なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世のためにはサービス残業をするべきか?

 

 最近サービス残業が社会問題化している。サービス残業についてはいろいろな考え方がある。サービス残業はぜったいにやめるべきだという人もいれば、出世のためにはやむを得ないという人、逆に仕事ができればサービス残業などしなくてもよいと考える人など、実に様々である。ここでは出世というテーマに絞ってサビ残について考えてみたい。

サービス残業にもイロイロある
 ひと口にサービス残業といっても会社が置かれている状況は様々である。サービス残業が行われる背景には以下のような理由が考えられる。

 ①早く帰れない雰囲気があり、特に理由はないが皆サービス残業をしている
 ②もともと定時では処理できないノルマが設定されている
 ③仕事の能率が悪い
 ④完全にブラック企業

 ①のような会社はかなり多い。テキパキと仕事をこなせば処理できる量であるにもかかわらず、「お先に失礼」といえない雰囲気が漂っているパターンである。

 正式に仕事があるわけではないので当然サービス残業扱いとなる。遅くまでいると「アイツは頑張っている」などと評価されたりするので、ますます皆が帰らなくなる。

 ②は業界によっては当たり前というところもある。外食産業やアパレル産業などは、構造的に長時間労働になりやすい。もともと利幅が薄く、しかも顧客からの値引き要求が厳しいからだ。まともに残業代を払っていると経営が成り立たない会社も多く、サービス残業が常態化しやすい。

 ③は役所などに多い。競争意識がないので仕事の能率を上げるインセンティブが働かず、結果として労働時間が減らない。筆者もコンサルタントして官庁に関わった経験があるが、民間企業であれば1時間で終わる仕事を半日以上かけて実施しているケースも珍しくない。

 ④は論外だが一部では実在する。もともと過酷な労働をさせて社員を使い捨てにするつもりで経営が行われているというパターンである。

サービス残業は日本の企業文化と密接に関連している
 本コラムでは何度も指摘していることだが、日本企業の多くは、あらかじめ決められた「実績」を上げればそれで評価されるというシステムになっていない。本人の評価は「協調性」など全体的な雰囲気の中で決まってくることが多い。そのような環境において、出世したい、あるいは左遷されたくない、という観点でサービス残業を考えるなら、残念だが基本的には受け入れるしかない。

 ①の場合には、早く帰ることが直接マイナスにはならないかもしれないが、皆と同じに残っている方がメリット大きいのは明らかである。②では早く帰ってしまうと、ノルマをこなせず周囲にそのしわ寄せがいくことになる。下手をすると仕事ができないとの烙印まで押されかねない。

 ただし③の場合だけは例外で、仕事が速いことは比較的に好意的に捉えられるかもしれない。だがどんなに仕事が速くてもケアレスミスがあったりすると、格好の攻撃材料になる。やはり周囲にあわせている方が無難といえるだろう。④は完全に犯罪なので、応じる必要はない。というより一刻も早く転職した方がよいだろう。

 サービス残業が法律に照らしていいか悪いかはともかくとして、自分自身の仕事に対する対価の考え方はハッキリさせておいた方がよい。あくまで時間労働者として働いた時間分だけ給料をもらおうと思っているのか、それとも仕事の成果全体に対して対価をもらおうと思っているのか、そのどちらを選択するのかで労働時間に対する考えも変わってくるだろう。
 もっとも、社員に対しては時間労働者としてしか期待していないのに、表面的にはそうでない言い方をする「隠れブラック企業」もある。そのあたりは慎重に見極めが必要だ。

【参考記事】
社畜にならないと出世できないのか?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sjob
アップルのジョブズ氏に学んではいけない

 アップルのカリスマ経営者であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経 …

ET116_L
悪い話は引きずる。良い話はすぐ忘れられる

 日本の会社は減点主義だといわれる。学歴などでどのようなタイプを出世させるのかあ …

Image1
始業時間すぐにクソをする人は出世できない

 外回りの営業マンなどは別として、管理部門など一日中オフィスの中で過ごす業種では …

bekkimondai74
ベッキー問題から考える、組織での遊泳術

 ベッキー問題がなかなか収束しない。本コラムではいつものことだが、話題になってい …

a0002_010614
世代間でコミュニケーションギャップがあることは出世のチャンスだ

 最近、スマホ世代の若者とバブル世代上司で、うまくコミュニケーションが取れないと …

a0055_000551
上司が使うマネジメント手法を理解する

 以前の日本企業は、仕事はガムシャラにやればよいというカルチャーが主流でマネジメ …

a0002_004908
評価されにくい仕事をアサインされたらどうするか?

 会社の中には、周囲から見えにくい、評価されにくい仕事というものがある。このよう …

ET049_L
外資系で出世する人 日本で出世する人

 外資系の企業で出世する人と日本の企業で出世する人は、まるでタイプが違う。もちろ …

PHM11_0672
リストラされた時の対処方法

 終身雇用の制度が崩壊した今、どんなに優良な企業に勤めていても、会社をリストラさ …

a0055_000577
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その2)

 前回に引き続いて、オヤジ向けのビジネス誌から出世のヒントをつかむコツについて解 …