なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世したいならNo2を目指してはいけない

 

 世の中には理想的なNo2という話がある。斬新でエネルギッシュだがワガママなトップに対して、これをうまく抑制するのがNo2の役目とされている。中には自分はトップリーダーは無理だが、No2なら可能ではないか?と考え、これを目指そうとする人もいる。残念だが、その考えは捨てた方がよい。

年長者を周囲に配置する若い社長の意図とは?
 良きNo2というのは、実はほとんどが出世できなかった人の願望で構成されている虚構の物語である。ワガママで傲慢なトップを見て、こういう人がいて欲しいと皆が思っているのである。

 だがよく考えてみれば分かると思うが、ストッパー役のNo2がいないと気持ちを抑制できないようでは、そもそもトップとしての資質に欠ける。本当に優秀なトップなら、必要に応じてエンジンをかけたりブレーキをかけたりすることができるはずだ。逆にあまり優秀でないにも関わらずトップに立ってしまったのだとしたら、周辺の言うことなど大人しく聞くことはないであろう。どの道、良識あるNo2が活躍する余地はあまりないのである。

 ベンチャー企業の若い社長の中には、あえて自分よりもはるかに歳上の幹部社員を周辺に配置する人もいる。だがそれは「未熟さを補ってもらう」ためでもなければ「ストッパー役になって欲しい」のでもない。そうすると周辺の評価が高くなるからだ。

 日本はなんだかんだいってまだまだ年功序列社会である。ベンチャー企業の若い社長は、金融機関や取引先などと面会するとほぼ必ず自分が年下になる。その時に年上の部下を配置していることが分かると、先方のオジサン方は皆喜び「彼は若いのにしっかりしている」などと周囲に吹聴してくれるのだ。「自分はまだ未熟なので、経験のある年上の社員にいろいろしかってもらうんです」などといえばイチコロだ。

スタッフとして有能な人がNo2タイプとは限らない
 こういうパターンの場合、ホンネでは年配社員の言うことを聞く気などサラサラない。劇場としての「たしなめ」までは許容されても、本当に社長の意向に反することを言えば速攻でクビである。やはりここにも、No2社員の居所はないのである。

 外資系企業の場合には、No2という意味とは異なるがスタッフ制度が確立しているところも多い。スタッフとは指揮命令系統に配置される幹部社員(ラインと呼ぶ)に対して、職務としてアドバイスする仕事である。分かりやすくいえば、リサーチの専門家や法律の専門家はスタッフ部門の人材ということになる。

 指揮命令系統と責任の所在を明確にする必要がある外資系企業では、業務上の指示はラインの人間しか出すことができないようになっている。スタッフはあくまで専門知識に基づいてラインに対して意見を言うだけだ。あくまで決めるのはラインである。スタッフは専門家として、どれだけラインの役に立つ情報を提供できたのかで評価が決まる。
 スタッフとラインとでは求められている能力が異なっているのであって、スタッフとして有能な人が必ずしもNo2タイプということを意味しているわけではないので注意が必要だ。

 日本企業で良きNo2という神話ができたのは、年功序列と終身雇用という特殊な事情があったからである。誰もクビになることなく会社に残っているので、結果的にシニア層で大人しいタイプの人がトップの下にくるような人事も有り得たかもしれない。だが年功序列と終身雇用制度はすでに崩壊が始まっている。それとともに良きNo2の神話もなくなってしまうだろう。

【参考記事】
楽天英語公用語化の本当の意味
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

EQ068_L
希望しない部署に配属されたらどうする

 人事はなかなか希望通りにはいかないものである。ときには希望しない部署に配属され …

rakii
上に行けば行くほどケツの穴は小さいと思え

 会社のトップともなれば、人物も大きくて包容力があると思いたいところだが、現実に …

0001
成果主義はなぜ定着しないのか?

 日本の企業で成果主義という言葉が使われ出してから久しい。一時は多くの会社で成果 …

a0008_001832
出世したければ自分の仕事という感覚は持つな

 職場ではそれぞれが担当の仕事を割り振られる。それは自然と自分の仕事ということに …

GD006_L
社内で誰が出世しているのか見極めろ

 出世するための絶対的な法則というものは存在しない。もちろん一般論として「こうい …

PHM11_0019
不本意な結果を受け入れる方法

 サラリーマン人生をすべて順調に過ごせる人はそれほど多くないかもしれない。退職す …

a0055_000577
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その2)

 前回に引き続いて、オヤジ向けのビジネス誌から出世のヒントをつかむコツについて解 …

tech
人を機能として理解する能力

 出世できる人が持っている能力のひとつに「人を機能として理解する」というものがあ …

FE023_L2210
プログラミングのスキルは必要か?

 今、子供向けにプログラミングを教えるスクールが大流行だという。自分の子供をザッ …

itabasami4001
メッセンジャーボーイにはなるな

 会社の仕事で板挟みになるケースは多い。上司と取引先や、他の部署の上司と自分の上 …