつの間にか、転職すればキャリアップできるという話にスリ替っている人もいる。

 あくまで一般論だが、職場で嫌な状況に置かれた場合でも3年程度は様子を見た方がよい。3年経つと、人によっては慣れてしまう人もいるし、解決方法を見つけ出せる人もいる。また異動などで問題そのものが消滅する可能性もある。

 またスキルの蓄積という意味でも3年いるとそれなりの成果にすることができる。1年程度では転職先の相手に対しても十分なアピールをすることは難しいだろう。
 面接の担当者も実はそのあたりはよく心得ている。志望動機などに書かれた理由が表向きであることは、暗黙の了解みたいなものである。その上で相手はどんな人物なのかを見極めようとしている。そのことを忘れてはならない。

【参考記事】
出世する人は朝方といわれる本当の理由
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kg0009d
出世する人は最初から決まっている?

 出世する人は最初から決まっているという説がある。若いときから候補は絞られている …

a0008_001832
出世したければ自分の仕事という感覚は持つな

 職場ではそれぞれが担当の仕事を割り振られる。それは自然と自分の仕事ということに …

ET134_L87003
ゴマスリの効果はどれほどか?

 会社の中にはゴマスリが得意な人がいる。一方でゴマスリなど絶対ゴメンだという人も …

suimin001
夜眠くなる人は出世しやすい

 出世する人はパワフルに活動し徹夜など平気。そんなイメージがあるが実際はそうでも …

konosuke
松下幸之助や本田宗一郎は参考にならない

 ビジネスマンの中で尊敬する人物として松下幸之助や本田宗一郎の名前をあげる人は少 …

a0002_003636
話は絶対に最後まで聞け

 要領を得ない話をされたり、話が延々と長いと正直イライラする。だが人の話を聞くと …

0001
演繹と帰納、出世するための思考回路とは?

 ビジネスで直面した課題を解決するために、ビジネスマンはいろいろと知恵を絞ってい …

motibeshon3697
出世のモチベーションをどう維持するか

 出世競争は長距離走のようなものである。ある瞬間だけよい成果を上げればよいという …

a0001_008437
成果を評価するのかプロセスを評価するのか?

 自分は努力しているのにまったく評価されないと不満に思うビジネスマンは多い。これ …

ET058_L
出世の法則は二極化してくる

 これまでの出世の法則は基本的にひとつだった。日本の「カイシャ」の仕組みは、会社 …