なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

裏切られないためにはどうしたらよいか

 

 会社では基本的に皆、自分のことしか考えていない。「社員は皆家族である」などという立派なタテマエがある会社ほど、実は皆、エゴ丸出しである。表面的には仲良くしているように見えても、実は裏では相手を落としいれようと画策する人も少なくない。こうした裏切り行為によって責任を押し付けられては大変である。裏切りを防ぐにはどのような方法があるのだろうか?

裏切り行為は合理的でない分、厄介だ
 実は、裏切り行為というのはあなり合理的でない理由で行われることが多い。人を裏切るという行為にはかなりのリスクが伴う。

 裏切ってある人を陥れることができたとしても、裏切行為を行った人はなかなか信用されない。新しく仲間や上司になった人は、敵を裏切って仲間になった人を本心では受け入れないのである。映画やドラマなどでは、味方を裏切って敵に内通するという場面がよく見られる。その結末のほとんどは、裏切った人は最終的に消されてしまうというものだ。
 つまり裏切り行為というものは、得られるメリットよりも失うものの方がはるかに大きいのである。それにもかかわらず裏切る人が出てくるのは、別な理由があるからだ。

 もっとも多いのは、上司や同僚など仲間に対する個人的な恨みである。裏切ることで自分に不利益になっても、恨みがある相手を陥れたいという欲求が勝るのである。

 産業スパイの世界では、組織に不満を持っている人を探すのが鉄則である。ジャーナリストも同じ手法を用いる。スクープ記事の発端は、組織や上司同僚に対して不満を持つ人からの情報提供であることが多いのだ。この場合、情報提供者にはほとんどメリットがない。あえてメリットがあるとすると、上司や同僚が責任を取らされて左遷するのを見て喜ぶくらいである。それでも裏切る人が後を絶たないのは、恨みの感情はすべてに勝るということをよく表している。

恨みを買わないことが何より重要
 つまり裏切りという行為は基本的に実行するメリットが少ないが、だからといって人から裏切られる可能性が少ないとは断言できないのである。

 あなたを裏切る人は、たとえ自分に不利益であっても、あなたに対する恨みの感情が大きければ、平気で裏切りを実行してくる。裏切った相手は損するわけだが、当然裏切られた自分も損をする。要するにに共倒れである。この状況を避けるためには、なるだけ人から怨みを買わないようする以外に方法はない。

 あまりオススメはできないが、恐怖によって裏切りを抑止する方法もある。裏切った場合には、そのメリットをすべて帳消しにするような報復があると相手に思わせれば、ある程度、裏切りを抑止することができる。

 だがこのやり方は組織の中で上に昇進してからでないと実施できない可能性が高い。
 会社である程度出世したのち、10年も前の行為を持ち出してライバルを失脚させるケースは決して少なくない。その様子を見た周囲の人は「あの人は裏切ったら何をするか分からない」というイメージを持つので、皆言うこと聞くようになる。だがそれは人事権を持っていればこそであり、若手のうちはあまり現実的とはいえない。

 結局のところ恨みを買うかわないための努力がモノをいうことになる。恨みを買う原因の多くはくだらないことである。「バカにするような態度をとった」「自分の存在を無視した」といったようなことが復讐につながってくる。日常のコミュニケーションにおいて、相手がどのような感情を持っているのかよく注意しておく必要がある。

【参考記事】
無表情な相手への対処方法
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sumahorenraku6441
LINEで欠勤の連絡がアリなのかについて、どう判断すべきか?

 LINEで欠勤連絡はありか?という記事があった。LINEで欠勤の連絡をすること …

PHM11_0260
出世するには鈍感力も重要

 出世するためには、仕事ができることことはもちろんのこと、上司に目をかけられ引き …

SUGOI01
やたらヨイショする人は出世できる?

 やたらと人をヨイショする人がいるが、このような人は出世しやすいのだろうか?   …

Image2
出世する人は決断を迫るのが上手い

 上司や顧客でなかなか決められない人は多い。すばやく決断ができる上司や顧客はむし …

fresher02
新入社員の意識にみる出世のカギ

 新入社員はまだ社会人になったばかりなので、それまでの生活とビジネスマンとしての …

keiken001
経験から学べる人と学べない人

 愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶというのは、かつてのドイツの宰相ビスマル …

a0002_002133
書類の準備に手を抜かない人は出世できる

 会社では会議の書類や稟議書など多くの書類を取り扱う。これらの書類をそろえるのは …

motibeshon3697
出世のモチベーションをどう維持するか

 出世競争は長距離走のようなものである。ある瞬間だけよい成果を上げればよいという …

Image3
同期社員との付き合いは出世に有効か?

 それなりの規模を持つ会社であれば、同期入社の社員が何人かいるはずである。巨大企 …

a0002_003660
上司と部下は似てくる

 多くの人にとってはあまり受け入れたくないかもしれないが、上司と部下は似てくると …