なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世することは「夢」なのか?

 

 あなたの夢は何ですか?と聞かれた時に「出世して社長になることです」と答える人はどれだけいるだろうか?おそらくほとんどいないのではないだろうか?だが多くの人が社長とは言わないまでも、出世したいと考えている。
 何事もそうだが自分の気持ちには正直になった方がよい。出世したいと思っているならば、堂々とそれを夢として掲げた方がメリットが大きいのだ。

夢に関するアンケート結果はホンネを反映しているか?
 キリンビールが20代から50代の男女1000人に対して行った「夢」に関するアンケート調査の結果は非常に興味深い内容となっている。

 現在かなえたい夢があるかという質問に対しては、76%の人が「ある」と答えているが、夢があると答えた人の割合は年代が上がるにつれて下がってくる。
 10代と20代では80%の人が夢があると回答しているものの、30代では74%、40代では69%と低下してくる。だが50代になるとそれが75%に上昇するのである。これは何を意味しているのだろうか?

 その前に、そもそもかなえたい夢とは何なのだろうか?具体的な回答例としては、「ロボットを作る」「家族でオーロラを見に行く」「宇宙旅行に行ってみたい」「カラオケ大会で優勝」「有名パティシエのケーキ食べ放題」などとなっている。宇宙旅行に行ってみたいというものを除くと、到底実現不可能というようなものではなく、ちょっとムリすれば実現できそうなものばかりだ。

 だがこれは額面通りには解釈しない方がよさそうだ。年齢が年齢が上がるにしたがって夢を持つ割合が下がってくることを考えると、本当の夢は、出世したい、あるいはお金持ちになりたいなど、もっと即物的で仕事に関係したものであったことが推察される。
 50代で数値が上昇するのは、会社での出世などをあきらめざるを得なかった人が増え、夢の内容がようやくホンネベースで現実的なものに変更されたことが原因と考えられる。

実現しなくても真剣に取り組んだだけの効果はある
 このアンケートでは、夢を諦めてしまった人についての項目もある。それによると夢を諦めた年齢の平均は24歳となっており、夢を諦めたと正直に答えた人は、若い段階ですでに一定の見切りをつけていることがわかる。

 夢を諦めた理由は才能の限界を感じた、年齢の限界を感じたというものが半数近くを占めていることを考えると、彼らの夢はスポーツ選手、芸能人など、特殊な才能や尋常ではない努力が必要とされるハードな夢であったことが推察される。

 スポーツ選手などが挫折しサラリーマンになるケースは多いが、彼らが挫折したからといって無気力にサラリーマン人生を送っているかというとそうではない。
 むしろスポーツで一度挫折した人は、会社の仕事にあらたな目的を見出し、かつてのスポーツと同じくらいまっしぐらに進む人が多いのだ。

 おそらくそれは、挫折したとはいえ、最初に掲げた目標がハードルの高いものであったことが大きく影響していると思われる。たとえ実現できなくても、高い目標を掲げてそれに向けて全力投球した経験があると、あたらな目標を見つけやすいようである。

 そう考えると、どうせ夢を持つなら、具体的でかつ難易度が高いものの方がよい。ホンネでは高い給料や昇進を望んでいるのなら、堂々とそれを夢にした方がよい。もし実現が不可能だったとしても、挫折したスポーツ選手と同様、その取り組みが真剣であれば、次の目標を見つけることはより容易になるのである。

【参考記事】
出世したければすぐ体を動かせ
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

FE011_L
自分で考えて解決する習慣をつけろ

 日本の職場では周囲との強調が第一である。自分で判断することはむしろ危険ですらあ …

sjob
アップルのジョブズ氏に学んではいけない

 アップルのカリスマ経営者であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経 …

a0002_006340
新しいモノの話題はフォローしておけ

 最近は世の中の移り変わりが激しく、次々と新しいものが登場しては忘れ去られていく …

EG099_L
趣味は出世の妨げになるか?

 一般に趣味を持つことは良いことだとされている。だが趣味が高じて仕事がおろそかに …

118g5rgk003
出世できる人は、自分と人は違うということを知っている

 仕事ができるのに出世できないという人は意外と多い。そうなってしまう理由は様々な …

Image2
職務経歴書を書いてみよう

 世の中では、キャリアパスを描こうとか、キャリアプランニングを実施しようなど、自 …

kasikoi5007
あなたの周囲は賢い人ばかりでしたか?

 「自分の能力がきちんと評価されていない」そう考えるビジネスマンは多い。あるいは …

kaigisitu00a
部下を守る人は出世できない

 部下を守ったり、取引先との信用を維持することはビジネスマンとして重要といわれて …

a0001_011488
何を言っているのかではなく、誰が言っているのか

 日本社会で生き残るための格言にこういうものがある。「何を言っているのかではなく …

a0002_005033
怒鳴る上司への対処方法

 職場には一定数怒鳴る上司が存在する。できることなら怒鳴られるは回避したいところ …