なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世したければ自己アピールはほどほどに

 

 自己アピールはひとつのビジネス・スキルといってよいものだが、日本の会社で出世することを考える場合には、少し慎重になった方がよい。
 外資系企業やベンチャー企業では積極的に自己アピールをした方が有利なことも多いが、一般的に会社では、自己アピールをする局面と抑える局面をうまく使い分ける必要がある。

自己アピールの目的と相手を考える
 自己アピールをする場合には、なぜそれをするのか?誰に向けてするのか?という2つを考える必要がある。

 自己アピールをする目的は多くの場合、以下の2つだ。
 ひとつは、自分はこれだけの成果を上げているということを周囲に知らしめるという目的。もう一つは自分の仕事が十分に評価されていないので、自分の仕事ぶりについて周囲に理解してもらうという目的だ。

 自分の成果を周囲に知らしめるというパターンの場合には、誰に向けてその成果をアピールしたいのかについて冷静に考える必要がある。
 ほとんどの場合、アピールをしたい相手は上司や同僚を含めた周囲の人全員である可能性が高い。もしそうならば、そのアピールはほどほどにしておいた方がよい。もしあたなの成果がホンモノであるならば、上司も同僚もその成果を十分に理解しているはずである。

 上司にとってみれば過剰なアピールをされてしまうと「高い評価を付けてくださいよ」という無言のプレッシャーになり心理的な負担になる。また同僚の中には、面白くない思いをする人も出てくるだろう。

 最悪なのは、成果を出していると思っているのは本人だけというケースである。この場合には、上司の評価も同僚の評価も下がる一方である。このパターンも案外多いので要注意だ。

自己アピールはタイミングが重要
 場合によっては積極的に自己アピールしてよいのは、あなたの仕事が過小評価されている場合である。
 会社の仕事には、その会社にとって重要であるにも関わらず、組織内でまったく評価されないものも存在する。運悪くその仕事にあたってしまうと、せっかく努力しても周囲から評価されないという結果にもなりかねない。

 そのような仕事の担当になってしまった場合には、定期的に自分は意味のある成果を上げているということをアピールしてもよいだろう。

 だが注意しなければならないのは、被害者であることを強調しているようなイメージを持たれないようにすることだ。
 そうならないためには、アピールの方法とタイミングを考える必要がある。

 自分は目立たない仕事も一生懸命やっているのに周囲が評価しないという雰囲気ではダメだ。周囲は逆に「文句ばかり言っている」と認識してしまうだろう。あたながやっている仕事がないと周囲が困るという局面で、さりげなくアピールするのがポイントだ。

 上司に対しては、仕事の打ち合わせの中での報告という形で、現在取り組んでいる仕事の成果について少し強調しておくとよいだろう。

【参考記事】
誰にでも平等に接した方がよいのか?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0008_001827
転職したいと思ったら

 キャリアのステップアップのために転職を考えている人も少なくないだろう。うまく転 …

PHM11_0258
アンケート結果から逆算する出世の法則

 日本人の職場に対する考え方は諸外国に比べるとかなり変わっているという。職場に対 …

ichiro
プロのスター選手をビジネスの参考にする愚

 マネジメントやスキルアップの分野において、しばしばスポーツの世界で活躍するアス …

ET106_L
常に本気を出すことが出世の早道

 もし会社で出世しようと思ったら、常に本気を出すべきである。会社の仕事にはくだら …

setumei7410
出世できる人は、仕事のコツを人に説明できる

 仕事ができる人には2種類のタイプがある。ひとつは自分がなぜ仕事ができるのかよく …

a0002_001261
出世する人の目標設定は具体的

 仕事がうまくいく人は目標を立てるのが上手いといわれる。確かにその通りである。漫 …

a0002_006323445
出世する人は理想の上司など求めない

 多くのビジネスマンが理想的な上司を求めている。筆者も若いサラリーマンだった時代 …

PHM11_0256
やったもの勝ちというのは本当だ

 「やったもの勝ち」という言葉がある。アンフェアなことであっても先にやってしまっ …

Image1
始業時間すぐにクソをする人は出世できない

 外回りの営業マンなどは別として、管理部門など一日中オフィスの中で過ごす業種では …

a0002_006340
新しいモノの話題はフォローしておけ

 最近は世の中の移り変わりが激しく、次々と新しいものが登場しては忘れ去られていく …