なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

自分が考える適性と会社が考える適性は違う

 

 自分一人で出世することはできない。出世するためには、会社に自分を評価してもらう必要がある。さらに具体的に言うと、上司をはじめとする周囲の人に評価してもらってはじめて出世のチャンスがめぐってくる。
 人はどうしても自分を中心に物事を考えがちである。自分の能力や仕事への適性についても、自分自身の勝手な解釈で判断している可能性がある。もし自分が考える適性と会社が考える適性にミスマッチがあるとすると、それは出世の大きな妨げになる。

自分では営業に向いていないと思っていたが・・・
 繊維メーカーに勤めるCさんは入社以来しばらくの期間、管理部門に在籍していた。だがその後の人事異動で営業部に配属となり、現在は法人営業を担当している。

 Cさんはどちらかというと物静かな性格で、仕事の仕方は緻密である。自分では営業に向いていないと思っていた。営業部での仕事は3年目になるが、現在でもその考えはあまり変わっておらず、できれば管理部門に戻りたいと考えている。

 Cさんの会社は人事について希望を出すことができる制度になっており、Cさんは毎回希望を出しているが、なかなか受け入れられない。上司との定期面談でCさんはとうとう異動の件を上司に相談してみた。すると上司からは驚くべき返答があった。
 Cさんは営業活動に向いているという評価になっており、異動の希望が聞き入れられないのはそのためだという。

 Cさんの上司によれば、Cさんの緻密さは他の営業部員にはない特徴であり、勢いで仕事をする人が多い営業部門にとって重要な人材だというのである。Cさんのこのような特徴は管理部門ではごく当たり前であり、大きな特徴にはなっていなかった。だが営業部門の中では、緻密さや物静かな性格はCさんに特徴的な能力とみなされているのだ。

他社の評価があってはじめて仕事が成立する
 Cさんは今後社内でどのようなキャリアパスを描くべきだろうか?本人は自分の適性は管理部門にあると考えていたが、会社の評価は異なっていた。もちろんそれは偶然なのだが、事実として、今現在Cさんは営業部門から適性があると評価されている。もし管理部門に戻ってしまえば、大して特徴のない平均的な社員に逆戻りとなる。だが本人は営業の仕事はあまり好きではない。

 Cさんが今後選択すべき道は、会社の昇進メカニズムなどによるため一概にどれがよいと決めることはできない。営業部門が出世しやすい会社と管理部門が出世しやすい会社では条件が異なるからだ。だが一般論として考えるならば、Cさんは営業部でキャリアを積んだ方が有利である。

 ネガティブに考えれば、営業部門でのCさんの位置付けはいわゆるNo2ということになる。したがってトップを狙うことは難しいかもしれない。
 だがCさんのようなブレーキ役の社員には常に一定のニーズがあることは間違いないし、会社の方針が大きく変わることがあれば、Cさんにトップを目指す役割がめぐってくる可能性もある。

 Cさんの緻密な性格を生かしつつ、営業部で大きな実績を上げることができれば、今後の出世には非常に有利に働くだろう。
 自分の仕事は他者の評価があってはじめて成立する。自分の好みや適性に関する考え方はあまりアテにしない方がいいのだ。

【参考記事】
評価されにくい仕事をアサインされたら
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

joshi020
上司に経営者目線を持てと言われたらチャンスだ

 従業員に「経営者視点を持て」と要求する経営者や上司は少なくない。だがこれはよく …

mottaitukeru
何かともったいつけた言い方をする人

 何かと、もったいつけた言い方をするビジネスマンは多い。これは出世の大敵となるの …

ET195_L
会社を「売る」ことは絶対のご法度

 自分の会社の悪口を取引先に言ったり、内部事情を漏らしたりすることは絶対にしては …

sonnakoto
真っ先に「でも」と反論するのは最悪パターン

 出世できない人に共通の特徴というものがあるが、その中でも最強の部類に入るのがこ …

a0002_001656
理系は出世できるのか?

 日本には「理系」「文系」という区分がある。国際的には奇妙な区分なのだが、日本で …

a0003_001916
曖昧上司にあたってしまったら

 何事にも曖昧な上司の下で苦労しているビジネスマンは多い。曖昧にしか指示をしない …

a0001_011488
何を言っているのかではなく、誰が言っているのか

 日本社会で生き残るための格言にこういうものがある。「何を言っているのかではなく …

kenjo02
謙譲語を連発する人は出世できない

 敬語は上手に使えればそれに越したことはない。敬語にはコミュニケーションをスムー …

PHM11_0170
セクハラが怖いなどと言う人は出世など到底ムリ

 最近はどの会社もコンプライアンス重視で息苦しいといわれる。またセクハラなどへの …

FE015_L
上司への提案の仕方

 上司に対して積極的に提案することは、場合によっては出世に有効に作用することもあ …