なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できない人にはちゃんと理由がある

 

 あなたは会社で出世しているだろうか?それとも出世できていないだろうか?

 出世できていない場合、本当は実力があるのに評価されていないのか?それともやっぱり実力がないのだろうか?

 組織にはたいがいその組織ごとにルールがあって、出世できると人と出来ない人はだいたい決まってくる(その基準が正しいかはともかくとして)。
 そのルールはあらゆる職場で共通のものと、その職場独特のものがある。

 なので、出世できない人がいるならば、何かが足りないのだ。逆にいうと順調に出世するひとはその条件をうまく満たしている。
 この出世のルールを見つけ出さないと問題をうまく解決することは難しいだろう。

 このコラムではこのあたりの話を書いていくわけだが、その前にまず理解しておくべきことがある。会社や組織の中でのデキるひとデキない人の割合だ。

上位2割、下位2割の法則
 どのような会社や組織でも、社員の人数の割合はだいたい以下のようになっている。

 ①メチャメチャデキる人 1割
 ②できる人 1割
 ③フツーの人 6割
 ④ダメな人 2割

 不思議なもので、どのようなチームを組んでも割合はほとんど変わらない。たとえデキる人だけを集めたチームを作っても、最終的にはこの割合に落ち着いてしまうという。
 外資系のようにシビアなところでは、毎年下位の2割に入った人を辞めさせところもある。

 出世する人になるにはどうしたらよいか、あるいは自分はなぜ出世できないのか?と考えるときには、この人員構成の中で、自分はどの位置にいて、今後のどの位置に行こうとしているのかをよく考える必要がある。
 つまり自分の現在のポジションを知るということだ。

 ①に入らなければ出世したとは言わないという人であれば、それは狭き門だ。だが、④に入らなければよいというのであれば、それほど難しいことではない。おそらくは③ではなく②になりたいという人が多いと思われるが、6割を占めるフツーの人から見ると、上位2割に入るのは結構難しいということが分かるだろう。

 職場でのポジションが分かったら、次はどうすれば上にいけるのかという基準を見つけ出すことだ。これは出世している人でも分かっていないことが多いので、少しやっかいだ。

職場には見えないルールがある
 メーカーに勤務するSさんは、同期の中でも出世が早い方である。
 主任から係長になるタイミングは他よりも1年早かった。Sさんは昇進が早かったので、自分はなんとなく出世しているのかと思うこともあるが、自分がなぜ昇進が早いのかはまったく分からないという。
 
 一方金融関係の会社に勤めるNさんは、明確に自分の出世が遅いと認識している。同期で大学も同じTさんの方が昇進が早いことにかなりイラついている。会社はなぜTさんの方を評価するのか、理解できないという。

 「私の方が専門知識もあるし、ガッツがあります」
 「会社はちゃんと人物評価をしていないと思います」

 だが周囲の評価は少し違うようだ。

 Nさんに「あなたはTさんよりも会社の同僚から好かれていますか?」と聞くと、Nさんはこう答えた。

 「Tさんは人気者なので、私よりTさんの方が好かれているのではないでしょうか?」
 「でもそれが出世と何の関係があるのですか?」

 もちろん、同僚からの人気と出世は直接関係しない。だが、その会社で人事の評価を決めるメカニズムにおいて、Tさんの人柄はうまく作用している可能性が高いのだ。
 メーカー勤務のSさんも、自分では認識していないが、その組織の評価ルールに合った行動をとっている可能性が高い。
 Nさんはこの見えないルールを理解できないと出世は難しいかもしれないのだ。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a1640_000039
出世したければ自己アピールはほどほどに

 自己アピールはひとつのビジネス・スキルといってよいものだが、日本の会社で出世す …

bunseki9731
自身の強みと弱みの把握は出世に役立つか?

 社内の出世競争において自分の強みや弱みを把握しておくことは重要である。だが過度 …

PHM11_0259
無理難題の断り方は出世に大きく影響する

 長くサラリーマンをやっていると、無理難題を押し付けられ、ババを引かされるケース …

google00aa
Googleの採用基準は出世の参考になる

 従来型の学業成績にこだわらない米Googleの採用基準が話題となっている。同社 …

PHM11_0044man
忙しがりは出世できない

 やたらに忙しいことを強調する人がいる。これは百害あって一利なしで、出世にとって …

考えるビジネスマン01
話がダラダラと長い人は要注意

 話が長い人をよく見かける。話が長くなる理由にはいくつかあるのだが、いずれの理由 …

a0001_016716
調子に乗りやすい性格は出世にマイナス

 自分の性格を冷静に分析するのは難しい。怒りっぽい性格やシャイな性格は自分でも認 …

putin008
プーチン大統領に見る交渉術

 先日、欧州における地政学的な関係を大きく変化させる合意がロシアと中国との間で締 …

mimiari
出世できる人は、重要な情報を握っている

 どんな組織でも情報は強力な武器となる。これは出世に限らず、ビジネス全般に言える …

PHM11_0672
リストラされた時の対処方法

 終身雇用の制度が崩壊した今、どんなに優良な企業に勤めていても、会社をリストラさ …