なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

自分の給料は妥当な額か?

 

 出世の第一のバロメータは昇進によって上がっていく役職だろう。だが、毎月もらう給料の額も自分が出世したのかどうかを感じる有力な材料である。

給料は会社の利益から支払われる
 そもそも自分が会社からもらっている給料は妥当な額なのだろうか?サラリーマンで自分の給料に不満を持ったことがない人はほとんどいないだろうが、給料の妥当性について真剣に考えたことがある人もあまりいないだろう。

 給料の妥当性を考える上で大事なことは、給料は会社の利益から支払われているということである。当たり前の話なのだが、ここが極めて重要である。

 厳密に言うと、給料は会社の粗利益の中から従業員に支払われる。従業員にまず給料を支払うわけではない。粗利益とは販売価格と仕入価格(製造原価)の差額のこと。まずは会社が利益を上げていないと支払う給料は存在しないのだ。
 これはあたなが仕事をしたかしないかにはまったく関係がない。どんなに仕事をがんばろうが、会社が儲かっていなければ給料を払う原資が存在しなくなってしまう。

会社が給料をどれだけ払えるのか計算する方法
 会社が従業員にどれだけ給料を払えるのかを乱暴に計算する方法がある。会社の売上高を従業員数で割って一人あたりの売上高を見るのである。売上げが10億円の会社で、社員数が50人の会社だったら、一人当たりの売上高は2000万円ということになる。

 業種や業態によって様々なので一概には言えないが、ある程度の規模のある会社であれば、一人当たりの売上高の3分の1から半分くらいまでしか給料には振り向けることができない。この会社でいけば700万円から1000万円である。給料が350万円なら、まだ上げられる余地があるが、650万円だと、そもそも会社として給料を上げることができないだろう。

 残りはどこに消えているのだろうか?サラリーマンはあまり気が付かないが、あなた自身の年金や医療保険の負担金の半分は実は会社が支払っている。また将来受け取る退職金もこの中から積み立てられている。当然会社が存続するための投資も必要だ。

給料の大部分は組織によるゲタが履かされている
 1人あたりの売上げには限界があっても、自分は仕事をちゃんとしているのだから、自分はもう少し給料が高くてもいいのにと思うかもしれない。

 だがその考えは市場では通用しない。自分はたくさん稼いでいるつもりでも、実はその稼ぎのほとんどは会社というブランドや組織力がもたらすもので、あたな自身の力ではないのだ。

 このことは、ベンチャー企業の経営を見てみればよくわかる。ベンチャー企業の創業者の多くは、おそらくめちゃくちゃ仕事ができる人である。仕事のできる起業家が画期的なアイデアで会社を起こすのがベンチャー企業である。だがほとんどのベンチャー企業の一人当たりの売上げは1000万円程度しかないことが多い。どんなに優秀な人間でも、組織の規模が小さいと、よほどのことがない限り、大企業並みの収益を上げることは難しいのだ。

 給料は多いに越したことはない。だが給料の多い少ないは、会社の規模や利益に大きく依存する。働いている人ではコントロールできないのだ。給料に関しては、不満であっても会社が支給する額を黙って受け入れるしか方法はなさそうだ。

【参考記事】
ベンチャー企業で出世する人
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kanpai001
飲みニケーションは必要か?

 最近ではだいぶ少なくなったが、それでも会社での飲み会はそれなりの頻度で存在する …

sukikirai003
上司の好き嫌いだけで出世が決まる会社に入ってしまったら

 「ウチの会社は上司の好き嫌いだけで出世が決まってしまうんだ」とボヤいているビジ …

a0002_005033
怒鳴る上司への対処方法

 職場には一定数怒鳴る上司が存在する。できることなら怒鳴られるは回避したいところ …

seichou0010
成長したいと考える人は出世できない

 入社する企業を選ぶ基準として「自分自身が成長できる会社」というキーワードを上げ …

okoru
怒られ上手な人と怒られ下手な人

 世の中には怒られるのが下手な人がいる。下手というよりも、怒られることに慣れてい …

a0001_015855
ルール違反を指摘するのはルール違反

 前回は日本社会で生き残るための格言として「何を言っているのかではなく、誰が言っ …

a0002_008551
とにかく嫌な顔はするな

 無愛想や無表情はコミュニケーションという観点から非常にマイナスだが、感情がオモ …

bunseki9731
自身の強みと弱みの把握は出世に役立つか?

 社内の出世競争において自分の強みや弱みを把握しておくことは重要である。だが過度 …

Image8
仕事を速く進めるためには

 仕事のスピードが速いことはビジネスマンにとって非常に重要なことだ。仕事のスピー …

mimiari
出世できる人は、重要な情報を握っている

 どんな組織でも情報は強力な武器となる。これは出世に限らず、ビジネス全般に言える …