なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

部署が変わっても成功する人の秘訣

 

 人事異動で部署が変わり、なれない仕事で苦労する人も多い。自分が望まない仕事や自分が不得意と思っている仕事で評価されてはたまったものではないが、会社の人事制度はそんなことはお構いなしである。一方でどんな部署に行っても器用に成果を上げて出世する人もいる。部署が変わっても仕事をうまくこなすにはどうしたらよいのだろうか?

普通にうまくいっている人のパターンを見つけ出す
 どんな部署にいっても一番になるというのはかなり難しいが、そこそこ上位でよいというなら、実現する方法はある。各部署の仕事における成功パターンをうまく見つけ出すことである。

 どんな仕事や部署にも、そこで成果を出している人にある程度の共通する仕事のやり方というものが必ず存在する。仕事が変わってもすぐに順応して成果を出せる人は天才なのではなく、こうした共通したパターンを見つけ出すのが早いのである。

 営業のように数字で成果が出る部署なら成功パターンはもっとも見つけやすい。営業職なら、アポイントの絶対件数が多い、電話をかける回数が多い、成約までの回数が少ない、などの特徴をすぐに見つけ出せるはずである。それをそっくりそのまま真似れば、ある程度の成果は確実に出すことができる。

 注意しなければならないのは、特別に仕事ができる限られた人を参考にしないことである。どの部署にも天才的な人は存在していて、独特の方法で突出した成果をあげている場合がある。だがこれは他人にはまったく参考にならない。あくまで一定以上の成果をあげている複数の人に共通するパターンを見つけつことが大事である。

デキる人に直接聞いてみるのも手
 数字で成果を表せない部署でも成功パターンの抽出は可能だ。スムーズに仕事を進めている人には共通した仕事のやり方があるはずである。上司への報告タイミングや頻度、周辺との調整頻度、書類内容のすり合わせタイミング、書類のフォーマットなどについて観察してみるとよい。
 もしその作業も面倒であれば、仕事がデキるといわれている人に直接聞いてみてもよい。中には性格の悪い人もいるので、人物像を考えてからだが、普通の性格の人に対してきちんと礼を尽くして質問すれば、仕事のコツなどは案外簡単に教えてくれるものである。

 数字で表しにくい部署は上司による恣意的な評価も多い。このような部署で仕事がデキると評価されている人は、仕事がデキると思われていることで、そもそも有利な仕事を回される場合がある。だがそうではなく、その人が優秀なので、上司からの評価が高いという面は必ずあるはずであり、そこをどうやって見つけ出すのかがポイントとなる。

自分自身をコンサルティングする
 実はこういった成功パターンの一般化という作業はERP(統合業務パッケージ)ソフトの開発やコンサルティング会社の現場ではよく用いられる手法である。SAPやオラクルといったERPを開発する企業は、複数の企業における業務の流れを比較し、うまくいっている会社は何が違うのかを検証していく。うまくいっているやり方をソフトウェアに詰め込んで、誰でも実践できるようにしたのがERPというわけである。コンサルの世界ではベンチマーキングと呼ぶ。

 この手法の良いところは、徹底してやれば、とりあえずそこそこの成果が得られるという点である。おそらくどの部署に行っても70点から80程度は取れるだろう。100点は無理かもしれないが、常にこのくらいの点数を稼げていれば、だいぶ有利な立場になることは間違いない。

【参考記事】
希望しない部署に配属されたらどうする
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_006323445
出世する人は理想の上司など求めない

 多くのビジネスマンが理想的な上司を求めている。筆者も若いサラリーマンだった時代 …

kitaichi4477
出世できる人は、無意味に期待値を上げない

 当たり前のことだが、人の評価は人が行う。そうである以上、完全に客観的な評価とい …

mottaitukeru
何かともったいつけた言い方をする人

 何かと、もったいつけた言い方をするビジネスマンは多い。これは出世の大敵となるの …

a0002_008005
若いころの失敗は気にするなのウソ

 よく若いころは失敗など気にせずチャレンジをしろといわれる。若いころの失敗は失敗 …

robot0081
ロボットに仕事を奪われないためには

 出世競争といえば、これまでは人と人の競争だったが、近い将来は、ロボットとも出世 …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

jousibunnrui2147
上司を分類して対処法を探る

 これからのサラリーマンは、たとえ会社に勤務していても、自らをひとつの独立した企 …

a0001_001838
日本ではなぜ学歴差別がなくならないのか?

 日本は学歴社会といわれている。学歴社会の弊害が指摘され、一部の企業では大学名を …

a0001_016186
キャリアの複線化は必要か?

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人 …

aiteniawaseru001
出世したければ骨の髄まで流されろ

 会社という組織の中で出世しようと思ったら、その会社の社風や上司の雰囲気に自分を …