なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

時代の変化を知る方法

 

 同じ会社で出世を目指すにしろ、転職でキャリアアップを目指すにしろ、時代の変化を的確に把握しておくことは重要だ。だが同じ環境に長くいると世の中の変化に疎くなってしまいがちだ。今回は時代の変化を感じ取る方法についての話題である。

すでに起こった未来の実例
 時代の変化を知るための完璧な魔法はない。だがちょっとしたコツなら存在している。経営学者であるピータードラッカーの名言に「すでに起こった未来」というものがある。

 非連続的な未来であってもそれは急に訪れるのではなく、断片的ではあるがすでに起こっていることがベースになるという考え方である。
 ドラッカーの著作にはいろいろと仕掛けがしてあり、そのまま読んで参考にするのは危険なのだが「すでに起こった未来」だけは額面通りに受け取ってよい名言だ。
 
 例えばiPhoneやiPadは革命的な商品といわれているが、同じコンセプトの商品はシャープからザウルスという商品名で2001年に販売されている。
 さらにアップル社自身も、1993年にニュートン(写真)というiPhoneにかなり似た製品を投入している。二つの製品はどちらも失敗に終わっているが、基本的なコンセプトはすでに姿を現していたのだ。

 両製品と現在のiPhoneの違いは、当時はインターネットと携帯電話がこれほど普及していなかったという点である。例えばニュートンは、当時主流であったパソコン通信のネットワークを通じて、現在のiPhoneと同じ機能を提供しようとしていた。アプリに関するコンセプトも同じである。
 世の中に登場する製品やサービスにそれなりの注意を払っていれば、ヒントを探し出すことは十分に可能なのだ。

デリバティブという言葉はかなり昔から存在している
 すでに起こっている未来を見逃してしまう最大の原因は、現状に対する先入観である。ニュートンの例では、外出時には通信回線に常時接続する手段がないので、この製品は普及しないと言われた。実際、通信環境が貧弱であったことがプロジェクト失敗の原因になった。

 だが逆に言えば通信環境さえ整えば、そのコンセプトは一気に開花することになる。携帯電話とインターネットの普及がまさにそれを後押ししたのである。

 時代の変化に気付かない人というのは、新しいものについて目に触れる機会がないのではなく、目に触れても現在の環境で実用性がないからといって、無価値と判断してしまっているのだ。

 コンピュータの技術は日進月歩といわれるのに、操作環境は貧弱なままである。
 いまだにコンピュータが登場した頃と同じキーボードを使っていて、マウスやタッチパネルはその延長線上でしかない。声や目の動きなどを総合的に認識する技術があれば、コンピュータの活用範囲はもっと広がるはずだ。

 もちろんそういった新しい手法について、いろいろな研究があるが、まだどれも実用レベルには至っていない。だが逆にいえば、技術的ハードルを越えさえすれば、一気に新しい操作手段は普及するかもしれない。すでに起こっている未来というのはそういう意味である。

 製品やテクノロジーではなく、制度や習慣についても基本的には同じである。新しい制度や習慣は突然表れるものではない。かならず事前にその予兆は存在している。
 ヘッジファンドやデリバティブというキーワードは、今でこそ皆が知っているが10年前くらいには、なにやら恐ろしい得体の知れないもの思われていた。

 だがこの言葉が世の中に出回り始めたのは意外に早く、20年以上前から新聞では積極的に取り上げられており、関連書籍も出版された(写真の書籍は当時のグリーンスパン議長も熟読したという)。注意深く情報を見ていれば、見逃すはずはないのである。

【参考記事】
オカマバーに行くと出世できる人が分かる?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kasendokusen6664
仕事を寡占化できた人は出世に有利だ

 一般にビジネスの世界では、常にライバルがいて競争環境が維持される方が、市場が健 …

senryaku3279
出世の基本戦略を考える

 企業に経営戦略があるように、出世にも戦略が必要である。だが、戦略という言葉は非 …

a0001_009257
身だしなみは出世に大きく影響する

 職場での身だしなみは出世において極めて重要である。身だしなみといってもブランド …

PHM11_0272
苦手な人はあえて克服するな

 会社の中には必ず2~3人くらいは苦手な人というのがいるものだ。自分が苦手とする …

gyoumusiji
出世できる人は仕事の指示が、とことんまで具体的だ

 出世できる人の多くは仕事ができる人だが、仕事のできるできないにもいろいろなパタ …

motibeshon01
出世できる人は他人のモチベーションについて理解している

 出世できる人はモチベーションに対する理解が鋭い。それは自分自身のモチベーション …

nomikai1391
出世できる人は、酒席を戦略的に活用している

 お酒の席は無礼講とよくいわれるが、実際は違う。酒の席での発言で失敗したビジネス …

potechi
カルビーCEOから学ぶ組織のマネジメント

 最近、菓子メーカーのカルビーの経営がメディアに取り上げられるケースが増えている …

suteru8744
出世する人は、やることではなく、やらないことを決める

 当たり前のことだが、出世できる人は、仕事の進め方や判断が素早い。仕事を素早く進 …

Image1
始業時間すぐにクソをする人は出世できない

 外回りの営業マンなどは別として、管理部門など一日中オフィスの中で過ごす業種では …