なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

自分の給料は妥当な額か?

 

 出世の第一のバロメータは昇進によって上がっていく役職だろう。だが、毎月もらう給料の額も自分が出世したのかどうかを感じる有力な材料である。

給料は会社の利益から支払われる
 そもそも自分が会社からもらっている給料は妥当な額なのだろうか?サラリーマンで自分の給料に不満を持ったことがない人はほとんどいないだろうが、給料の妥当性について真剣に考えたことがある人もあまりいないだろう。

 給料の妥当性を考える上で大事なことは、給料は会社の利益から支払われているということである。当たり前の話なのだが、ここが極めて重要である。

 厳密に言うと、給料は会社の粗利益の中から従業員に支払われる。従業員にまず給料を支払うわけではない。粗利益とは販売価格と仕入価格(製造原価)の差額のこと。まずは会社が利益を上げていないと支払う給料は存在しないのだ。
 これはあたなが仕事をしたかしないかにはまったく関係がない。どんなに仕事をがんばろうが、会社が儲かっていなければ給料を払う原資が存在しなくなってしまう。

会社が給料をどれだけ払えるのか計算する方法
 会社が従業員にどれだけ給料を払えるのかを乱暴に計算する方法がある。会社の売上高を従業員数で割って一人あたりの売上高を見るのである。売上げが10億円の会社で、社員数が50人の会社だったら、一人当たりの売上高は2000万円ということになる。

 業種や業態によって様々なので一概には言えないが、ある程度の規模のある会社であれば、一人当たりの売上高の3分の1から半分くらいまでしか給料には振り向けることができない。この会社でいけば700万円から1000万円である。給料が350万円なら、まだ上げられる余地があるが、650万円だと、そもそも会社として給料を上げることができないだろう。

 残りはどこに消えているのだろうか?サラリーマンはあまり気が付かないが、あなた自身の年金や医療保険の負担金の半分は実は会社が支払っている。また将来受け取る退職金もこの中から積み立てられている。当然会社が存続するための投資も必要だ。

給料の大部分は組織によるゲタが履かされている
 1人あたりの売上げには限界があっても、自分は仕事をちゃんとしているのだから、自分はもう少し給料が高くてもいいのにと思うかもしれない。

 だがその考えは市場では通用しない。自分はたくさん稼いでいるつもりでも、実はその稼ぎのほとんどは会社というブランドや組織力がもたらすもので、あたな自身の力ではないのだ。

 このことは、ベンチャー企業の経営を見てみればよくわかる。ベンチャー企業の創業者の多くは、おそらくめちゃくちゃ仕事ができる人である。仕事のできる起業家が画期的なアイデアで会社を起こすのがベンチャー企業である。だがほとんどのベンチャー企業の一人当たりの売上げは1000万円程度しかないことが多い。どんなに優秀な人間でも、組織の規模が小さいと、よほどのことがない限り、大企業並みの収益を上げることは難しいのだ。

 給料は多いに越したことはない。だが給料の多い少ないは、会社の規模や利益に大きく依存する。働いている人ではコントロールできないのだ。給料に関しては、不満であっても会社が支給する額を黙って受け入れるしか方法はなさそうだ。

【参考記事】
ベンチャー企業で出世する人
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

GD172_L001
社長公募が失敗するワケ

 世の中には社長を公募するという会社がある。多くの場合、オーナー社長であり、後継 …

PHM11_0560
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人

 日本の会社に元気がなくなってきていることから、将来のキャリアに不安を持つ人は多 …

nomikai1391
出世できる人は、酒席を戦略的に活用している

 お酒の席は無礼講とよくいわれるが、実際は違う。酒の席での発言で失敗したビジネス …

EG099_L
趣味は出世の妨げになるか?

 一般に趣味を持つことは良いことだとされている。だが趣味が高じて仕事がおろそかに …

a0008_001841000111
上司にベストなタイミングで報告するコツ

 上司への報告が仕事をスムーズにするコツの一つであることは多くの関係者が指摘して …

mensetu
転職先でまず気を付けるべきこと

 前回は出世と転職の全般的なことについて書いた。今回はより具体的に、転職先で出世 …

a0790_000540
上司はなぜ飲みに誘うのか?

 最近では以前と比べてだいぶ減ったといわれているが、やはり上司と飲みにいく機会は …

ET106_L
常に本気を出すことが出世の早道

 もし会社で出世しようと思ったら、常に本気を出すべきである。会社の仕事にはくだら …

a0001_017480
最後の局面ではやはり義理人情

 ものごとを論理的に解釈したり、論理的にプランを立てて仕事を進めていくことは重要 …

soutaihyouka1001
絶対評価よりも相対評価が重要

 出世とは組織の中で立場を上げていくことである。出世するためには、組織の中での相 …