なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できない人はなぜがすぐに体調が悪くなる

 

 自身の体調不良や家族の病気など、どうしても避けられない理由で仕事をキャンセルしなければならない時がある。だが不思議なことに、出世できない人はこういった不可抗力を理由に仕事を休むことが多く、出世する人にはこのようなキャンセルが少ない(と思われている)という特徴がある。

想像を絶する環境にも関わらず出世したサラリーマン
 出世する人は屈強で病気などせず、周囲にも恵まれていて、不可抗力的な理由で仕事を休む必要がないのだろうか?もちろんそういう人もいるだろう。だが普通に考えて出世はムリだろうと思われている環境に置かれている人でも、順調に出世するというケースはけっこうあるのだ。

 逆境に打ち勝って出世したサラリーマンとしてすっかり有名人だが、東レの取締役に同期トップで就任した佐々木常夫氏の経歴はすさまじい。
 6歳で父を亡くして以来、母の手ひとつで育ち、苦学して東大を卒業。ようやく東レに就職したのもつかの間、長男が重度の自閉症にかかり、肝臓病とうつ病を煩った妻が43回もの入院と3度の自殺未遂を起こうという厳しい状況に直面した。さらに長女も自殺未遂を繰り返すという環境で、子供の弁当作りや学校の送り迎えしながら、会社の仕事をこなし、同期トップで出世を果たしたのである。

 もちろん佐々木氏はある種のスーパーマンであり誰もが真似できるものではない。また東大卒という学歴がかなり有利に働いたことも事実だろうし、東レという大企業だからこそ可能だったということもいえるだろう。
 だが厳しい環境に置かれていても、それが大きなマイナスにならない人と決定的なマイナスになってしまう人がいるのは事実である。佐々木氏のような人がうまく出世できるのはなぜなのだろうか?

病気を理由に仕事を休んでもマイナス評価にならない人
 こういった人に特徴的なのは、事態の進展を予見する能力に優れていることである。佐々木氏のように家族に問題があったり、自身に病気があったりすると、それに振り回されて仕事がうまくいかなくなる可能性が高い。
 だが事前どのようなトラブルが起きるかを予想し、周到に準備をしておくことでその影響を最小限にとどることができる。例えば、家族の病気で職場を中座する可能性が高い人は、仕事の進捗状況や関係者の連絡先、緊急時の連絡先などについて、つねにメモして周囲に知らせておくことで、周囲の人にかける負担をかなり軽減することができる。

 上司や同僚の評価というのは実は絶対値ではない。ほとんどが他の社員と比較という相対値で決定される。
 仮にこういったトラブルの発生が数回しかなかったとしても、周辺に対する配慮が欠けていた人は「アイツはできないヤツ」という評価になってしまう。
 だが同じようなトラブルが20回あったとしても、周辺に対して配慮が出来ている人は、特別大きなマイナスにはならないことも多いのである。
 家族のトラブルや病気によって絶対値のパフォーマンスが多少悪くても、相対値が良好であれば、十分に出世は可能なのだ。

出世できない人に共通のマインド
 体調を崩すことが多く会社を休んだり早退しがちなため、上司などから嫌味や文句を言われて面白くない思いをしている人は多い。

 だがそのような人の多くは「自分は体調が悪いのだから休んで当然」と心のどこかで思っている。これでは出世などおぼつかないであろう。周囲の評価が低いのは、病気で休んでいるからではなく、それを前提にした対策が実施できていないからである。

 病気をはじめとする不可抗力的な事態は、ある意味でその人の本当の実力を測る最良のバロメータといえる。これは病気に限らずいろいろなことに応用可能だ。待ち合わせに遅刻する際の対応などはその最たるものである。
 出世できない人は「電車が遅れたからしょうがないでしょ」という顔をしている。だが出世できる人は、そもそも時間に余裕を持って行動していることが多く遅刻することが自体が少ない。また何らかの手段で連絡をしてきたり、まず最初にきちっと謝罪するなど、前後の行動がまったく異なっている。
 不可抗力的な事態の発生は、自分が評価される試練であるとともに、他人を評価する最大のチャンスでもあるのだ。

【参考記事】
出世できない人はなぜかタイミングも悪い
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_006323445
出世する人は理想の上司など求めない

 多くのビジネスマンが理想的な上司を求めている。筆者も若いサラリーマンだった時代 …

35saitenshoku01
転職35歳限界説が消滅したのは本当か?

 これまで転職市場には、35歳までが限界という説があった。いわゆる転職35歳限界 …

a0002_008551
とにかく嫌な顔はするな

 無愛想や無表情はコミュニケーションという観点から非常にマイナスだが、感情がオモ …

sukejuru
出世できる人は時間ポートフォリオを進化させる

 出世して役職が上がるに連れて、大きく変わってくるのが時間の配分である。役職が高 …

sangyou
スパイの技術を出世に応用する②

 スパイの世界には産業スパイという分野があり、企業の情報を盗み出すという工作は幅 …

jikan9771
出世できる人は時間の「作り方」が上手い

 出世を意識するのなら、目の前の仕事で着実に成果を上げるのはもちろんのことだが、 …

a0001_016709
返事は早い方が出世には断然有利

 出世する人は基本的に返事が早い。 だが幸いなことに、ちょっと工夫をすれば誰でも …

jousitegara
出世できる人は上司に手柄を独り占めさせる

 上司が自分の手柄を独り占めするという不満は多い。確かにあまり面白いことではない …

purezen
大きな仕事が取れる人と取れない人

 出世の多くが社内政治に左右されているが、そうはいっても、一定以上の成果を上げて …

a0150_000093
言い訳は出世の妨げになる

 失敗をしたり、注意された時に延々と言い訳をする人がいるが、これは百害あって一利 …