なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

同期社員との付き合いは出世に有効か?

 

 それなりの規模を持つ会社であれば、同期入社の社員が何人かいるはずである。巨大企業になるとあまりにも社員の数が多く、同期入社であっても名前すら知らない人も多いかもしれない。だが多くの会社で同期入社の社員どうしはそれなりの連帯感を持っていることが多い。

同期が合併によるリストラから救ってくれた
 もっとも同期社員の連帯感が強いのは最初のうちだけかもしれない。入社したての頃は、よく同期で集まって飲みに行ったりしていたのが、仕事が忙しくなると次第にそれもなくなってくる。やがてはあまり同期ということを意識しなくなることも多い。

 多くの場合、同期との付き合いが直接出世に影響することはない。だが時として同期の付き合いが有効に作用することもある。食品メーカーに勤めるTさんは、会社の合併でそれを痛感した。

 Tさんはそろそろ管理職に昇進するかという年齢なのだが、その時にTさんの会社は競合の会社と合併することになった。
 Tさんのいた部署は合併相手との事業再構築の結果、なんと廃止になってしまったのだ。Tさんをはじめとして、その部門にいた人は他の部署に引き取られることになった。
 だがどの部署も人が余っていて、廃止になった部署の人を引き取ってくれる余裕のあるところはあまりない状況だった。とても部署の希望を言えるような状況ではなかった。

 この状況から救ってくれたのはTさんの同期社員であるSさんだった。Sさんは比較的メジャーな部門にいて、担当課長からも信頼されていた。Sさんは課長に掛け合い、課長は隣の課長と話をしてくれて、めでたくTさんはSさんの隣の課に異動することができたのだ。この時ほど同期の存在をありがたく思ったことはない。

緩い人的ネットワークの構築が重要
 この話は、異動のきっかけを作ってくれた人がたまたま同期だったということで、必ずしも同期社員が大切という意味ではない。
 どちらかというとSさんはTさんが同期入社ということよりも、Tさんの仕事ぶりを評価していたので、課長に掛け合ってくれたと考えるべきだろう。Sさんにとってみれば、課長に紹介したTさんが使いものにならなければ、自分自身が困ることになるからである。

 したがってSさんが必ずしも同期である必要はなく、一時的なプロジェクトで知り合った社内の友人ということでもよいし、かつて同じ部署で働いた同僚ということでもよい。

 つまりお互いにある程度仕事ができると認め合っている人同士は、ベタベタするような付き合い方をする必要はないものの、緩やかな交友関係を維持しておく方が何かと便利なのだ。

 今回はSさんがTさんを助けたので、いつかSさんが困ったことになった時には、今度はTさんが助けてくれるだろう。だが忘れてはならないのは、どこかのタイミングで二人は同じポストを争う敵になる可能性もあるということだ。したがって、親しくしていてもお互いの距離は一定に保っておく必要がある。

 同期の社員については、同期として出会ったのはひとつのきかっけであると考えればよいだろう。せっかくの出会いなので大事にすればよいが、絶対的なものでもない。適度な距離を保った付き合いを続けるのがベストである。

【参考記事】
公務員に学ぶ究極のサラリーマン学
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

bekkimondai74
ベッキー問題から考える、組織での遊泳術

 ベッキー問題がなかなか収束しない。本コラムではいつものことだが、話題になってい …

konosuke
松下幸之助や本田宗一郎は参考にならない

 ビジネスマンの中で尊敬する人物として松下幸之助や本田宗一郎の名前をあげる人は少 …

PHM11_0213
「仕事の結果で評価して下さい」は通用しない

 仕事の進め方や日常的な細かい点について上司などから指摘されると「そういう細かい …

a0001_011488
何を言っているのかではなく、誰が言っているのか

 日本社会で生き残るための格言にこういうものがある。「何を言っているのかではなく …

a0002_002241
出世したければ後輩の面倒を見ろ!

 チームには後輩の面倒見がいい人と、そうでない人がいる。後輩といっても部下でなけ …

a0002_008228
出世する人は朝型といわれる本当の理由

 出世する人の多くは朝型である。筆者がインタビューした出世ビジネスマンも多くが朝 …

PHM11_0560
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人

 日本の会社に元気がなくなってきていることから、将来のキャリアに不安を持つ人は多 …

FE052_L
部下に人気がないと出世できない?

 年功序列の制度を維持するためには継続的な規模の拡大が必要となるが、もはや多くの …

tensoku
転職で出世するにはどうしたらよいか

 このコラムを読んでいる読者の中には、今後転職してステップアップすることを考えて …

ET114_L
隣の芝生は青く見える

 自分の会社にはどうしてこんなにも活気や夢がないのだろうか?多くの人がそう考えた …