なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

知ったかぶりも使い方次第では・・・

 

 知ったかぶりは、もっともやってはいけないことの一つと言われている。実際に知識のある人から見たら、みっともないことこの上ないし、相手に不快感を与えるかもしれない。それに人間としてそもそもどうなんだ?という話もある。

知ったかぶりの人の社内での意外な評判
 貿易関係の会社に勤めるHさんは典型的な知ったかぶりだ。

 社内で誰かがパソコンを使って検索エンジンでお店を検索していると、すぐに横からしゃしゃり出てくる。
 
 「最近Googleは検索アルゴリズムを変えたんだよ。だから順位も結構入れ替わってるよね」
 「ああこのイタリアン知ってる知ってる。ワインのセレクトがいいだよね」

 分かっているのか分かっていないのかよく分からない話を延々やりはじめる。上司に対しても同じような感じだ。もし上司が「Hさん。物知りだね!」などと言おうものなら最後、得々と自分の知識?を披露する。

 典型的などうしようもないヤツなのだが、周りの反応をよく観察してみると、必ずしもそうでもない。確かに一部のひとはうんざりした表情をして「またかよ!」という感じだ。
 だが、中にはフンフンと真剣に話を聞いている人もいる。さらには先ほどの上司のように、Hさんをおだてている人もいる。
 知ったかぶりをしたからといって、周りから完全に嫌われるという感じではないのだ。実はそのことを一番よく知っているのはHさん自身だった。

知ったかぶり社員Hさんの驚くべき戦略
 Hさんは故意に知ったかぶりをしていたのである。Hさんの主張はこうだ。

 「自分は知性があると思っている人は、基本的に人を見下しています」
 「そういう人には、謙虚に振舞ったところで、私への評価が変わるわけではありません」
 「でもモノを本当に知らない人は、私が説明すると本当にスゴいといってくれます」

 Hさんは、自分をスゴイと思ってくれる人に的を絞って、優位に立とうとしているのである。確かに、Hさんに対して「物知りですね」といっている上司は、ホンネでは「H君はみっともないヤツだ」と思っている。だがHさんが物知り顔の振る舞いをやめたところで、Hさんのことをスゴイと思ってくれるわけではない。

 どうせ評価が変わらないなら、その人にどう思われようとたいしたことはない。それよりも少しでも自分をすごいと思ってくれる人にアピールした方が効果的というわけである。

 また面白いことに、自分は知性的だと思っている人ほど、面と向かってHさんをバカにしたり、無知であることを周りに知らしめたりはしない。
 なので、Hさんの場合は、自分よりも頭のいい人からの評価を最初から諦めることによって、絶対負けないゲームが実現できているのである。

戦場は限定した方が有利?
 ということでHさんは、Hさんにモノを聞いてくる人に対しては、自分がよく分かっていなくても、常にハッタリで知ったかぶりを繰り返している。

 実際、部署が違ってHさんのことをよく分かっていない人などは「Hさんていろいろ詳しいらしいね」などと噂話をしている始末。それなりに大きい会社だとこれが結構有効だったりするのである。

 Hさんのケースはかなり極端であり、下手をすると大失敗する結果になりかねないが、ひとつの戦略としては評価できる。それは自分が戦える土俵でのみ勝負して、そうではないところは放棄するというものだ。

 戦えない土俵でいくらがんばっても、そこで得られる成果はたかが知れている。ならば、戦える部分でなるだけ多くの成果を得た方がよいという考えである。だがHさんのやり方はフツーの人ではかなり抵抗があって実行は難しいかもしれない。その意味でHさんには才能がある。

【参考記事】
読書家は出世できないという話に潜む真実とは?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

EQ068_L
希望しない部署に配属されたらどうする

 人事はなかなか希望通りにはいかないものである。ときには希望しない部署に配属され …

gatengaiku
出世したければ、なりたい自分になってはいけない

 経営の世界では、マーケティングとブランディングの違いがよく議論の対象となる。マ …

netuidake
仕事ができないならせめて熱意くらいは見せろ

 会社の中の人材を見渡してみると、仕事の能力と熱意の組み合わせで以下の4つのパタ …

yukoseikouritusei449
出世できる人は、環境の変化に対しても戦略的

 同じ組織に長くいる場合、出世の条件もずっと変わらないように思える。だが、時代の …

hyojobosi4673
表情が乏しいのか、感情が乏しいのか

 出世できる人は、先入観を持たずに物事を見るクセがついている。これができるように …

Image8
仕事を速く進めるためには

 仕事のスピードが速いことはビジネスマンにとって非常に重要なことだ。仕事のスピー …

a0003_001857
出世する人は話を聞くフリが上手

 日本の組織では相手の話を聞くことは極めて重要である。それは相手の話をじっくり聞 …

sinnri
出世できる人が、人の心理を最優先するのはコスト面で有利だから

 組織は結局のところ、人のコミュニケーションの集大成である。組織の中で有利に振る …

PHM11_0254
脅しが効く相手と効かない相手

 あまり望ましいことではないが、出世するためには、敵対する相手と交渉しなければな …

FE011_L
ベンチャー企業で出世する人

 ベンチャー企業で出世する人は、大企業で出世する人とかなりタイプが異なっている。 …