なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

文章力を鍛えることは出世の早道

 

 出世する人は文章が上手なことが多い。文章が上手とっても、あくまでビジネスの世界の話、いわゆる文学的に文章うまいという意味ではない。出世できる人は、簡潔に必要事項を伝えるための能力に長けているのだ。

メール文化への移行で浮き彫りになった文章力
 ビジネスの現場における文章力の必要性は以前よりも高まっている。以前は同じ場所に皆が集まって、一緒に仕事をするケースが圧倒的に多かった。そういう環境では、いわゆる「あうん」で意図が伝わるので、正確な文章を書く必要はなかったのである。

 だが現在では、プロジェクトによってメンバーが入れ替わったり、遠隔地のメンバーと仕事をするケースが増えてきている。また電話よりもメールを多用するので、仕事の指示も文章で行われることが多くなった。
 このような環境では、文章を的確に記述する能力の有無によって仕事のパフォーマンスが大きく変わってくるのである。出世を考えるビジネスマンは文章の書き方について意識して取り組むべきである。

 では的確な日本語を書くためにはどんなことに注意する必要があるだろうか?もっとも気をつけなければならないのが、文章の長さである。

 日本語は基本的な構文として述語が最後にやってくる。このため文章を最後まで読まなければ文の意味が伝わらない。
 だがメールなどの文面を見てみると、接続詞を多用していくつも文章がつながっているパターンを多くみかける。文学の世界ならともかく、ビジネスの世界では絶対に避けるべきである。基本的に一文はできるだけ短い方がよいのだ(本コラムも一文を短くしてあります)。

文章力は説明力の向上に直結してくる
 口頭で話す口調をそのまま文面にすることも避けた方がよい。文面がながったらしくなり、相手は非常に読みにくいからである。
 また「前回」とか「明後日」というような時間や場所を一意的に特定できない表現も文章ではご法度だ。「前回」といっても、自分と同じタイミングで相手がその文章を読む保証はないのである。「前回」ではなく「3月15日の営業会議では」というような表現にあらためる必要がある。

 ある程度長い文章を作成する場合には、冒頭に要約や結論などを持ってきて、まず最初に概要を知らせるための工夫も必要となる。

 要するに的確な文章を作成するということは、思いつくままに書き記すのではなく、あらかじめ要点をまとめてから書き出すということを意味している。
 的確な文章を作成する訓練とは、頭の中でものごとを理路整然と構築するための訓練なのだ。

 この訓練を続けていると、口頭においても順序立てて説明することができるようになってくる。そうなると、伝達ミスや誤解が発生することが少なくなり、仕事のトラブルも減少してくるだろう。

 文章による伝達は、口頭による伝達よりも、相手の立場になって考える努力が必要とされる。その能力は、出世するために最も必要とされるもののひとつなのである。文章を制するものは仕事を制し、さらには出世を制するのだ。

【参考記事】
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

suteru8744
出世する人は、やることではなく、やらないことを決める

 当たり前のことだが、出世できる人は、仕事の進め方や判断が素早い。仕事を素早く進 …

a0002_003636
話は絶対に最後まで聞け

 要領を得ない話をされたり、話が延々と長いと正直イライラする。だが人の話を聞くと …

sosikizu2147
指揮・命令系統の仕組みを理解できないと、出世は難しい

 会社というものは、基本的に上下関係で動いている。どんな組織にも、何らかの形で、 …

ET134_L
たまに大きな成果を上げるより、常にまずまずの成果を

 たまに大きな成果を上げる人と、常にまずまずの成果を上げる人ではどちらが出世しや …

HENSA
企業で学歴が重視されるわけ

 日本の会社では学歴を重視する風潮が強い。社歴が古い大企業などではその傾向が顕著 …

sjob
アップルのジョブズ氏に学んではいけない

 アップルのカリスマ経営者であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経 …

jousibunnrui2147
上司を分類して対処法を探る

 これからのサラリーマンは、たとえ会社に勤務していても、自らをひとつの独立した企 …

00001
出世する人の読書術

 以前このコラムで「読書家は出世できないという話に潜む真実」という記事を書いた。 …

sitsumon664
出世できる人は、相手からの質問に「はい」か「いいえ」で答えられる

 出世できる人は、常に自分ではなく、相手の目線で物事を考えている。このためコミュ …

ED181_L
無意味な事務手続きを甘く見るな

 会社の組織は膨大な実務手続きの集合体で出来ている。組織が大きくなってくると、事 …